MBS(毎日放送)

「人を恨むことを覚えてほしくない」京アニ事件で妻を失い3年...夫が息子に伝えた言葉『"お前のせいでママが死んだ"と思うと同じことをやりかねないよ』

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE

 36人が死亡、32人が重軽傷を負った京都アニメーションの放火殺人事件から、今年7月18日で3年です。スタジオ跡地では追悼式が行われました。そして、この事件で妻を亡くした夫と息子がどのような想いでこの3年間を過ごしてきたのか、取材に応じてくれました。

京アニ放火殺人事件から3年…スタジオ跡地で追悼式

 7月18日午前10時半、京都市伏見区の京都アニメーションの第1スタジオ跡地では追悼式が行われ、遺族や関係者ら約120人が参列し黙とうを捧げました。3年前の2019年7月18日、京都アニメーションの第1スタジオが放火され、社員36人が死亡、32人が重軽傷を負いました。事件では青葉真司被告(44)が殺人などの罪で起訴されています。

 今年の追悼式では遺族から「まだまだ続くはずの未来を突然絶たれてしまった悔しさ悲しみは母も貴方と同じです」と弔辞が読み上げられたということです。
3.jpg
 京都アニメーションの八田英明社長は次のように話しました。

 (京都アニメーション 八田英明社長)
 「みんなを守れなかったことをおわび申し上げて、ご家族の皆さまにもその気持ちはお伝えさせていただきました。被告に対しては話もしたくないです」

残された息子が前を向いて生きてくれるよう寄り添い続けた日々

 3年が経ち、遺族の思いも少しずつ変わってきています。京都アニメーションで「涼宮ハルヒの憂鬱」などのキャラクターデザインを担当した寺脇晶子さん(当時44)。夫の譲さん(49)に話を聞きました。

 (寺脇晶子さんの夫 譲さん)
 「晶子かわいそうだよなって。もっと絵をかきたかったやろうし」
6.jpg
 この3年は、残された息子が少しでも前を向いて生きてくれるよう寄り添い続けた日々だったといいます。

 (寺脇晶子さんの夫 譲さん)
 「2年こえたくらいから少しずつ子どもも前を向いてくれるようになったので。人を恨むっていうことを覚えてほしくなかったんです。『お前(青葉被告)のせいでママが死んだ』って思うようになると、今度お前が青葉被告と同じことをやりかねないよって。だから気持ちはわかるんだけど、そこは前向きに物事を考えようと」

青葉被告を治療した医師「医療従事者を物理的・精神的な被害から守るのも必要」

 一方、3年前、大阪の近大病院で青葉真司被告の治療にあたった鳥取大学病院の上田敬博教授(50)が当時の状況を語りました。搬送されてきた青葉被告は、全身の9割以上に重度のやけどを負い、予測死亡率95%という状態だったといいます。

 (上田敬博教授)
 「言い訳じゃないですけど、亡くなったとか死亡退院した時にどういう対応をしようかということをむしろ考えていたかもしれません」

 上田教授は、わずかに残った皮膚を培養して移植するなど計12回の手術を行いました。数か月にわたる治療中は、休みが取れない肉体的な負担に加え、精神的なストレスや葛藤にも悩まされたといいます。

 (上田敬博教授)
 「もし助けられなかった時に責められる可能性もありますし。どっちに転んでも責められるんだろうなと思いながら治療していました」

 上田教授が当時書いた日記では、事件から1か月後、こんな心境が綴られていました。

 (上田教授の2019年8月某日の日記より)
 『起床時 からだが重い 動きにくいのが明らかにわかる』
 『体がリカバーしていない』

 心身ともに疲弊しきった状態で治療を続けていたことが伺えます。

 (上田敬博教授)
 「今も主治医チームと連絡を取り合っていますけれども、運よく、メンタルが壊れた子は出てきていない。ただそれは運がいいだけ。加害者や被疑者を治療するにあたって、医療従事者を物理的に守る危害から守るというのも必要ですし、ひぼう中傷とか精神的な被害から守るのも必要だと思うんですけれども、そういうのは何も整備されていないわけですよね」

 上田教授は青葉被告の現在の状態を把握していませんが、「皮膚移植の合併症が出てくる時期」だといいます。

 (上田敬博教授)
 「(Q移植した皮膚がひきつれて動かなくなる?)そうですね」

 関節が動かなくなったり日常生活に支障が出た場合は再手術も必要だといいます。

 今後、刑事裁判に出廷することになる青葉被告。上田教授は祈るような気持ちでその時を待っています。

 (上田敬博教授)
 「彼に対する治療や医療行為で(罪に)向き合ってほしいという気持ちは伝えたはずなんですね。それが彼に伝わって、司法の場でちゃんと向き合うということをやってくれるのか、その姿勢が届いているのかというのは、やはり確認をしたいと思いますし、(自分の気持ちが)届いていてほしいと思います」

2022年07月18日(月)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

「めんつゆ」ひたすら試してランキング ヤマキ?ヤマサ?出汁にこだわる京料理界のレジェンドも「ゆるぎなくトップ」と大絶賛した超定番商品が1位!【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/07/24

変幻自在の食材『ニンジャペースト』コンニャク技術で高級食材「ウニ」誕生!?ベンチャー開発のきっかけは「糖尿病のおばあちゃんの食事制限」

2024/07/24

【相次ぐ竜巻注意情報】東京や大阪、京都や兵庫などに相次ぎ発表 もし竜巻が来たらどのように行動すれば?竜巻研究に日本人が貢献

2024/07/22

『ドクターイエロー』ファンの3歳男児が実物と初対面「かっこよかった」 一緒に見に来た父親「感動。僕の方がテンション上がっちゃいました」

2024/07/22

東京都知事選 ふわっとした民意つかんだ「石丸現象」メディアに突きつけたもの

2024/07/22

「本当に大切な存在だった。奪わないでほしかった」遺族が法廷で悲痛な叫び 高速道路で取締り終えた警察官 「ながらスマホ」運転のトラックに跳ね飛ばされ「即死」 被告はYouTubeを視聴 衝突3秒前にも画面をタッチ

2024/07/20

室内に『大きなシマトネリコ』植えた家 東京都内、限られた予算...狭小住宅を克服した秘策は4人家族のシンボルツリー【住人十色】

2024/07/19

【カツめし】秘伝の味を守る達人技光る!行列のぎょうざ専門店 三重・伊勢市『ぎょうざの美鈴』

2024/07/18

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook