MBS(毎日放送)

【記者会見の全容】「痛恨の極み」奈良県警本部長の会見 安倍元総理が銃撃され死亡「警備上の問題があったことは否定できない」

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE
  

7月8日、奈良県にある近鉄「大和西大寺駅」駅付近で、演説中の安倍晋三元総理が銃で撃たれ、死亡しました。この事件で警察は元海上自衛隊員・山上徹也容疑者(41)を逮捕しました。奈良県警のトップである鬼塚友章本部長が7月9日に記者会見を開き、事件の内容や当時の警備状況について話しました。

 【7月9日に『奈良県警鬼塚友章本部長の会見』で話された内容】

「今回の事件においてお亡くなりになりました、安倍晋三元内閣総理大臣のご冥福を心よりお祈りいたしますとともに、ご遺族および関係者の皆様方に対し、心よりお悔やみを申し上げます。今回の事件は選挙遊説中の元内閣総理大臣の殺害を狙った極めて卑劣で許しがたい蛮行であります。まずは徹底した捜査による事案の全容解明が急務であります。他方、県下の治安責任を有する県警本部長として、所要の体制を構築し警護警備にあたっていましたが、警護実施中の安倍元総理が銃器ようのものを発砲されて、死亡される結果になったことを極めて重大かつ深刻に受け止めています。痛恨の極みであります。このような重大な結果を招いたことを踏まえ、今回の安倍元内閣総理大臣の警護警備に対する問題があったことは否定できないと考えており、早急に問題点を把握し、適切な対策を講じてまいりたい」

警護計画書は、私が目を通し、当日午前中に承認

Q 遊説に来ると決まったのが前日の夕刻と聞いています。警備計画の準備に時間足りなかったのでしょうか?
A 警護警備はどのような日程にも対応できるよう体制を構築すべきものと考えています。
前日の夕刻に入ってきたが、その後担当の職員がしっかりと状況を確認し、警護計画書を作成し、所要の体制を構築して警護にあたっています。警護計画書を私自身も目を通し、承認しています。しっかりと対応する案件だと考えています。

Q 現時点でどのような問題があったと考えられますか?
A このような重大な結果を招いたことについては、警護上の問題があったことは否定できないと考えていますが、警護の体制なのか、配置状況なのか、緊急対応要領なのか、個々の警護員の能力なのか、様々な問題点については早急に確認し具体的な強化策の検討、見直しなどを行う必要があると考えています。

Q 背後から被疑者が近づき発砲。背後側の警備に問題があるとお考えですか?
A 現時点、警護のどこに問題があったのかという点は確認しています。体制なのか、配置なのか、緊急時の対応なのか、警護員の個々の能力なのか、どうだったのかについては予断をもって見ているわけではない。全体において問題があったものと考えていますので、しっかりとあらゆる点から見直していきたい。

Q 以前に安倍元総理が来た際の警護体制と今回の違いはありますか?
A 今回の選挙遊説については昨日が2回目、今質問があった通り、6月28日に県下、生駒と今回の演説を行った場所は異なりますが、西大寺駅付近で演説を行われております。た。体制、その他については現在、全体の確認をしているところであり、詳細はこの場で申し上げられませんけれども、その点を踏まえしっかりと確認したいと考えています。

Q あの場所で元総理が演説するリスクは?
A 警護に関しては、私もすこし経験ありますが、リスクは常に存在しています。ただ、それぞれの現場において具体的な状況、聴衆の数、あらゆる条件が異なりますのであの時点で何か事前の兆候があったとは把握していません。

Q 計画をつくって、承認するまでの流れを教えてください?
A 今回の遊説は、その前日に急に入ったこともあり、通常ある程度早めに入るであろう警護の計画の策定の時間は異なっていましたが、いかなる状況においても所要の体制を確立して、しっかりとした警護警備を行うことは当然でありますので、今回話があってから、警護を対応する者において 配置を検討し、計画書をつくったという流れになっています。わたしが計画書に目を通し承認したのは当日の午前中です。

Q 承認した時間は午前中何時でしょう?
A 具体的な時間は記録していないが、演説も午前中でしたので、前日に急ぎ計画書をつくって、翌朝私のもとに報告があったといった流れと記憶しています。時刻については正確に記憶していません。

Q 選挙中の事件についての受け止めは?
A 明日は予定通り第26回参議院選の投票日と承知しています。選挙への影響については私自身コメントする立場ではありませんが、今回の蛮行が民主社会にとって最も重要な選挙に影響を与えることのないように、必要なことがあればしっかり対応したいと考えています。

Q 警護計画書はあるが、実際当日の警備は人員など計画通りでしたか?
A 特段の変更をしたということは承知していない、その計画通りに行われたと承知しています。
Q 計画の際、背後から何者かが近寄るというケースについての対応は決められているか?
A 警護警備は、あらゆる観点のリスクに備える必要があるので、聴衆の数など現場の状況で対応していかなければならない点が様々ございます。その点において、警護対象者にいかなるリスクも生じさせることのなように万全を尽くすのが警護警備だと考えています。

