MBS 毎日放送

2020年10月20日 20時30分 公開

「このオムライスすごい!」 鉄板居酒屋の"㊙オムライス"とは?~大阪

 情報番組「ミント!」(MBS)の水曜企画「わざわざグルメ調査隊」。10月14日(水)に取り上げた店が、どれも興味深かった。それは、「超人気パン店がわざわざ勝負する パンじゃないセカンドブランド」「町のケーキ店がわざわざ作った“大人過ぎる”スイーツ」、そして「幻の人気メニューが復活!わざわざ『?』みたいに作る㊙オムライス」というタイトルで紹介された3店舗だ。一体どのような店なのか。

超人気のパン店

 「わざわざグルメ調査隊」は"関西のグルメ王"シャンプーハット・てつじが担当する好評企画。今回、最初に紹介したのは、大阪・梅田にある『ルート271』。連日行列ができる超人気のパン店。人気の理由は、惣菜系からスイーツ系が揃う種類の多さと、ちょっと変わったアレンジパンがあるからだ。中でも不動の人No.1は「タイ風焼きそばパン」(291円、税込み)。

20201020115117-4586a5e54fb52ca87306fe43538e9278266a49b5.jpg


 そんな超人気の「パン店」が、今年7月に姉妹店をオープンさせた。その店は『鉄パン焼き271』といって、大阪の肥後橋にある。名前の通り、鉄板料理を楽しむ店だが、「パン店」の姉妹店だけあってパンを使った絶品メニュー「沼うまパン」(550円、税込み)などがある。しかし、この店は「パンではない鉄板料理」で勝負しようとしているという。一体それは何なのか。

 店主とその妻に話を聞くと「そのままでも美味しいですが、タレをつけることで、美味しさ倍増!」「肉汁がジュワ~と出てきて焼き目がこんがりついています」「一口食べただけで、口の中に広がる美味しさがあります」とコメント。

20201020115441-ab7051ecc40f21e6816dfa9e0bd126325c7ef609.jpg

 それは......「ギョウザ」だった。大阪のブランドポーク「犬鳴豚」を使用したギョウザ。「肉々しいジューシーな味わいに仕上げ、タレはお好みで7種類から選べる」とナレーション。さらに、注目は「パンの技術をいかした最大のこだわり」が...。「小麦粉つながりということで、ギョウザの皮を別注。肉汁を閉じ込める工夫をしています」と店主。「犬鳴豚の肉ギョウザ」は6個、495円(税込み)。

地元の名産品

20201020115554-95a85a5c5aa4ec89601100da747c6d261294854c.jpg

 次に取り上げたのは「町のケーキ店がわざわざ作った"大人過ぎる"スイーツ」と題して、大阪・門真市にある『パティスリー エルブランシュ』。店の説明をしているとき、「ロールケーキ」「シュークリーム」「ミルフィーユ」が映し出されていた。店の看板商品。特に華美な盛り付けなどはない"素朴な"感じだった。しかし、これらすべてに「門真れんこん」を使っているという。スイーツに「れんこん」とは驚きだ。

 そして、最近はれんこんのほかにも地元・門真の名産品を使用したスイーツを出したという。オーナーシェフは「地元の名産品をふんだんに使った「ティラミス」です。(ティラミスの)一般的なレシピには入りません」とヒントを出した。そして、「大人過ぎるので、子どもには売れない商品です」と付け加えた。一体ナニを"わざわざ"いれたのか。

 正解は...「日本酒」。門真産の山田錦で作られた「かどま酒」。スポンジ生地に日本酒をたっぷりと染み込ませた「かどま酒ティラミス」(540円、税込み)。

20201020115933-5fa463561df140c8e096e28662a5962f29162df3.jpg

 「地域密着型のケーキ店ですので、地元の方に愛される店作りを考えています。地元の食材を使っていきたいというのが第一です」と、オーナーシェフは話していた。

鉄板居酒屋

 最後の店は、てつじとMBSの山崎香佳アナウンサーが調査。「幻の人気メニューが復活!わざわざ『?』みたいに作る㊙オムライス」というタイトルで紹介していたが一体...。その店は、大阪メトロ・阿波座駅から徒歩3分のところにある鉄板居酒屋『ホタルカゴ』。「㊙オムライス」はオープンした6年前は看板メニューだったが、3年前に突如、メニューから消えたという。人気メニューだったのになぜだ。その理由は「作るのがかなり面倒くさい...」と店主。

20201020120030-420bbba1f64cd070a3452a101ef9de322df11510.jpg

人気No.1 焼きポテサラ

 店の人気鉄板メニューは「ホルモン鉄板焼き」(900円、税込み)や、ガーリックバターが染み込んだ「エビパン」(520円、税込み)などがある中、今回てつじと山崎アナは"意外なメニュー"を味わうことに。...それは「鉄板焼きポテサラ」(520円、税込み)。

20201020120205-f115449f2471d23a328ef12178d0501e13a3b698.jpg

 客からは「お焦げがクセになる」といって、人気No.1という。その味は...。「焼くことによって、出来たてのポテトサラダ!美味しい」とてつじ。

 それでは、本題の「㊙オムライス」についてヒント。「6年前にブームになったグルメ」「作る工程が客ウケする」。そして、先述した「手間がかかり面倒くさい」。わざわざ『?』みたいに作る「㊙オムライス」とは...。

このオムライスすごい!

 答えは...「パンケーキ」だった。パンケーキみたいに作る「オムライス」。洋菓子作りに使う型枠「セルクル」を使って調理するという。

20201020120312-575e2e498bfc0eda02c2cb5c7f4dd47d86ed7138.jpg

 作り方は、型枠セルクルにフワフワのたまご焼きを敷き、そこにチキンライスを投入。そして、フワフワのたまご焼きでフタをして、さらに、たまご液を流し込む。仕上げは、バーナーでたまごを焼き固める。どう見ても円筒形のフワフワの「パンケーキ」だ。「セルクル仕立てトロ旨牛タンオムライス」(1,150円、税込み)。

20201020120350-b0f20d04b148fefc0338b0c442ebc847342c892d.jpg

 店主がてつじを山崎アナの目の前で作り上げている時、二人は「うわ!このオムライスすごい!」「もうパンケーキやん!」と。「これがオムライス!?」という見た目のインパクトは、「SNS映え」間違いないだろう。

 「わざわざグルメ調査隊」は情報番組「ミント!」(毎週月~金、午後3時49分放送)で毎週水曜日に放送している企画。「なぜ、わざわざこの場所で?」「なぜ、輝かしい経歴を捨てて店をオープンしたの?」など、気になる"わざわざ理由"をシャンプーハット・てつじが徹底調査。クイズ形式でその"わざわざの理由"に迫る。 

https://www.mbs.jp/mint/info/wazawaza/


バックナンバー

番組ページ