MBS 毎日放送

2018年08月23日 11時00分 公開

さんま不満でも、「野性爆弾」くっきーブレイクの理由

2018年上半期ブレイク芸人1位に輝いた野性爆弾のくっきー。これに「不満やねん」というさんま。その真意とは!?
8月20日放送の「痛快!明石家電視台」では、そのブレイクの秘密に迫る「実際どうなん!?野性爆弾」スペシャル。分析すると、くっきーブレイクの裏に「子ども」と「女性」の存在が!?

野性爆弾ブレイクにさんまが不満の一言
2018年上半期ブレイク芸人1位にくっきーが輝いた野性爆弾。さんまは「俺は出川とかが女の子に「キャ~」って言われるのも不満で、くっきーがこういう風になるのも不満やねんな。なんか違うコースを・・・裏道を歩いて欲しかったのが、ちゃんとしたど真ん中歩くようになってしもたやんか。くっきー(自身)も一番悔しいと思うよ。なんで俺こんな売れたんやっていう・・・」というと、くっきーは「裏道を無我夢中で走ってたら、気ぃついたら明るいとこおったんですわ」。これにはさんまも「運良かったなあ」。
ブレイクの理由にはいくつかあるが、まずはアートな一面が注目された点。異色の展覧会「超くっきーランド」が大盛況で、台北では1か月で10万人が見に行ったという。他の追随を許さない独自の世界を描くくっきーが、さんまら明石家メンバーの似顔絵を披露。基本上半身は裸で、乳房つきという異形の肖像画にスタジオは騒然!

野性爆弾くっきー「子ども」と「女性」に大人気!?
くっきーのブレイクの理由のひとつに絵の特技を活かした「絵描き歌が子どもに人気」という事実が。これは某番組で披露したくっきー扮するキャラクター「邦彦おじさん」が歌とリズムに合わせて描くオチのついた絵描き歌。山や湖を描きつつ、最後には「鳥のくちばしが眼球ギリギリに迫った」絵が完成。「危ないねえ~」とくっきー。さんまは「新しいな。ず~っとなかったもんな、絵描き歌って」と感心。実際、この絵描き歌に魅了された小学生と中学生の兄弟がスタジオに登場し、オリジナルの絵かき歌を必死で披露し、くっきーは「わぁ~ありがとう」と、うれしそうな表情に。
NSC同期の次長課長の河本は「(野性爆弾の)この2人はとにかく礼儀正しくてむちゃくちゃ優しいんですよ。くっきー的には嫌なことかも知れないけど...」と明かす。その証言者として登場したのは、福島県からやって来たというファン歴10年の女性の登場にくっきーは。それによると、9年くらい前のライブで「客を罵倒する」というコーナーがあったという。指名されてしまった彼女、「「うわ~俺、お前のこと絶対抱かれへんわ」とかすっごい悪口言われて、絶句しちゃったんですけど。あとから、「嘘だよ、ごめんね、ごめんね、抱きたいですよ、抱きたいですよ」と言ってくれて・・・」。この話にスタジオは「何の話?」と騒然、くっきーは赤面。が、そのギャップに「恋に落ちました。本当の恋に落ちました」とか。20歳の時に恋に落ちて以来10年。「宝物」というさまざまな品物を披露。「川島さんが飲んでいた飲み物」のサイン入り空き缶やを新品と交換してもらった汗まみれのタオルなど、に客席は「ひぇ~」。さらに「くっきーにしてもらいたいことがあれば・・・」と言われ、禁断のお願いを口にしてしまう。「マジ、かなわん」と困惑するくっきーに、さんまが「ハグかほっぺにチューか、どっちがええねん?」と助け舟を出すと、「ほっぺにチューがいい」と目を輝かせるファン。「こんなん俺、初めてや。マジで・・・」と困惑しつつも、女性ファンとの初公開(?)チューを披露。「何で正面向いてんねん! 横向けよ! 口誰がするかい!」と、言葉はちょっとぞんざいだが、頬にかかる髪をかき上げ、「目つぶれや。いくで」とチュッ。ファンに対するくっきーの「優しさ」がにじみ出た。

「痛快!明石家電視台」はMBSで毎週月曜午後11:56放送。
明石家さんまが関西で唯一収録している視聴者公開バラエティー番組。1990年4月スタートから来年で30周年を迎える。芸能人から素人まで幅広いゲストを迎え、間寛平、村上ショージのレギュラーに松尾伴内、雨上がり決死隊、中川家、次長課長、重盛さと美が週替わりで参加。関西ならではのトークが展開する!
https://www.mbs.jp/akashiya/

バックナンバー