MBS(毎日放送)

2018年11月28日 16時30分 公開

南アルプスのすぐ隣り!長野県飯田市から二つの日本一をお届け!

魅力ある観光地のその隣町もまた、魅力に溢れている。11月25日(日)放送の「所さんお届けモノです!」は、“隣町シリーズ”。有名観光地の隣町にある名産品がスタジオに届いた。

早熟でも侮るなかれ!0.3%の超美味激レア柿!

$RIZKFSF.jpg

プロフィギュアスケーターの村上佳菜子が向かったのは、有名観光地・南アルプスの隣町、長野県飯田市。今回は飯田市が誇る「日本一」を二つ紹介。
一つ目は、飯田市の秋の風物詩。市内を散策していると、早速目に飛び込んできたのは、所さんが「かんざしみたいになっちゃってる」と表現した大量の干し柿。「市田柿」という品種で、年間およそ2000トンという日本一の出荷量を誇る。
お届けモノは、「ずくし柿」。木から収穫する段階で既に熟してしまった、市場には出回らない早熟の柿で、全体のわずか0.3%という激レア柿。
家で柿を育てているという所さん。「そんじょそこらの柿が来ても驚かない」と宣言していたが、口に入れた瞬間、「恐れ入りました」と白旗を掲げた。ゲストの井森美幸も「これ調理できない!」と貴重な柿の美味しさを大絶賛。飯田市では柿を購入したお客さんに、在庫があれば"こっそり"サービスしてくれるらしい。

ネーミングを侮るなかれ!だんごの様なざるそば?ざるそばの様なだんご?

金と銀の鳳凰_result.jpg

飯田市のもう一つの日本一は、祝儀袋や贈答品の包み紙にかける「水引」。日本一となる全国のおよそ7割を生産している。しかも、全てが職人の手作り。アレンジを加えて、水引を使ったカチューシャやネックレス、ピアスや箸置きといった商品も販売している。
スタジオには、「元祖水ひき工芸館 せきじま」に展示されている、水引を使った「金と銀の鳳凰」が特別にスタジオへ届けられた。職人がだった一人で2カ月かけて製作した超大作で、その姿はまさに圧巻。
合わせて届けられたモノは、この工芸館でしか買えないお土産「ざるそばだんご」(1080円税込)。だんごの中にはそばつゆ、ねぎ、わさびが入っていて、だんごにもそば生地が使われている。見た目は「だんご」だが、味は「ざるそば」という、ざるそばの味を完全再現しただんご。年間3万個を売り上げる大人気商品で、所さんもお土産として「100点」を付けた。
新井恵理那曰く、飯田市に「行ったら飯田(いいだ)~」。飯田市ならではの特産品と風景を求めて、是非お出かけしてみては?

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!

「所さんお届けモノです!」では無料見逃し配信を実施しています!
過去の放送はこちらからご覧ください。
所さんお届けモノです! 無料見逃し配信

SHARE
Twitter
Facebook