MBS(毎日放送)

台風6号「急カーブするのはナゼ?」気象予報士に聞くと「急カーブではなく沖縄付近で迷走する、西日本に接近するか離れるかは『太平洋高気圧の強さがカギ』台風情報 進路シミュレーション解説

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE
  

 8月1日から4日にかけ西北西へ向かうと思いきや、東方向へ転じ九州・西日本に近づくような予想進路が示された台風6号。SNSなどでは「台風右折するんか」「急カーブやん」など驚く声が上がった。なぜこのように特徴的な予想になったのか、前田智宏気象予報士は、「急カーブではなく、ウロウロ停滞しそう。西日本に近づくかどうかは、太平洋高気圧が守り切れるかどうかの勝負」と、最新の見通しを話した。

最近の記録的な猛暑は 太平洋高気圧が強かったため

 ここ数日、日本列島は、太平洋高気圧にしっかり覆われ、猛暑が長く続きました。台風5号は西へ進みましたが、5号よりやや東の海上で発生した台風6号は、日本に近づくルートをとりそうでしたが、太平洋高気圧の「高い壁」に阻まれて、進むことができず、高気圧の縁(ふち)を通る形で、西方向へ進んでいました。

「太平洋高気圧が弱まり、台風の進む道ができた」

 ところが、強かった太平洋高気圧が、今週末の5~6日にかけて、西日本への張り出しが弱まるとの予想が出たため、「高い壁」が無くなって、台風が東へ進む可能性が生じました。ただ、『急カーブする、というわけではなく、ウロウロ、停滞でしょうね』

 気象庁の台風の進路予想は、予報円が数日間重なっています。前田気象予報士によりますと、これは、台風が沖縄付近で停滞気味になることを示しているといいます。そもそも、夏の台風は、上空の風が弱いこともあって進み方が遅く、迷走しがちなのだというのです。そのため沖縄地方には、あす2日に台風が最接近し、とどまって週末あたりまで影響が長く続くおそれがあるということです。

ふたたび太平洋高気圧が強まり、西日本に接近しない可能性も

 いっぽう、今後台風6号が、西日本に近づくかどうかは、「太平洋高気圧が守り切れるかどうか」がポイントだということです。来週には、太平洋高気圧が再び勢力を強めて、西日本への張り出しが大きくなるという予想も出てきました。
t4.jpg
 仮にそうなった場合は、台風6号は、西方向や、北方向へ進みながら弱まっていく可能性もあるということです。ただし、大型の台風のため、台風の中心から離れた西日本でも、太平洋沿岸中心に、海ではうねりが高くなり、九州や四国では、雨が強まることもあるということです。
t7.jpg
 また、太平洋高気圧が強まるということは・・・。またうんざりするような猛暑が続く、ということも意味しています。今後の台風の動きにご注意ください。

2023年08月01日(火)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

【食中毒】この土日は汗ばむ初夏の陽気...春の行楽シーズンからは"細菌性が増" 下痢止めはNG?薬剤師でもある気象予報士が「予防の3原則」も解説【MBSお天気通信】

2024/04/13

花見は今週末がラストチャンスも「季節外れの暑さ」に注意! "のんびり開花"の原因は3月の気温か...平均気温がほぼ2月並み【MBSお天気通信】

2024/04/13

令和に新発売、懐かしのラジカセ 音のチープな感じがいいと若者が買い求めるカセットテープに人気アーティストもアナログ回帰

2024/04/12

建坪9坪でも大人数が集える部屋!巨大ダイニングテーブルとワゴンに工夫と秘密を詰め込んだ、料理好き夫妻の"おもてなしハウス"【住人十色】

2024/04/12

【カツめし】新鮮&豪快!レパートリー無限の日替わり市場めし 市場で働くプロも大絶賛「大阪市中央卸売市場 大輝」

2024/04/11

ヒノキ花粉シーズン真っ只中!くしゃみをガマンすると危険?医師「くしゃみを無理におさえると別の病気につながるケースも」【MBSお天気通信】

2024/04/11

元TBSアナウンサーはなぜ教育長に?久保田智子さんに聞く...新たな職にかける想い「子どもを直接支援するのはメディアにいるとできない」そこに深く関わる『特別養子縁組』の経験

2024/04/11

【リニア中央新幹線】奈良・三重では駅やルートの調査動き「リニア来てほしい」鉄道アナリストは「東海道新幹線は限界...第2ルートに」静岡・川勝知事が辞表提出で...早期開業に期待の声

2024/04/10

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook