MBS(毎日放送)

【WBC】大谷選手とトラウト選手の対決はまるで『ハリウッド映画』日本が3大会ぶり「世界一」歓喜の瞬間に立ち会い「背筋ぞくぞくした」【MBS大吉アナウンサー観戦リポート】

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE
  

WBC決勝戦で日本がアメリカを3―2で下し、3大会ぶりに世界一を手に入れました。試合が行われたアメリカ・フロリダの「ローンデポ・パーク」で決勝戦を観戦したMBS大吉洋平アナウンサーが試合中や世界一になった瞬間の様子などを語りました。

「USA」コールにかき消される日本の応援…そんな中勝ち抜いた「侍ジャパン」

Q)世界一になった瞬間スタジアムの中はどのような雰囲気でしたか?
「世界一になった瞬間はスタジアムの中はもちろん日本のファンたちの歓声も響き渡っていましたが、一方で必死に応援してきたアメリカ人ファンたちのため息や落胆の声が聞かれました。色々な立場の色々な思いがスタジアムでワーッと広がっている独特な雰囲気がありました」

Q)日本人ファンはスタジアムにどれぐらいいたのでしょうか?
「肌感覚としてスタジアムの中は7割がアメリカを応援している人たちで、日本のファンは3割いるかいないかという割合です。日本のファンは声を振り絞っていました。どうしても『USA』というアメリカファンたちの声にかき消されてしまうんですね。USAコールはすさまじいものがあります。例えば日本が2ストライクのカウントだと、ローンデポ・パーク全体がUSAコールに包まれます。そして指笛が鳴り雄たけびが聞こえてくる。どアウェイトとは言いませんが、かなりアウェイな状況の中で威嚇ともとれる声援が日本人選手に飛んでくるんですね。あの中でバットを握るのはどんな精神状態かと。それをもはね飛ばすぐらい自分のやるべきことに集中しているのだとしたら、侍ジャパンは超人の集まりなんだなと目の前で感じました」

Q)試合はどのタイミングで1番盛り上がったんでしょうか?
「本気のアメリカはこんなに怖いんだと、スタジアムにいて感じました。色々な展開が起きたのは後半だと思います。ダルビッシュ選手が出てきた時にアメリカ人ファンたちに緊張が走ったように見受けられました。メジャーリーグで活躍している選手ですから。ただ、そのあとアメリカがホームランを打ちました、その時にその日1番といっていいぐらいの盛り上がりでした。アメリカは先制点を取りましたが、追加点がずっと取れていませんでした。ライトスタンドに居ましたが、200人ぐらいのブロックで日本人は5-6人でした。アメリカ人ファンのイライラが伝わってきました。始めは声がそろっているんだけどもだんだん声がそろわなくなる。そこで出たホームラン、全員が立ち上がって飛び跳ねて、大丈夫かと思うぐらいスタジアム全体が揺れました。怖くなるくらいの盛り上がりで、あのホームランはスタジアムの空気を全て変えました。スタジアムの蓋が開くんじゃないかというぐらい日本人ファンが圧倒されました」

大谷選手とトラウト選手との対決…まるで「ハリウッド映画」

Q)大谷選手が登場した時はどんな様子でしたでしょうか?
「大谷選手は一メジャーリーガーを超えて大スターだと肌で感じました。大谷翔平という名前がアナウンスされた時はアメリカのファンたちもなぜか拍手であたたかく迎えるんですね、日本のファンのように、他の選手では起きないんですね。拍手をしたり甲高い声で迎え入れる空気があって、この人はアメリカで色々な枠を超えて大スター、この人だけがローンデポ・パークの中を一つにできる選手だというのを感じました。最後の最後、大谷選手が出てくるとなった時は日本人ファンももちろんですが、アメリカ人側もここで大谷かという空気が漂っていました」

Q)大谷選手とチームが同じマイク・トラウト選手が打席に立った時はどんな様子でしたか?
「これはハリウッド映画かと、何だこの展開はと。大谷選手とトラウト選手がそれぞれの国旗を持って出てくる特別な演出がありました。目がウルウルしているファンもいるし、あのシーンを見た時に背筋をぞくぞくするような感覚を味わったんですね。大谷さんとトラウトさん、ハリウッド映画みたいだといいたくなる気持ちがわかりますよね」

Q)最後は空振り三振でしたけど、スタジアムはアメリカのファンにとっては衝撃的な結末という感じだったのでしょうか?
「メキシコ戦の時はメキシコファンたちは最初はがっかりしていましたけど、その後歌って踊ってグッドゲーム、明日頑張れよという空気でした。しかし今日に関してはアメリカ人はもうがっくり、心が折れた。直前までのUSAコールが一瞬にして消えました。私にずっとゲームとかハイタッチをしてくるアメリカ人は1人もいなかったんですが、スタジアムから出てくるまでに相当時間がかかるんですね。その時間の中でみんな心を落ち着けていたのではないでしょうか。スタジアムを完全に出る頃には、日本人ファンとアメリカ人ファンが泣きながらハグしたりハイタッチしたり、日本よくやったよというシーンがいくつもあって、アメリカ人のファンたちもぐっとこらえて、でも素晴らしかったよね、WBCとその思いをみんなで分かち合っているそんな様子でした」

2023年03月22日(水)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

【カツめし】秘伝の味を守る達人技光る!行列のぎょうざ専門店 三重・伊勢市『ぎょうざの美鈴』

2024/07/18

5歳男児が「女の子おっぱい」とネット検索、言葉を失った母 専門家「言い分を聞き本人に納得させて『これはダメよ』と」

2024/07/18

子どもへの性暴力を繰り返した男性...外出時に子どもと出会ったら『目を閉じる』生活 5歳のとき性被害を受けた女性「私と同じ思いで何十年も生きてほしくない」【当事者の証言】

2024/07/18

「そうめん」暑い夏こそひたすら試してランキング 島原?半田?小豆島?ごま油で深みある味わいを実現した1位は【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/07/18

1枚150円!77歳の店主が焼く『おもひで焼』 京都で40年以上愛されるお好み焼き店と"おばちゃん"は「唯一無二の存在」「安心して過ごせる場所」

2024/07/15

「冷やし中華」ひたすら試してランキング 猛暑日に箸が進む一品が続々と登場! 6年連続ミシュラン1つ星獲得"レジェンド"料理人が「唯一無二の冷し中華」と称賛した1位は?【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/07/12

【カツめし】消防学校に密着!新人消防士の過酷訓練を支える食堂パワーめし!「大阪府立消防学校」

2024/07/11

父と娘の『保育園留学』10日間 白浜の大自然で成長した5歳の娘...しんどそうな父を見て「洗い物やるね」

2024/07/11

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook