MBS(毎日放送)

よんチャンTV(テレビ)

編集部セレクト

【大阪選挙区】中盤の情勢は?ネット調査 改選数4に対し18人が立候補 【参院選】

2022年07月04日(月)放送

SHARE
Twitter
Facebook
LINE

 参議院選挙について、JNNと毎日新聞は7月2日・3日にインターネットを使った調査に取材を加味して選挙戦中盤の情勢を分析しました。

 大阪選挙区には改選数4に対して18人が立候補しています。

 【大阪選挙区(届け出順)】
 国民 (新)大谷由里子候補(59)
 N党 (新)高山純三朗候補(49)
 N党 (新)吉田宏之候補(46)
 諸派 (新)本多香織候補(50)
 諸派 (新)押越清悦候補(63)
 公明 (現)石川博崇候補(48)
 維新 (現)高木佳保里候補(49)
 立民 (新)石田敏高候補(57)
 諸派 (新)後藤住弘候補(56)
 維新 (現)浅田均候補(71)
 諸派 (新)西谷久美候補(67)
 諸派 (新)数森圭吾候補(42)
 N党 (新)西脇京子候補(49)
 共産 (元)辰巳孝太郎候補(49)
 諸派 (新)油谷聖一郎候補(48)
 れいわ(新)八幡愛候補(34)
 自民 (現)松川るい候補(51)
 N党 (新)丸吉孝文候補(37)

 大阪選挙区では変わらず維新の高木候補がリードし、これを自民の松川候補、維新の浅田候補が追う展開です。そして公明の石川候補が続き、共産の辰巳候補、立民の石田候補が追っています。れいわの八幡候補、国民の大谷候補は厳しい戦いです。

 調査では約4割の人が「投票先を決めていない」と回答していて、今後、情勢が変わる可能性があります。

 参院選の投票は7月10日で、即日開票されます

関連記事

SHARE
Twitter
Facebook