Q 計画書の承認について、人員の規模や体制、配置などに違和感は感じなかったか?原案通りか、何らかの修正はありましたか?
A 警備部門で組織的な検討をなされているので、特段の違和感や修正すべき点はなかく、原案通り承認しました

Q 事前に警護関係者は現場下見などしたのでしょうか?
A 今回の警護の場所については、これまでもよく選挙遊説などで使われている場所なので、場所は警護員が十分理解している場所でございます。今回の話があってから、翌日の実施までに現場に再度行ったどうかは現時点で承知していません。「十分に承知している場」であると承知しています

Q 要人警護、1発目の音で警備に走るという状況が映っていないように見えるが?
A 現場で撮影された各種の映像が報道されていることは承知しています。我々も防犯カメラなどの映像を確認しています。現時点でその際の配置、銃声があったときの対応についてなんらか問題があったかについては今後しっかりみていく必要があると思います。

Q 容疑者が背後にまわっていたが、一般論としてこれをどう評価すればよい?
A 先ほど申し上げた通り、警護警備は対象者に対するあらゆるリスクに備えねばならない。そうした意味では、正面・背後・上空も含め様々なリスクに備える必要があります。今回の警護対象者であります安倍元総理の背後とみられる位置からの脅威が、どのように高まったのか、それに対する警護の対応がどうだったかの点については今後しっかり確認すべき点だと思っています。

Q 去年の衆院選から比べ中央のガードレールがありゼブラ帯があったものが撤去されておりロータリーになっているという道路環境の変化がありました。その点がよく知った場所という慢心につながった可能性はないでしょうか?
A 警護場所はこれまでの選挙遊説でもたびたび使われていて、昨年のみならず今年も何度か使われていて、その変化などについては十分に把握できていたと理解していますが、そうした点についても今後、警護の体制・配置などがその状況で適正だったのかはしっかりと確認する必要があります。

Q 警護計画書について、参事官を責任者とするチームが作ったと思いますが、ダブルチェックの仕組みなどはありますか?
A 手続きについて最終的に本部長の私が承認するが、それまでに警備部内で所要の検討が行われますし、手続きにおいて従来と手続きがかわったことはありませんでした。

問題点があったことは否定できない

Q あらゆるリスクから守る警護において、亡くしてしまった点に体制に問題あったと理解していますか?
A 警護対象者である安倍元総理が死亡される結果になったのは極めて重大かつ深刻な事案でありますし、こうした結果を招いたことをふまえれば、今回の警護警備に問題点があったことは否定できないと考えております。そのための問題点の所在を早急に把握し対応を取るという事も重ねて申し上げた通りです。

Q 問題点があったということでよろしい?
A 警護警備に関して、問題があったことは否定できない。ということであります。

Q どのように問題点を把握していく?チームをつくったりしますか?
A 警護警備に関しては、全国の警察において行われている活動でありますし、その点警察庁が全国各市の指導なども行っていますのでどこに問題があったのか、体制なのか、配置なのか、緊急事態への対応だったのかについては、警察庁ともしっかりと連携協議しながら問題点の所在を把握していきたいと考えています。

Q 本部長としての責任をどのようにお考えで、辞任などのお考えは?
A 今回の事態が生じてしまったことについては管轄責任を有する本部長として極めて重大かつ深刻に受け止めていて、その責任も痛感しています。県警本部長として現時点、まずは事案の真相解明に向けて現在行っています捜査をしっかりと指揮するとともに、今回の事件における警護実施上の問題点の洗いだし、必要な措置の手当なども早急に対応していくのが現時点での責任と考えています。

Q 警備計画書は本部長までの決済か、東京への報告はありますか?
A 今回の警護警備実施計画書については、奈良県の中で行われる警備、警護対象者の状況をふまえ、当県責任者である私が承認したのが最終であります。

Q 「数か月前から事件を計画」これまでにトラブルや犯行の予兆など、認知しているものはありますか?
A ご指摘のような報道は承知しています。今後、各種捜査によって明らかにしていかないといけないと考えていますが、現時点で今回の事態につながるような予兆や兆しは確認されていません。

Q 容疑者は岡山にも行っていたという報道が出ているが…
A ご指摘の報道は承知していますけれども、様々な供述を捜査で裏付けていく必要があるのでそれ以上のコメントは差し控えたいと思います。今回の事案に至った点については責任がある県警本部長として責任を痛感しています。今後事案の全容解明し捜査をつくすことが今回亡くなられた安倍元総理に対する最大の弔いであり、県民、国民の皆様に対する私の責任と考えています。

Q 本日、県警本部への電話がつながらない状況でした、批判の電話が殺到していたのでしょうか?
A 本部の電話がつながらないというのは具体的な報告を受けていないので詳しくは承知していません。様々な声が全国から寄せられていると思いますが、先ほど申し上げた観点からしっかりとお答えしていかなければならないと考えています。

Q 問題点をいつまでに把握し、解決するのでしょうか?
A 現時点でスケジュールを考えているわけではありませんが、警察庁と連携・協議していく必要があります。他方でこれだけの事態にいたっていることを考えれば、相応のスピード感を持ってやっていかねばならないと考えています。

Q 当日警護にあたっていたのは、奈良県警本部の警備部、奈良西署の署員、警視庁の警護官1人という体制は間違いないですか?
A 体制がどうだったのかという点については、今後問題の確認において重要な注目ポイントだろうと考えております。今回の警護警備体制は昨日の会見で申し上げたように、奈良県警の警護、危機管理対策を担当する参事官を長として管轄である奈良西署にも所要の体制を確立し、警視庁の警護員も対応していますが、体制の詳細についてこの場では控えたい。

Q 選挙カーの看板に弾痕があるなど、一般市民にも危険が及ぶ可能性があったが、その点どう考えますか?
A 被疑者によって発砲された拳銃ようのものについて弾痕が警護対象者以外にも確認されているのは事実です。昨日の容疑者の関係先の捜索でも、同種のものと思われる銃ようのものが数丁押収されているのも報告の通りです。一般市民に対する被害、危険性についてはご指摘の通りだと思っていますし、今回の銃とみられるものが、どのようにして製造されたのか、材料をどう入手したのか、押収された、犯行に使われた、銃以外の銃にどれくらいの殺傷能力があるのか、あらゆる点を確認してこうした違法な銃の製造が行われないように対策をとっていくのも重要な点だと考えています。

Q 演説の主催者や奈良県連との調整は?
A 遊説を主催する側との連絡、調整は一般的に行われています。今回がどうだったのかについては今後各種の問題点の確認とも大きく関わるので、この場での答えは控えたい。

Q 確認・調整しているならそう言ってもらえる方が早いが?
A 一般に連絡は取っていますが、その内容については控えたい

27年余の警察官人生で最大の悔恨

Q 総理が亡くなったことを聞いて、本部長はどう思いましたか?
A 今回の事案が11時30分過ぎに報告が入り、その後事態が明らかになるに従い、その状況の深刻さ、私自身も平成7年に警察官拝命し、27年余の警察官人生での最大の悔恨、痛恨の極みであります。今回の事態を生じてしまったことに対する責任の重さを痛感しています。

Q 「安倍元総理の殺害を目的にこんな事件を起こした」との供述はありますか?
A 被疑者については現在取り調べ中であり、犯行にいたった経緯や動機、背景について取り調べを行い、淡々と供述していますが、今後その供述内容をしっかりと裏付けて、しっかりと解明していく必要があると考えています。

Q 淡々と供述していると言っていたが、事件を悔いているような供述はありますか?
A 取り調べの詳細や被疑者の状況等については、今後の捜査、特に被疑者等に一定程度影響を与える可能性があるので、内容詳細についてこの場では控えたいと思います。現在、定期的にブリーフィングも行っているので、そうした取り調べによって明らかになった事項などがあれば必要な裏付け捜査を行い、その後の捜査や公判に影響を与えない範囲でしっかり説明していきたいと考えています。

Q 「痛恨の極み」と仰っていますが…
A 私自身の責任については先ほど言及したとおりですが、今後事案の解明と捜査をつくすことが県民、国民の皆さま、多くの関係者の方々、何よりも、お亡くなりになられた安倍晋三元内閣総理大臣に対する責任だと考えています。

2022年07月11日(月)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

1枚150円!77歳の店主が焼く『おもひで焼』 京都で40年以上愛されるお好み焼き店と"おばちゃん"は「唯一無二の存在」「安心して過ごせる場所」

2024/07/15

「冷やし中華」ひたすら試してランキング 猛暑日に箸が進む一品が続々と登場! 6年連続ミシュラン1つ星獲得"レジェンド"料理人が「唯一無二の冷し中華」と称賛した1位は?【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/07/12

【カツめし】消防学校に密着!新人消防士の過酷訓練を支える食堂パワーめし!「大阪府立消防学校」

2024/07/11

父と娘の『保育園留学』10日間 白浜の大自然で成長した5歳の娘...しんどそうな父を見て「洗い物やるね」

2024/07/11

【なるほどライドシェア】過疎地と観光地で全く違う!京都市は9割が外国人客、大半が学生ドライバー「就職に備えて」

2024/07/09

【梅雨空もどる】週後半は、まとまった雨 北~西日本で大気の状態非常に不安定 東北・北陸で150ミリの雨 浸水や増水に注意【火曜の雨シミュレーション】

2024/07/09

『74歳の店主』が営む小さな食堂 朝定食や弁当で"おふくろの味"を提供「お客さんとしゃべるのも好きやし、死ぬまでできたらいいな」

2024/07/08

ニュース週間アクセスランキング【2024年6月28日~7月4日】MBS NEWS DIG

2024/07/05

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook