MBS(毎日放送)

「ジャニーズチケット詐欺」定価転売うたう『Y氏』は...チケット送らず返金せず 記者が直撃『祖父』が明かす驚き展開「孫は今ね...」

特命取材班 スクープ

SHARE
X
Facebook
LINE

 「ジャニーズライブチケットの詐欺にあいました。被害者20人ほどで弁護士に依頼し内容証明も送りましたが、一向に返金する意思がみられません」、MBSの番組にこのようなメールが届いた。お金を払ったのにチケットが届かないというSNSを利用したチケット詐欺。被害者が100人以上とされるトラブルの実態に迫るべく、渦中の人物を追跡した。

「チケットを定価で譲渡」のY氏に最初は好感

 (Aさん)
 「ツアーの時のTシャツだったりタオルだったりグッズで出たものです。いろんなグッズ含めたら100個は全然超えると思います」
2(1).jpg
 小学生の頃からジャニーズの大ファンだという大阪府堺市在住のAさん(22)。現在は「ジャニーズWEST」に夢中で毎回欠かさずライブに参加しているという。

 (Aさん)
 「地元のお兄ちゃんたちみたいな感じで、ファンサービスとかもすごい本当に身近な感じがするので、アットホームな感じのアイドルだなと思って。そこがすごく魅力的だと思います」
3.jpg
 ところが、去年5月のライブのチケットを巡り、トラブルが起きたという。抽選に外れ、チケットを譲ってくれる人を探していたところ、同じくファンだという女性Y氏のアカウントを見つけた。支払いは前払いだが、定価でチケットを譲ってくれるという。

 (Aさん)
 「やっぱり大体のこういう転売が高額での転売が多くて、定価よりもはるかに高い金額で取り引きされているみたいなので、『定価で』って言われたことですごく優しい方って最初は思ってしまいました」

「返す」と言っていたが連絡不通に…1年たっても返金されず

 念願のライブに行けるのならと、Aさんはすぐにチケット2枚分で1万5800円をY氏の口座に振り込んだ。その後、前払いということが気になり、Y氏の名前をインターネットで調べると次のような書き込みがあった。
5.jpg
 【インターネットの投稿】
 『チケットを詐欺られました』
 『チケット詐欺常習犯』

 何人もの人がY氏にだまされたと訴えていた。
6.jpg
 AさんはすぐさまY氏に返金を依頼したが…。
7.jpg
 (Aさん)
 「何回も催促はしたし、警察にも話をしますというのも言ったんですけど。そのたびに返しますとは言うけど一切返ってこなくて。買ってしまった私たちにも非はありますけれど、ファンの気持ちをなんかうまいこともてあそんでいるような感じが、すごく腹が立つというか、許せないなと思います」

 その後、Y氏と連絡がつかなくなり、1年が経った今も返金はないという。

「ライブに入れなかった悲しさと、返金されない怒り」

 Y氏の被害にあったのはAさんだけではない。東京都内に住むBさん(33)。男性アイドルグループ「SixTONES」の大ファンだ。

 (Bさん)
 「6人のみんなが仲良くてワチャワチャしていて。歌を歌うとバチバチにかっこよくて」
9.jpg
 Y氏と接触したのは去年2月。Aさんのときと同じく定価でチケットを譲ると投稿していた。

 【実際のY氏とのやりとり】
 『宮城か大阪どちらの公演お譲り可能でしょうか?』
 『どちらも可能ですがご希望御座いますか?』
10.jpg
 Bさんはその日のうちに7700円を送金した。しかしライブの3日前になりチケットを譲れないと連絡があったという。Y氏は「チケット代を返金する」と言ってきたが、一向に返金されなかった。
11.jpg
 (Bさん)
 「グループの結成日だったので、ライブに入れなかったっていう悲しさ。チケット譲ってもらえないのにお金が返ってこないというのがちょっと、それに対しては怒りがありました」

被害者を募り19人で弁護士に相談

 そこでBさんは被害者を募り弁護士に相談した。集まったのは19人で被害総額は約46万円。弁護士がメールなどで連絡すると、Y氏はあっさり「返金に応じる」と回答したという。しかし…。

 (Bさん)
 「一括だと払えないから分割でお願いしますと言ってきたので。直接、弁護士事務所に向かうと言ったけれど、音信不通になって」

 現在に至るまでY氏から1円も返金はないという。

消費者問題に詳しい弁護士の見解

 消費者問題に詳しい岡田崇弁護士は、Y氏には当初から金をだまし取る意図があり詐欺罪に問われる可能性がある、と指摘する。

 (岡田崇弁護士)
 「間違いで送れなかったというときであれば普通はお金を返すでしょうから、お金が返らないということも、当初からチケットを送る意思がないのにお金をもらったということを裏付ける要素ではないかと思います。これは詐欺に該当するということだと思います」

Y氏の祖父を名乗る男性「Y氏は今ね…」

 取材を進めるとY氏につながる手がかりを見つけた。それはY氏が被害者の1人に送った免許証の写真。お金を返す気はあるのか。取材班はY氏に真相を尋ねるべく、免許証に書かれた滋賀県長浜市の住所地を訪ねた。
15.jpg
 (記者)「すみません、MBSの記者なんですけれども」

 家から出てきたのは高齢の男性。

 (記者)「Y氏をご存じですか?」
 (男性)「ああ…」
 (記者)「どなたですか、ご家族ですか?」
 (男性)「私の孫なんですよ」
 (記者)「お金を払ったのにチケットが届かないと言っている被害者の方がいるんですけど、そのことは何かご存じですか?」
 (男性)「今ね、大阪府警の方で、取り調べに行っているんですよ」

 Y氏の祖父だと名乗る男性によると、Y氏は2か月ほど前に警察に逮捕されたという。

Y氏も熱狂的なジャニーズのファン?

 (男性)「孫はジャニーズのファンなんです。それがずっと続いてるんです」
 (記者)「なんで同じファンからお金をだまし取ったのか、言っていました?」
 (男性)「お互いになんか行き違いがあって、連絡が取れなくなってしまった」
 (記者)「わざとだますつもりだったんですかね?」
 (男性)「どうかね。コンサート仲間で最初の経緯がチケットの交換をやっていてね。あとはどういうあれか私はわからんです」
 (記者)「お金は返すって言っているんですね?」
 (男性)「返しているらしいね」
 (記者)「返しているらしいんですか?」
 (男性)「返しているらしい」
 (記者)「ちょっとずつ返していくという?」
 (男性)「そうそう。調べているところですので私も何も言えませんから」

 そう言って男性はドアを閉めた。

 ジャーニーズの熱狂的なファンだというY氏。なぜ同じファンからチケット代をだまし取るような行為に及んだのか。ウソをつき続けたY氏の口から真実が語られる日は来るのだろうか。

2023年06月08日(木)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

DV被害者が相談して気付く"私が間違っているんじゃないんだ"...警察など『DV相談8万件超』過去最多 DV加害者を支援する加害経験者も「人は学び変わることができると信じて」

2024/06/12

「知らない」「何もできない」認知度わずか29%『南海トラフ地震臨時情報』発表されたら...どうする?適切行動はそれぞれ違う さらに「臨時情報が出るまで南海トラフ地震は起きない...は誤解」

2024/05/29

「どこ行ったんよウチのばあちゃん!」家族はパニック『老人ホーム』突然閉鎖で入所者移動 突然解雇の職員も「社長ダメだって」記者の直撃取材に社長の説明は

2024/05/22

【卵子提供の光と影】150万円でドナー募る仲介業者も...一方で報酬もらわず卵子提供するドナー「幸せになる家庭が一個増えるなら」 さらに『出自を知る権利』の課題も

2024/05/08

小1でいじめ被害...指導した担任「今度なんかあったら自分で解決してね」相手児童の下校時ルールも『1週間しか守られず』...大阪市を提訴へ「いじめ防止法が希望」

2024/04/24

『診療報酬マシマシ』疑惑の歯科医院「子どもは自己負担500円」助成制度を悪用して不正請求か 理事長X氏を直撃取材すると「退職した担当者が...」

2024/04/03

朝9時出勤の当直医師が帰ったのは...翌日の午後7時半だった『医師の過酷実態』2割が過労死ライン超え「仕事増えるけど人増えない...病院の努力だけで解決は絶対不可能」

2024/03/27

【子ども連れ去り】その実態「居場所がわからない苦しみ」突然家から閉め出された女性 元夫は虐待を主張...女性は親権を得られず「こんなことがまかり通るのは絶対におかしい」

2024/03/21

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook