MBS 毎日放送

2019年05月08日 21時00分 公開

中山道を旅するチャンカワイがついにゴール!企画終了で待っていたのは...新たな旅路!

旅、それは始まりがあれば終わりもあるもの。そして、旅の終わりは新しい旅の始まりでもある。5月5日(日)放送の「所さんお届けモノです!」は、2018年9月にスタートした「中山道で見つけた老舗の新名物」企画の最終章。ついに、チャンカワイが京都・三条大橋に到着した。

歴史的人物が数多く宿泊!草津宿と忠臣蔵には深~い関係が!
2019_0505_170448.jpg
六十八次草津宿は、中山道と東海道が合流する場所。一度に90人が宿泊できるという本陣は、1300坪の広さがあった。中山道で現存する本陣の中では最も大きいという。
草津の本陣には貴重な品々も残されていて、宿帳には浅野内匠頭と吉良上野介の名前が記されていた。2人は忠臣蔵で描かれた事件が起きる2年前に、わずか9日違いでこの本陣に宿泊していたという。所さんは「この情報知らないね!」と興味津々だった。

とろとろ&クリーミー!ゆば発祥の地で見つけた老舗の新感覚ゆば
2019_0505_171117.jpg
六十九次大津宿で見つけた老舗の新名物は、150年続く「比叡ゆば本舗 ゆば八」で発見。ゆばは滋賀・比叡山が発祥で、比叡山延暦寺の僧侶が京都に伝えたものが「京ゆば」に、日光に伝えたものが「日光ゆば」になったという。
スタジオには、ゆば八の新名物「とろゆば」(648円税込)をお届け。スタジオに届けられたのは、とろとろでクリーミーな食感が楽しめる新感覚のゆば。スタジオではシンプルに、わさびと醤油をかけて頂くことに。白いご飯にも合う逸品に、所さんは「豆スゴいな!」と感動しきりだった。

ついにゴール地点の三条大橋に到着したチャン。スタジオには自らが「お届けモノ」となって登場。なんと意外にも、チャンは所さんとはこれが初対面だった。
中山道制覇の祝福を受けるチャンだが、番組からチャンにお届けモノが。所さんがチャンに手渡したオリジナル法被には、「東海道」の文字が書かれていた。
旅の終わりは、新しい旅の始まり。チャンは新しい法被を着て、今度は京都・三条大橋から東海道を通り、東京・日本橋を目指して老舗の新名物をお届けすることに。
ゴールの余韻に浸っているヒマはない。早くも新企画がスタートしたのだった。
今度はどんな新名物を見つけることが出来るのだろうか・・・!

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!

「所さんお届けモノです!」では無料見逃し配信を実施しています!
過去の放送はこちらからご覧ください。
所さんお届けモノです

バックナンバー