MBS(毎日放送)

【新型コロナ感染】後遺症リスクはインフルエンザより高倍率「咳、呼吸困難、味覚・嗅覚障害」 "春節大移動"の中国人観光客の訪日事情も分析

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE

新型コロナウイルスに感染した人は、インフルエンザ感染者より後遺症リスクが高い...そんな調査データが明らかになってきました。コロナ感染者が2か月以内に「咳、呼吸困難、味覚・嗅覚障害、倦怠感」といった後遺症で受診したケースがインフルエンザにくらべて高倍率を示していたというデータです。関西福祉大学・勝田吉彰教授は「これからも肺や神経系、生殖器、腎臓などについてデータが出てきます。コロナはインフルエンザと同じではないということを社会で共有しておく必要がある」と注意喚起します。(2023年1月17日放送 MBSテレビ「よんチャンTV」より)

―――いま増えている「救急搬送困難事案」は、3週間連続で過去最多になりました。1月初旬には1週間で全国7500件以上。1月9日には大阪府も過去最多、1日あたり351件です。

やはりもう、医療という世界全般に余裕がなくて、これまでいろんな人員もコストも削られて、カツカツでやってきたっていうところがあります。そこに加えて救急は需要が多くなった。私もいろいろ海外の国で勤務してきたんだけども、日本ほど気軽に救急車を無料でどんどん呼べてしまうという経験はなかった。そういった意識を含めて、いろんな負担が現場にかかってきていると思います。

―――海外では救急車が有料の国もあるんですか。

むしろ有料の国が多いと思います。またそもそも救急システムがないとか、自分が契約している病院の救急車とか、私的なところで支えられていることもあります。

―――もし、救急車を呼ぶべきか迷ったときは電話で「#7119」、専門家からアドバイスをもらえる窓口となっています。

(救急車を呼ぶ状況は)酸素がちゃんと取れない状態、つまりチアノーゼ、耳や唇が青くなっている。あるいは自分でパルスオキシメーターで数字を測って、95を切っているとか、意識が低下している、わからないことを言うといった意識障害とか、これは早く呼ばなくちゃいけない。

―――そんなコロナに関する気になるデータです。コロナ感染者の後遺症リスクが、インフルエンザより高いのではないかというデータを名古屋工業大学が発表しました。インフルエンザに感染した人が、感染していない人に比べて2ヶ月以内に受診する可能性は、咳だと1.83倍、呼吸困難や倦怠感はほぼ変わらない。一方、第6波でコロナに感染した人が感染していない人に比べて2ヶ月以内に受診する可能性は、「咳や呼吸困難が約8倍」、「味覚や嗅覚障害が約6倍」、「倦怠感は3.64倍」ということで、インフルエンザとコロナを比べてみると、コロナ感染の方が後遺症とされる症状のリスク高いのではということです。

まさにそうですね。後遺症と言うだけあって時間の経過とともにいろんなことがわかってくるんです。ごく最近の文献では、「肺」とか「神経系」「生殖器」そして「腎臓・脾臓・肝臓」といった消化器。広範囲なことが次々と出てくるんです。喉元過ぎたらではなくて、社会としてしっかり記憶の中に埋め込んで、コロナはインフルエンザと同じではないんだという意識を継続して予防に努めていくことが必要ではないかなと思います。

―――続いて中国に目を向けます。まもなく今年の春節、中国の人気海外旅行先はどこですかという調査があります。1位オーストラリア、2位タイ、3位に日本が入っていますが、日本には来ないというのです。天津航空に聞くと、天津から関空への飛行機の搭乗率、17日は50%と比較的多いのですが、先週は30%、来週は25%、かなり低いそうです。ANAによりますと
コロナ以降の便数・客数は1割程度に減少しているということです。「春節でも影響がない」とはっきり言っていました。

中国の政治的な状況もあって、なかなか来にくいという話はいろいろ各方面から聞いております。それから、中国で流行している変異株が割とこれまで知られていたものと、あまり大きな違いはない。「BF・7」という新しいものがあるにしても、やはりオミクロンの範疇だからまだそれほど大きな影響ではないと思うんですけども、心配はむしろ将来です。感染者がぐっと増えたところで変異株が出てくる確率が高くなるので、『違うもの』が出てきたときに、注意しなければいけないというところがあると思います。

―――勝田教授は、2003年のSARS流行時に北京の日本大使館で医務官を務めていました。「透明性や真偽は昔から変わらず、WHOが義務付けている報告は行っている」ということですがこれは?

いろんな批判を受けて、感染者数などの発表が「急に増えた」っていうのは割と既視感のある話です。2003年のSARSのときにも最初、北京の感染者数は20人、30人と発表されていましたが、ある日、軍病院の医師がうちの病院だけで200人いるよということをアメリカの「TIME」に投稿した。それで国際的な圧力がぐんと高まって、2003年の4月に、実は200人ですと発表し、「一夜にして一桁増えた」そんなこともありました。そのときは、北京市長と衛生部長を更迭して、それから淡々と200~300という数字が出てきた。結局、国際的な圧力でボンと話が変わるっていうところは、割と当時と比べても、既視感のあるストーリーだともいます。

―――そういう意味では、「日本の水際対策の意義は、変異株の早期キャッチ」なのですね。

そもそも水際対策っていうのはウイルスを一つも入れませんという話ではなく、ピークを抑えるという話なんです。今は、陽性の人の検体を分析して、変異株が出るのかを調べています。アメリカの空港でも無作為に抽出してやっています。なので「不透明性」について、中国がもし全部をデータベースに上げてくれなくても、米日欧の対策で何らかのものが出てくるという水際対策の値打ちはあるかなと思います。

2023年01月17日(火)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

ニュース週間アクセスランキング【2024年6月7日~6月13日】MBS NEWS DIG

2024/06/14

狭小でも『天井が高い』部屋は開放感アップ!建坪9.4坪、建築家の自宅づくりに学ぶ「気積(きせき)」のスゴイ効果!【住人十色】

2024/06/14

子育てに息抜きを...子どものショートステイができる一軒家「リフレッシュでも仕事したいでも気軽に頼って」 ママたち「よく寝ました」「SOS出せるところがあってよかった」

2024/06/14

【カツめし】陸自飯グランプリ1位の味「陸上自衛隊 伊丹駐屯地」食堂めし

2024/06/13

「カップラーメン塩」ひたすら試してランキング ワンタン麺や函館塩ラーメン、明星や日清など14種ガチンコ対決!予約のとれないラーメン店の店主が思わず「悔しい」とつぶやいた1位は?【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/06/12

『梅干し界の坂本龍馬になる』食品衛生法の改正で梅農家が危機!?販売を取りやめた作り手も "伝統の梅干し"守ろうと立ち上がった梅ボーイズ

2024/06/10

元横綱・白鵬に"恩返し" 横綱の夢を断念した24歳の元力士...第二の人生も舞台は「土俵」 日本文化を発信する『相撲ショー』に出演

2024/06/09

「30センチ必要なのに厚さわずか3センチ」"空洞だらけ"のトンネル施工不良 原因は「施工業者の倫理観欠如」調査報告書で結論付ける 知事「規模は車の認証不正に匹敵」と糾弾

2024/06/08

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook