MBS 毎日放送

2018年10月18日 16時30分 公開

愛の形は人それぞれ。さんまも「偉いな~」と感心する宝塚ファン

「清く、正しく、美しく」がモットーの宝塚歌劇団。そのファンは実際どうなん!? 
10月15日放送の「痛快!明石家電視台」では、客席に筋金入りの宝塚ファン52人が大集合。ゲストの元宝塚トップスターの紫吹淳と元娘役トップの実咲凛音を迎え、知られざる宝塚ファンのエピソードが飛び出した。
毎月7万円をつぎ込む元プロ野球選手や、ファンからマネージャーになってしまった人、宝塚が好きすぎて転職してしまった人など、さんまも驚く、さまざまなタカラヅカ愛の形が明らかに!

毎月チケット代が7万円!? 元プロ野球選手・福本豊氏の場合
スタジオに集まった52人のファンの最年長は70歳の福本豊氏。さんまの舞台も観に行っているそうで、「もともと舞台がお好きなんですよね?」とさんま。「ほんとは宝塚の大ファンで?」と聞くと、「いや、そうでもない」と返し、スタジオは「ええ~!?」。「嫁さんについて行ってるだけやから。それで観るようになって...」と言うが、1か月に6回~8回観に行くといい、「そんなに行くんですか?」とさんまもびっくり。「ついて行かなあかんから」と言い訳する福本だが、野球のない月曜日は必ず観劇しているとか。だいだい観るのは前の席というから、1回1万2千円で換算すると、月7万円あまりのチケット代に。

宝塚が好きすぎて転職してしまった元アナウンサーの場合
52人のファンの中で一番大劇場に通っているのは53歳の男性で、「だいたい年間80回以上行ってます」といい、ファンたちも「え~」。紫吹も「誰かいるんですか?ファンの人」と思わず聞くが、「全組まんべんなく...」なんだとか。宝塚だけでなく、博多や名古屋、東京にも観に行くという。ここまでくると「すごいなあ~」としか言えない。この男性、もともと山口朝日放送のアナウンサーから大阪支社長になったが、支社長の集いで観に行った時にハマってしまった。1年目で取りまくったチケットは55回。特に最後のパレードと言われる出演者全員が並ぶシーンでは「よく涙流してました。ほんとにきれいで。心が洗われます」という。宝塚を見るために転職までして、今は大学でアナウンスを中心に教えているのだとか。

紫吹淳のマネージャーになった!?ファンクラブ代表の場合
さんまが思わず「ばあや!?」と驚いたのは、紫吹淳のマネージャーの菅由美子さん。もとは紫吹淳の個人ファンクラブの代表で、お金の管理から身の回りのお世話まで紫吹を徹底的にサポートしてきた人。もともと不動産会社の経理担当をしていた頃に、宝塚好きが集まって観劇、「ダンスが素敵な人がいる。スタイルもいいし、まるで少女漫画そのまま」と思ったのがきっかけ。車で出待ちなどに来ていたら、当時のファンクラブの代表から、送り迎えの運転手に抜擢され、紫吹と個人的に話をするように。宝塚ではファンが送り迎えやお弁当などを差し入れるのが慣例だが、紫吹は「彼女にはもっといろいろやってもらってました。掃除とか洗濯とか...」と言い出し、さんまは「タダで?」とあきれる。菅さんは「夢を売る仕事だから、家のことはやらなくていいと思ってたんです」。ほかのファンクラブの代表経験者も、「プライベートの時間がほとんどないんです」というほどだから、ファンも大変。

真冬に12時間!命がけの出待ちしたファンの場合
多くのファンが並ぶ、入り待ちと出待ち。なんと真冬に12時間出待ちした経験があるファンも。「さすがに身の危険を感じて、身体に新聞紙を巻いて、段ボールを巻いて...その下にプチプチを巻くと完璧です!」と実際に当時のスタイルを披露。さんまは「芋虫!」と大笑い。ほかにも素顔のスターを一目見ようと、ある場所を発見したファンが。「大劇場が休みの水曜日にタカラジェンヌを阪急うめだ本店で見かけることが多いんです」。これに紫吹が、「宝塚はスタイリストさんいないんですよ」といい、「歌劇」や「グラフ」という宝塚専門雑誌の取材を受ける時は、自前の衣装で自前のメイクなので、その時に着る洋服とかを休みの日に買うといい、実咲も「けっこう爆買いしますね~」。ちなみに、宝塚ファンはタカラジェンヌを見かけても「お休みなのでゆっくりしていただきたい」から、声をかけたり、サインや写真のお願いは一切せず、遠目から見ているだけだとか。これを聞いたさんま、「偉いな~宝塚ファンの人」と感心。心に決めたスターにひたすら尽くし、静かに見守る...それが宝塚ファンの美学だった。

「痛快!明石家電視台」はMBSで毎週月曜午後11:56放送。
明石家さんまが関西で唯一収録している視聴者公開バラエティー番組。1990年4月スタートから来年で30周年を迎える。芸能人から素人まで幅広いゲストを迎え、間寛平、村上ショージのレギュラーに松尾伴内、雨上がり決死隊、中川家、次長課長、重盛さと美が週替わりで参加。関西ならではのトークが展開する!
https://dizm.mbs.jp/title/?program=akashiya

バックナンバー