MBS 毎日放送

2020年09月30日 14時30分 公開

ちょっと贅沢!?人気カフェの〇〇、フレンチレストランの〇〇、うどん店の〇〇~大阪

 毎年、新人アナウンサーの初登場シーンなどを見るのが好きで楽しみにしている。9月23日(水)放送の情報番組「ミント!」(MBS)の「わざわざグルメ調査」で新人女性アナウンサーの初登場シーンを見ることができた。「関西のグルメ王」と呼ばれるシャンプーハットのてつじと共に「初ロケ」&「初食レポ」に挑んだ新人アナ。ツッコミどころ満載なのか?ハラハラ・ドキドキするのか…。

エンターテインメント性のあるパフェ

 毎回、この企画は3つの飲食店が取り上げられる。今回のテーマは「ちょっと贅沢な"ご褒美グルメ"」。初めに登場したのは、南海電鉄・高石駅の目の前にある「All day dining Hikari」。「インスタグラムで映えると話題!人気カフェのわざわざ㊙するパフェ!」というので、かなり気になる。

20200929161531-ae0ec9f5f79e8ae2244631e6e29bd28eb69feb0d.jpg

 平日でも女性客に満席のこの店の人気メニューは"ちょっとずつ"をテーマにした「ワンプレートランチ」(1,350円、税込み)や、たっぷりの新鮮野菜とロースカツをはさんだ「DEAIのホットサンド」(1,320円、税込み)。また、新鮮なフルーツを使ったパフェも大人気という。この時、画面に映っていた「シャインマスカット狩りパフェ」(2,585円、税込み)を見て、「うわ!」と思わず声がでた。シャインマスカットを丸々一房使っているからだ。しかし、それよりも、さらに"インスタ映え"するパフェがあるという。それは、客の前で「わざわざ㊙するパフェ」だ。「㊙する」とは...。

 店の人は「目で見て楽しい。エンタテインメント性のあるパフェです」といい、客は「すごい!すごい!」とテンションアップ。

20200929161609-247d87198a2a943208b2449591f9a332dba747e4.jpg

 その答えは......「パフェをバーナーで炙る」だった。「ミックスフルーツ ブリュレパフェ」(2,585円、税込み)。「グラニュー糖を炙ることによってカラメルになり、ほろ苦さやパリパリとした食感が加わって、甘いパフェに丁度いいアクセントとなります」と店の人。また、実食した客の感想は「ブリュレして垂れているところをまわりのフルーツですくって食べるのも斬新。ケーキとは違う感じ」。「フルーツの甘みと別の甘みが合っておいしい」と話していた。

人気フレンチレストラン

 次は「フレンチレストランがわざわざフレンチの概念をくつがえして作る『絶品テイクアウトメニュー』」と題し、大阪・堺市にある店を調査。その店の名は「Restaurant Fuchi」。南海電鉄・堺駅から徒歩10分のところにある。

20200929161732-590dc7ca90f2d6665f52d167268eec6939d32221.jpg

 メニューは「ランチのコース料理」(4,400円、税込み)。シンプルにコース料理のみ。ほかには、まるでトリュフのような真っ黒なシュー皮が特徴の「トリュフノワール」(270円、税込み)などのシュークリームも人気で、店の入り口横でテイクアウト販売している。そんなフレンチレストランが作るもっと意外なテイクアウトメニューがあるというのだが...分かるだろうか。

スペシャルなメニュー

ヒント① フランスでは絶対に食べられないメニュー
ヒント② フレンチ料理と日本人の好きなものを合わせたスペシャルなメニュー

 正解は......「ウルトラスーパーデラックスのり弁」(2,700円、税込み)。その「絶品のり弁」の内容は、容器に敷き詰めた白ご飯の上におかかをまぶす。そして海苔を置いて、その上に大根のきんぴら、ローストポーク、牛肉のステーキに特大海老フライをのせる

20200929161923-e682fd763da1d8fc7bb1afe1eaadc6dad9a0d483.jpg

 てつじは「ローストポークとかステーキとか、最高のフレンチを食べてお腹いっぱいになった時に、『これ、のり弁やったんや!?』ってなります」と感想を。では、フレンチレストランなのになぜ、のり弁を出すことになったのか。その理由は「コロナで営業が自粛になったので、テイクアウトを始めました。フレンチでテイクアウトは、とっつきにくいので親しみを持ってもらうために『のり弁』風にアレンジしました」とオーナーシェフは話していた。

初登場!新人アナウンサー

 最後の店は「人気うどん店がわざわざ作る㊙デザート!」。てつじと新人アナウンサー・山崎香佳アナは、JR四條畷駅から徒歩3分のところにある「活麺(いけめん)富蔵」を訪れた。「初ロケ」&「初食レポ」の山崎アナがここで登場だ。

 早速、「今回紹介するのが、こちらの『活麺 富蔵』さんです!」と、大きく右手を挙げて店の紹介をした山崎アナ。そこで、挙げている手を見て「すごいやん。タージンさん(関西を中心に活躍しているベテラン・グルメリポーター)ばりに紹介したやん。勉強してきたん?もう一回やって」と、てつじ。言われてすぐに再度、店紹介をした山崎アナが初々しい。

20200929162044-b552cc308df660be9080b7c3316b4b22d8f97ffb.jpg

テレビ的に...はやめて

 この店は、打ちたてうどんと揚げたて天ぷらが人気で、兄妹の2人で切り盛りしているという。兄は「うどん」を、妹は「天ぷら」を担当。まずは、「㊙デザート」の調査前に、てつじと山崎アナはメニューを見て、食べたいものをそれぞれ選んだ。

 てつじは「竹玉天明太釜バター」(1,210円、税込み)。そして山崎アナは、てつじから「自分の気持ちに素直でいいねんで。ディレクターの『こんなん撮りたい』とか無しで。自分の気持ちにストレートに。テレビ的に...とかやめてほしいねん」と言われていたが、迷うことなく「これが、すごく気になって!」とわりと、即決で「禁断の富蔵ブラック」(1,375円、税込み)をオーダーした。

独学うどん

20200929162256-af611ac0f64f6e81c53d6e71687cd37304337fef.jpg

 うどん担当の兄は特に「うどん修業」などをしていないという。この「独学うどん」が大好評となり、関西のうどん好きが選ぶ「関西の名店50店」に選出された。そして、てつじがその麺をチェック。見た目は「ピカピカで美しいです」。一口すすって「小麦のパワーがすごい。ゆっくり後から甘さがくる。めちゃめちゃ旨い!コシがあって喉で食べている感じ」と絶賛。

20200929162326-3e6e37df1810947fc98a2230e8f044f071c97bab.jpg

 次に山崎アナが「初食レポ」を。山崎アナがオーダーした「禁断の富蔵ブラック」とは、イカ墨のうどん。真っ黒なうどんが出てくるかと想像していたが、盛り付けは明太子がトッピングされた普通のうどんだった。それをかき混ぜると...。うどんの下にイカ墨のソースがあり、皿一面真っ黒に。"ひとすすり"すると、山崎アナは「おいしい!明太子とイカ墨がすごく合います」と感想を。視聴者としては、初の食レポと分かっているので、これ以上は求めない。

和菓子よりもおいしい!

 問題の「わざわざ作る㊙デザート」だが、ヒントとして「小麦粉を使用」「うどんと同じ生地で作る」「和風のデザート」という。

 20200929162446-0a36a09c503d7fbe93bc7022a564ef7cf67f3b55.jpg

 正解は......「黒蜜ときな粉をかけて食べるデザート」だった。「うどんの冷製黒蜜添え」(660円、税込み)。てつじは「和菓子よりもおいしい!」と言い、山崎アナは「おいしい!うどんに入っている塩気と甘さがちょうどいい」とコメント。

 では、なぜわざわざうどんの生地でデザートを使ったのか。その理由は「創作うどんのメニューが人気なので、うどんのデザートを作ればお客さんが喜ぶと思った」なんだとか。最後に新人の山崎アナの食レポについて、メインMCの大吉洋平アナウンサー(2008年入社)は「新人の山崎アナ、人生初めてのロケで、初めてモノを食べてテレビの前で言う感想が、2連発『おいしい』では、もうちょっと表現力を磨いてほしい」と、ダメ出しをしていた。

 一瞬「ヒヤッ」としたが、最後の最後に「と、西村(麻子)アナが言っていました」と、笑顔で付け加え、西村アナも「いえいえ!」と否定していたのでホッとした。

     ◇

 「わざわざグルメ調査隊」は情報番組「ミント!」(毎週月~金、午後3時49分放送)で毎週水曜日に放送している企画。「なぜ、わざわざこの場所で?」「なぜ、輝かしい経歴を捨てて店をオープンしたの?」など、気になる"わざわざ理由"をシャンプーハット・てつじが徹底調査。クイズ形式でその"わざわざの理由"に迫る。 

https://www.mbs.jp/mint/info/wazawaza/


バックナンバー

番組ページ