MBS(毎日放送)

よんチャンTV(テレビ)

編集部セレクト

【解説】「反日から"半"日へ」国葬に参列の中国政府代表は『名前も知られていない』『共産党員でもない』人物 日本軽視の表れか...日中国交正常化50年の先はどうなる?

2022年09月29日(木)放送

SHARE
Twitter
Facebook
LINE

 日中国交正常化50年にあたる9月29日、両首脳が祝電を交わしました。岸田総理は「共に新たな未来を切り開いていくことが重要」。習近平主席は「新しい時代の要求に相応しい中日関係を構築するよう牽引していきたい」とお互い未来志向の友好関係に触れています。しかし、現状は米中対立や台湾問題などを背景に日中は微妙な関係にありますが、今、どうなっているのでしょうか。 「本音と建て前」を使い分ける大国・中国を長年ウォッチしてきたTBS元北京特派員・武田一顕氏は「安倍元総理の国葬に参列したのも名前も知られていない人。日中国交レセプションにも大使レベルしか来なかった。もはや中国にとって日本は無視していい存在」と話します。また習近平主席については3期目だけでなく、2027年以降も4期目も続投の可能性もあるといい、マッチョな政権が続くことに日本は警戒が必要で経済的に強くならなければ」といいます。

関連記事

SHARE
Twitter
Facebook