MBS(毎日放送)

よんチャンTV(テレビ)

特命取材班 スクープ

『歩行困難』『たびたび高熱』コロナワクチン後遺症を訴える患者たち...一方で国が認めた例はゼロ 検討部会長「因果関係は検証しにくい」

2022年06月29日(水)放送

SHARE
Twitter
Facebook
LINE

 6月29日に発表された新型コロナウイルスのワクチン接種率は、1回以上が81.9%、2回完了が80.8%、3回完了が61.7%で、これまでの総接種回数は2億8476万2731回となっている。このうち死亡や障がいにつながる恐れのあるものなど重篤な副反応が報告された割合はファイザー社製で0.003%、モデルナ社製で0.0016%だ。では新型コロナウイルスワクチンによる長引く副反応いわゆる「後遺症」はあるのか?ワクチン接種後に長引く症状に悩む人たちを取材した。

歩行困難な症状が出た中学1年の女子生徒

 去年10月に兵庫県尼崎市内の「長尾クリニック」を受診した中学1年の女子生徒は、1回目の新型コロナウイルスのワクチン接種後から歩くことも困難な症状に見舞われていた。

 (女子生徒を診察する医師)
 「ちょっと歩いてみ、ゆっくり。ああ、なんやそれ、そんな歩き方…。バックして椅子に座って、椅子に戻って、元の姿勢に。倒れそうか」
3.jpg
 (女子生徒の母親)「(接種翌日に)学校に行くときに、なんかちょっと胸が息が苦しい気がするんやけど気のせいかな、と言って」
      (医師)「お医者さんいろいろ行ったんかな?どのくらい行ったの?なんて言われた?」
 (女子生徒の母親)「全然何も…」
      (医師)「異常なし?異常やんか」

 総合病院など複数の病院を受診したが、検査をしても「異常はない」と言われたという。女子生徒はこの病院で初めて『新型コロナワクチン後遺症』と診断された。

 「長尾クリニック」では去年10月ごろから150人以上の患者を『ワクチン後遺症』と診断してきたという。

 (長尾クリニック 長尾和宏院長)
 「動悸がするとか、頭痛とか、ブレインフォグといいまして認知機能の低下、あるいは足が動かない・手が動かない・歩けなくなった、多様な症状が出て、そのために日常生活から脱落する。ワクチンを打ったためにそうなったことが確実であろうという人、そういう方を『ワクチン後遺症』と呼んでいます」

たびたび高熱に悩まされるようになった40代男性

 取材した日、診察に訪れた40代の男性。去年8月に2回目のワクチンを接種してから高熱に悩まされるようになったという。
7.jpg
 (高熱に悩まされる男性患者・40代)
 「去年11月4日からだったんですけれども、熱を測りはじめたのがここからで。(Q熱は39℃とか?)はい。ずっと熱が。この時はずっと足も動かなかったので、足を引きずりながら歩くような感じですね」
9.jpg
 ワクチン接種後にたびたび1週間以上続く高熱に悩まされていた。基礎疾患などはなく、長尾医師はワクチン接種が不調の原因ではないかとみている。
11.jpg
 (長尾クリニック 長尾和宏院長)
 「今回、僕がワクチン後遺症と診断をしている人は因果関係が100%。それまで元気だった。元々あった持病とかで悪くなったんじゃない。ワクチンが原因である」

重篤な副反応の報告7000以上…国が後遺症と認めたのはゼロ

 厚生労働省によると、これまでファイザー社製とモデルナ社製の新型コロナウイルスワクチンを接種した後に、重篤な副反応があったと医療機関から報告された事例は7276例。しかし、その症状が『ワクチン後遺症』と認められたケースは1例もない。
16.jpg
 さらに、厚労省のホームページにはワクチン接種後に死亡した人が1726人いると記載されているが、そのうち99.3%が「γ」と記載されていて、「情報不足等によりワクチンと死亡との因果関係が評価できないもの」とされている。つまり国は公的にはワクチン後遺症を認めていないのだ。

副反応検討部会の部会長「因果関係は検証しにくい」

 国が認めていない『ワクチン後遺症』。本当に患者たちの症状と因果関係はないのか?今回取材班はワクチン副反応について国の副反応検討部会で部会長を務める森尾友宏医師に話を聞くことができた。

 (厚労省・副反応検討部会 森尾友宏部会長)
 「副反応検討部会で毎回、重要な副反応だなという形で検討させていただいているのは心筋炎・心膜炎という副反応です。脳出血や突然死の方とか、心筋梗塞みたいな形であがってきている。もちろん重篤なものとしてあがってきているんですけれども、これに関しては因果関係についてなかなか検証がしにくくて」
18.jpg
 ワクチンの副反応を巡っては、国は複数機関でチェックを行っている。副反応の疑いがあるケースが出た場合、まず医療機関や製薬会社からPMDA(医薬品医療機器総合機構)という国が委託する機関に報告が上がる。PMDAで患者の病歴やワクチン接種との関連など情報の精査が行われる。さらに外部の専門家が因果関係を評価した後、最終的に厚労省の検討部会で検証されるのだ。
19.jpg
 (厚労省・副反応検討部会 森尾友宏部会長)
 「いろんな疾患がありますけども、ワクチンを打たれて数時間後、1日2日後に何か症状が起きた時、この時間的な関係性と、打ったことによってこういう症状が出たという関係性は、全く別のものだと考えていただいていいんじゃないかと思うんですね。因果関係を解明するのはやはり統計学的な手法だと思います」

 検討部会の森尾部会長は、顕著な心筋炎・心膜炎以外は症例が少なく、現状ではワクチンとの因果関係を解明するのは難しいと話した。

『100万人のデータ』で検証を進める研究者

 一方で、新型コロナワクチンの安全性について、独自にデータを集めようとしている研究者がいる。

 (九州大学大学院・医学研究院 福田治久准教授)
 「ワクチンを誰がいつ打ったのかという『ワクチンに関するデータ』、コロナを発症した方について『いつ発症したのかというデータ』、さらに各自治体における対象者さんの『健康状態に関するデータ』。この3つの情報を組み合わせることで、ワクチン接種した方と接種していない方との間で心筋炎(などの有害事象)がどちらのほうが高いのか、このことが検証できるようなデータになります」
24.jpg
 福田准教授らの研究チームは現在、4つの自治体の協力を得て、ワクチン接種の日時・年代・副反応の情報など約100万人分のデータを集めている。

 (九州大学大学院・医学研究院 福田治久准教授)
 「自治体さんがお持ちなのは、お名前付きのデータになっておりますので、市役所の中で全ての情報を匿名化する作業を現地でしています」

 福田准教授らの下には、ワクチン接種後に死亡したケースの情報なども集まっていて、今年度中には25の自治体の協力を得て500万人分のデータを集めて分析結果を公表する方針だ。

 (九州大学大学院・医学研究院 福田治久准教授)
 「日本はワクチンデータベースについては国家レベルの収集は全くされていないという状況になっています。私ども研究チームがまずはプロトタイプみたいなものをしっかりと作って、国もそのシステムを作ろうというふうに繋がっていくかなと考えています」

 未だ解明が進まないワクチン後遺症。ワクチン接種を推し進める国の方針から、その実態に目を背けていると指摘する専門家もいる。原因不明の体調不良に悩まされている患者たちは原因の究明を求めている。

関連記事

SHARE
Twitter
Facebook