MBS(毎日放送)

TOPICS

SDGsに向けた取り組み~「グリーンボンド」への投資

2022年11月 1日

株式会社MBSメディアホールディングス(代表者名:髙山将行、以下「当社」という)は、このたび、大阪府が発行するグリーンボンド(第1回大阪府公募公債(15年)(グリーンボンド))、以下「本債券」という)への投資を決定しましたので、お知らせします。
「グリーンボンド」とは、気候変動の緩和・気候変動への適応に資するプロジェクトなどの資金調達のために発行される債券のことであり、ESG(1)投資の対象となります。本債券は、ICMA(International Capital Market Association/国際資本市場協会)が定義するグリーンボンド原則2021、環境省グリーンボンドガイドライン2022年度版に適合性について、株式会社日本格付研究所(JCR)から検証を受けており、「Green 1(F)」の評価を取得しております。 本債券の発行による調達資金は、2050年の二酸化炭素(CO2)排出量実質ゼロの達成(緩和)と気候変動に起因した自然災害による被害の回避・軽減(適応)に向けて、大阪府が取り組むための下表の環境施策に充当されます。
図1.jpg当社は、本債券を始めとしたグリーンボンド・ソーシャルボンド等へのESG投資を継続的に実施することで、今後も社会的責任を果たして参ります。
<本債券の概要>
図2.jpg
(1) ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の英語の頭文字を合わせた言葉。「ESG投資」とはこれらの要素を重視・選別して行う投資のこと
問い合せ先:MBSメディアホールディングス広報部

過去のTOPICS

SHARE
Twitter
Facebook