MBS(毎日放送)

毎日"採用面接"しても「スピードに追いつかない状況」医療現場の看護師不足 第7波の宿泊療養施設の現状

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE

 新型コロナウイルスの“第7波”に直面する医療現場。看護師の確保が難しいようです。

コロナ患者を受け入れる病院…軽・中等症患者用のベッドは満床状態が続く

 感染者の増加に伴い懸念されるのが医療のひっ迫です。7月22日、新型コロナ患者を受け入れている大阪府堺市の邦和病院を訪ねました。

 (邦和病院 和田邦雄院長)
 「(この先が)いわゆるレッドゾーン。(Q何人が入院?)5人の中等症(患者)」

 こちらの病院では一般病棟の一部を仕切り、コロナ病床を重症患者用3床と軽・中等症患者用5床の計8床用意しています。現在、重症患者用の3床は空いていますが、5床ある軽・中等症患者用のベッドは7月20日ごろから急に患者が増え満床の状態が続いているといいます。

 (邦和病院 和田邦雄院長)
 「一般病棟の3つの部屋を(新型コロナ病床用に)増やして6床増やそうと考えています」

 8月3日から、大阪府からの要請を受けて臨時にコロナ病床を増やすことに。ただ、ゾーニングなどの関係で一般病床12床を潰さないといけないといいます。さらに問題になっているのが医療従事者の確保です。

 (邦和病院 和田邦雄院長)
 「保育園や幼稚園で幼児が感染して、幼児から家庭の母親に(感染拡大する)。家庭の母親のなかには病院のスタッフもいますから、そういう感染で病院のスタッフが手薄になってくることがあちこちの病院で見られますね。(患者を)重症化させないことがあとの病床の余裕にもつながるし、人の余裕にもつながる」

宿泊療養施設を利用の患者も急増…妊婦の患者も

 急激な感染拡大。人手不足が起きているのは病院だけではありませんでした。大阪市内にあるホテルを利用した新型コロナ患者の宿泊療養施設では、患者をサポートする看護師が懸命に働いています。2年前から働く看護師の阿部真美さんは朝と夕方、宿泊患者全員に電話で体調や症状などを聞き取り、患者に異変がないか確認をします。
k5.jpg
 (看護師 阿部真美さん)
 「ここはグリーンゾーンでホテルスタッフや看護スタッフが待機。その先がレッドゾーンです」

 ホテル1階のロビーは中央で仕切りがされていて、看護師がいるグリーンゾーンと患者が弁当などを受け取るレッドゾーンに分かれています。こちらでは宿泊療養用として284室が用意されていて、中には0歳の子どもと親が一緒に療養することもあるといいます。

 (看護師 阿部真美さん)
 「家族内感染で家族にうつしたとかメンタル面も参ってこられる方も多いし、高齢の方は症状は軽いけど不安を抱えておられる。直接顔や体に触れてみることができないので、電話での声色とか症状の経過を慎重に聞き取るようにしています」

 勤務は24時間交代。最近は1日30人~50人の新規療養者を受け入れています。ホテルに医師は常駐せず、毎日、医師のチームが往診に訪れ、看護師の聞き取りをもとに診察します。

 (患者の状況を伝える看護師)
 「妊娠16週の方でつわりで食事と水分が摂取できていないということで、きのう先生に診察受けて…」

 第7波に入り、施設を利用するコロナ患者は急増していて、外国人や妊婦が療養するケースも多いといいます。

 (看護師 阿部真美さん)
 「(妊婦の方は)やっぱり“普通の体”じゃないのでコロナになったという不安な精神面プラス子どものことも心配しますよね。おなかの張りだとか週数によっても症状が違うので、どんな小さな不安にも真摯に応えるようにしています」

1日30人の看護師を面接…それでも足りず

 コロナ医療を支えている看護師。しかし、その数は足りなくなっています。宿泊療養施設に看護師を派遣している大阪府看護協会で行われているのが、看護師の採用面接です。

 (面接に来た看護師)
 「病棟内でコロナが発生した場合は、そのような対応は少ししておりました」

 1日30人ほどを面接して順次採用していますが、それでも足りないというのです。

 (大阪府看護協会 弘川摩子会長)
 「毎日面接をしているんですけど、このスピードに追いつかない状況でずっと不足になっています。施設を増やすためには、看護師が確保できないと施設が開設できないという、そういう状況なんですね」

 面接に来ていた看護師に話を聞きました。

 (宿泊療養施設で勤務予定の看護師)
 「きょう面接があったんですけど、あしたから勤務させていただきます。コロナの拡大によって医療ひっ迫が問題視されているので、少しでも自分が役立てることがあったらなと思って」

 再びの感染拡大の中、医療従事者の不足がまたも起きています。

2022年07月25日(月)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

1枚150円!77歳の店主が焼く『おもひで焼』 京都で40年以上愛されるお好み焼き店と"おばちゃん"は「唯一無二の存在」「安心して過ごせる場所」

2024/07/15

「冷やし中華」ひたすら試してランキング 猛暑日に箸が進む一品が続々と登場! 6年連続ミシュラン1つ星獲得"レジェンド"料理人が「唯一無二の冷し中華」と称賛した1位は?【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/07/12

【カツめし】消防学校に密着!新人消防士の過酷訓練を支える食堂パワーめし!「大阪府立消防学校」

2024/07/11

父と娘の『保育園留学』10日間 白浜の大自然で成長した5歳の娘...しんどそうな父を見て「洗い物やるね」

2024/07/11

【なるほどライドシェア】過疎地と観光地で全く違う!京都市は9割が外国人客、大半が学生ドライバー「就職に備えて」

2024/07/09

【梅雨空もどる】週後半は、まとまった雨 北~西日本で大気の状態非常に不安定 東北・北陸で150ミリの雨 浸水や増水に注意【火曜の雨シミュレーション】

2024/07/09

『74歳の店主』が営む小さな食堂 朝定食や弁当で"おふくろの味"を提供「お客さんとしゃべるのも好きやし、死ぬまでできたらいいな」

2024/07/08

ニュース週間アクセスランキング【2024年6月28日~7月4日】MBS NEWS DIG

2024/07/05

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook