MBS(毎日放送)

2018年10月24日 10時30分 公開

1000円で癒される!都心で可愛すぎる動物に囲まれる楽園

いま浅草に口コミでその人気が広まっている、動物好きの楽園があるという。
「所さんお届けモノです!」ではガイドブックに載っていない隠れた浅草名物を調査するなか、地元の人の紹介でこの動物王国に潜入した。ゲストの浜口京子が「お父さんもここにいればいいのに!」と絶賛した“アニマルスポット”とは!?

フクロウにカピバラ、フェネックたちが浅草に集結
ふくろう.png
番組スタッフが、浅草の人たちに隠れた名物を調査したところ、「浅草公会堂の前にフクロウを手に乗せている人がいる」という情報が。実際に向かってみると、本当にフクロウを手に乗せた人が立っていた。お話を聞けば、近所でお店を開いている「アウルの森」という動物カフェの店員さんだった。教えてもらったお店に潜入してみると、店内は薄暗い様子。恐る恐る奥に進むと、外国人観光客などで店内は大盛況。店内はジャングルのようになっており、あちらこちらに、様々な動物が放し飼いされている。
カピバラ.png
店長さんは「このお店はガイドブックに載せてなくて、口コミでお客さんに来ていただいています」とのこと。口コミで広まった理由は、その動物の数。ここ「アウルの森」では、フクロウが35羽、フラミンゴ、カピバラ、フェネックなど珍しい動物がたくさん飼育されている。しかも1000円の入場料で動物たちに触れ合うことができ、別料金にはなるがフクロウの手乗り体験なども楽しむことができる、隠れた名物スポットだった。浜口京子は「お父さんもアニマルですから動物大好きです!お父さんもこのカフェにいればいいのに!」と浅草の動物カフェに、父親の仲間入りを熱望していた。
浅草に行った際、王道スポットをまわった後に動物たちに会いに来るのはいかがだろうか?

「所さんお届けモノです!」は、MBS/TBS系で毎週日曜夕方5時放送。
世界中の送り主から所さんの元へ「ぜひ見てほしい!」「ぜひ知ってほしい!」と、様々なアイテムが届く"箱からはじまるエンタメバラエティ!"


SHARE
Twitter
Facebook