MBS(毎日放送)

【明治】チェルシー53年の歴史に幕 今月で全種販売終了を明治が認める 名前は英「チェルシー」と「キングスロード」の最終2候補から"愛らしい"方で決まっていた

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE
  

“♪ホ~ラ、チェルシー もひとつチェルシー”CMソングでも知られる明治のロングセラー商品『チェルシー』が今月で販売終了することが明治への取材で分かりました。2024年度末で53年間の歴史に幕を閉じることになります。

投稿を受けてSNSざわつく

ここ数日、SNS上では「チェルシーが3月末で終売」という情報が拡散されていました。その情報元とみられるのが、とあるスーパーのお菓子売り場の投稿でした。

 投稿に「53年間のロングセラーも3月に終売となります。長年のご愛顧ありがとうございました」という張り紙が貼ってあったことから「販売終了するのではないか」といった情報が拡散、いっぽう明治のHPで公式のアナウンスが無かったことからSNSでは…。

 「嫌だ嫌だ嫌だ…」「小さい頃から大好きで号泣したい」「大事件すぎる」と言ったリアクションをはじめ、「明治の正式発表がないのでまずはそれを待つ」といった受け止め、さらには、高級ブランド「ルイヴィトン」の廃盤商品に触れる書き込みも展開されるなど、真偽不明の状態が継続していました。(投稿はいずれもXより)。

MBSニュースが明治に問い合わせると…

 週明けの4日、MBSニュースが明治の広報担当に問い合わせたところ、「チェルシーは2024年3月をもって販売終了予定です」という返答がありました。

 SNS上では、「チェルシーアソート(3種の味が入った袋入り商品)のみの終了ではないか」という噂も拡散されていましたが、緑の箱入りの「ヨーグルトスカッチ」、ピンクの「バタースカッチ」をはじめ、「アソート袋・箱2品・小袋3品」の計6品全てが終売するということです。

明治「市場環境や顧客ニーズの変化に伴う販売規模の低迷」

 終売の理由については、「1971年より発売し、お客さまから長きにわたりご支持をいただいておりましたが、市場環境や顧客ニーズの変化に伴う販売規模の低迷により収益性が悪化し、販売を終了せざるを得ない状況にあるためです」と説明しています。

 明治のHPによりますと、1971年に「キャンデー」の新しい分野を切り拓くという意気込みでプロジェクトを開始、スコットランドに古くから伝わるスカッチキャンデーにたどり着いたそうです。

 名前についても最後までロンドンの地区や通りの名前である「チェルシー」と「キングスロード」の2候補が残り、“愛らしい”、“甘い感じ”などの理由でチェルシーに決定したということです。

 「あなたにもチェルシーあげたい」昭和・平成・令和と受け継がれたロングセラーのお菓子にも、時代の波が押し寄せる結果となりました。

2024年03月04日(月)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook