MBS 毎日放送

2019年09月11日 05時30分 公開

これぞ、理想のセカンドライフ!?「高級リゾートのようなカフェレストラン」

 地裏や僻地などで見かける飲食店に「なぜ、こんな場所で?」と不思議に思ったことはないだろうか。そんな飲食店のワケを探る「わざわざグルメ調査隊」は、夕方の情報番組「ミント!」の水曜日の人気コーナーでリポーターは“関西のグルメ王”として名高い、シャンプーハットてつじが務める。アシスタントは、辻沙穂里アナウンサー。9月4日(水)放送分の舞台は、岡山・日生町の人口340人(167世帯)、「日生諸島」最大人口の島「頭島」。「海を望む絶景で暮らす」「好きな趣味に好きなだけ没頭する」「仕事はオシャレなカフェ経営」などなど、いろいろなセカンドライフの理想を叶えた人がいるというのだが…

20190910115149-c73a5860be0ca98633a4e20543d3a67913ce1a89.jpg

 てつじと辻アナは「わざわざ保育園の園長からカフェオーナーに転職した」若槻一登(まこと)さん(57歳)を訪ねて、岡山・日生町へ向かった。日生町の名物は「カキオコ」(カキ入りお好み焼き)。島の基幹産業が「カキの養殖」だからだ。聞き込み調査の途中で出会った家族が向かっているというお好み焼き店「お好み焼き ふみ」に、二人も訪れることにした。そこの店員によると「それRebornちゃう?あちこち看板でてるよ。外輪海水浴場の近くで、保育園の園長さんがなんかされているみたい」との情報を入手。店では、一瞬しか「カキオコ」は映らなかったが、ソースの匂いが漂ってきそうで美味しいそうだったことは見逃さなかった。

20190910115356-b49fc2b6c67526b4779ca41a1a9be0b07aa28717.jpg

高級リゾート地みたい!!

 外輪海水浴場から看板を頼りに歩いて1分の所に「Cafe Reborn」はあった。突如、現れる感じで白塗りの建物が出てきた。眼下に望む海の絶景に「すごいな!すごい店来た!瀬戸内海を手に入れたみたいな店来た!」とはしゃぐてつじ。辻アナは「すごい!高級リゾート地みたい!」と声をあげた。2016年にオープン。一階は若槻オーナーの自宅で、瀬戸内海を一望できる二階がカフェスペースとなっている。店内には、ソファーが三つあり全席オーシャンビュー。辻アナが言ったように「高級リゾート地に来た」かのような絶景だった。

20190910115708-a64e7e7d1255fd5e20c684c1a6fa8051e8fb8fd5.jpg

絶品オリジナルコーラ

 早速、二人はバニラ、シナモン、ジンジャーエールなど数種類のスパイスを煮詰めたペーストを炭酸水で割った「オリジナルコーラ(1,000円、税込み)」と、カフェ自慢の「シーフードパスタ(1,000円、税込み)」を注文。自家製のコーラを飲んだ辻アナは「スパイスが効いていますね!」。シーフードパスタを試食したてつじは「上品なパスタ!濃厚なクリームソースがさっぱりとして美味しいです」と感想を。このパスタは、途中で和風ドレッシングをかけて「味変」をすると、さらに美味しくなるという。「元園長が出せるレベルではない!」とてつじ。

20190910115801-3deeb7da2f14af53140a97f09deb39d99f74494b.jpg

多島美

 この企画は、毎回てつじが「なぜ、わざわざオーナーはこの地で飲食店をしているのか?」見立てをする。今回の見立ては「元シェフで、園長やっていてもう一度人を集めたいからカフェをしている!」。オーナーの答えは「京都の城陽市で保育園の園長を務めていました。そこに10年くらいいまして『次の人生をここで終わらせたくないな』と思った時期に入りまして...」と、50歳になった時、オーナーはこう考えたと話す。

 元々はヨットが好きで滋賀県の琵琶湖で楽しんでいたというオーナー。「ここに来て知った言葉に『多島美(海に浮かぶ島々が連なる風景を形容した言葉)』という言葉がありまして、100年前に世界初の旅行会社を創立したトーマス・クックという人が、この海峡に来て『世界の宝だ!』といった。それがここに来たきっかけですね。LOVE 瀬戸内です」。

20190910120021-d0ac60193f14c7fee8ed49c014d5ab57b6c90d3c.jpg

 園長時代は、週末だけ日生でセーリングしていたというオーナーは、ある日セーリング中に気になる建物(廃墟)を発見。後にその廃墟でカフェをオープンさせることとなる建物に「一目惚れをした」と明かした。
そんな廃虚に一目惚れ?「商売されてホテルか何かをされていると思っていましたが、近くへ見に行くと...ボロボロだったけど、例えここで崩れてもその下敷きで死ねばそれもいいと思った」とオーナーは淡々と語った。

瀬戸内の海をシェア

 廃虚は、所有者から譲り受けて2013年から2年半かけて改装。その時、改装を手助けしてくれたのは全世界から「手伝いたい」と28カ国、104人も応援に来たという。オーナーは、「私は人が好きで、子どもの力を発揮させる遊びを中心とする保育園を設計していました。子どものみならず、本来の自分に戻って良い生き方ができる、そんな場所になればいいな」と熱く語り、最後に海をバックにテラスでサックスの演奏も。「自由な時間と、好きなことをして皆さんと楽しく過ごす。瀬戸内の美を皆さんとシェアしたい」と締めくくった。

このカフェがある「頭島」にはかつて船でしか行けなかったが、4年前に2本の橋が完成したため簡単に行き来できるようになったという。絶景&絶品料理が堪能できる「高級リゾート」のようなカフェは、秋の行楽にピッタリかも!? 一度訪れてみては?

「わざわざグルメ調査隊」は、情報番組「ミント!」(毎週月~金、午後3時49分放送)で毎週水曜日に放送している企画。「なぜ、わざわざこの場所に飲食店が?」など、"わざわざ"その場所で店を構える理由を、シャンプーハットのてつじが"わざわざ"その場所を訪れ調査する。
https://www.mbs.jp/mint/info/wazawaza/

バックナンバー

番組ページ