MBS(毎日放送)

よんチャンTV(テレビ)

編集部セレクト

【解説】「菅さんの弔辞は印象アップしたが、担ごうという人は少ない」「宗教法人法の改正議論必要」...後藤謙次さんの政界バッサリ斬り

2022年10月03日(月)放送

SHARE
Twitter
Facebook
LINE

岸田政権の支持率が低下する中で迎える臨時国会。“いばらの道”“火だるま”ともいわれる厳しい政権運営を乗り切ることができるのか。40年間、自民党の栄枯盛衰を見つめ続けてきた政治ジャーナリスト後藤謙次さんに「国葬」「旧統一教会問題」などについて一刀両断してもらいました。国葬儀での菅前総理の弔辞を評価する声が上がる中で、後藤さんは「印象はよかったが、かといって菅さんを担ぐほどの動きはない」とバッサリ。旧統一教会問題については次の参院選までの3年間ずっと続いていくとの見方を示しました。(2022年10月3日放送 MBSテレビ「よんチャンTV」より)

関連記事

SHARE
Twitter
Facebook