MBS(毎日放送)

矯正歯科が突然閉院「ワイヤーついているんだけど...」80万円一括払いしたのに一度も治療受けていない人も 治療は?お金は?放り出された患者たち「怒りしかない」「楽しみにしてたのに」

特命取材班 スクープ

SHARE
X
Facebook
LINE

 今や身近となった矯正歯科治療。長期間の治療になるほか、費用は基本的に保険適用外となる。そんな中、高額を払って矯正歯科治療を受けていた500人もの患者たちが、治療途中に裏切られてしまうトラブルが起きた。矯正歯科が突然事業を停止したのだ。被害の実態に迫った。

Aさん「怒りしかない」140万円支払い治療中に『事業停止のお知らせ』

 (Aさん)「幼いころから歯並びは悪かったので矯正したいなとは思っていたんですけど、ちょっとおかしいんじゃないかなって怒りしかないです、今」

 怒りの声をあげるのは大阪市内に住む30代のAさん。2020年から歯の矯正治療を行っていて、これまでに支払った額は約140万円だ。そんな中、今年1月に突然、ある1通のメールが届いた。
2.jpg
 【メールより】「事業停止のお知らせ 多額の債務を負担し、事業の継続が困難となったことから、破産申立てを行うこととなりました」
3.jpg
 (Aさん)「破産申し立てをするってなって。え、今私ワイヤーがついているんだけど…と思って。病院行っても歯科が閉まっているので、これからどうしようと頭が真っ白でした」

 Aさんが通っていた大阪・ミナミの一等地にある矯正歯科から突然、事業停止の連絡が届いたのだ。
4.jpg
 8年前にできたこの矯正歯科。理事長はこれまで矯正治療に40年以上関わり、6000人以上の患者を担当した実績がある。ワイヤー矯正やマウスピース矯正などさまざまな治療を売りにしていた。

 今後の治療がどうなるのか、Aさんが矯正歯科を確認しに行った際にAさんが撮影した映像では…。

 (Aさん)「中が全然見えないようになっていますね。こっちの方が新しくできた増設されたクリニックです。こちらも中が見えないようになっていますね」

 この矯正歯科は患者に対して、クリニックを増設して事業を拡大していくと説明していたという。しかし事業停止の理由はいまだ一切説明されておらず、患者は治療途中で放り出され、支払ったお金も戻っていない。

Bさん「80万円で一括契約」の1か月後に事業停止…一度も治療を受けられず

 被害を訴える人は他にもいる。

 (Bさん)「12月の半ばに全額一括で入金して、80万円弱くらいですね。頑張って貯めてきたお金でしようと思って、もうずっと楽しみにしていて…」

 20代のBさん。マウスピース矯正を始めようと貯金してきた約80万円で一括契約した。しかし、その1か月後に事業が停止され、一度も治療を受けることができなかった。

 (Bさん)「破産するのが決まっていたのかなと思って。それなのに契約させて。そのストレスで突発性難聴にもなってしまって、片耳が耳鳴りがずっとしていて」

 この矯正歯科に通っていた患者は約500人にも及ぶ。
7b.jpg
 60歳近くになって矯正を始めた人や、子どもに矯正をさせていた人など、被害を訴える人は多岐にわたる。
8.jpg
 厚生労働省の調査では歯科矯正に訪れる患者数は今や約93.3万人。その数はコロナ禍前の2017年に比べて2020年には増加していて、10代前半が2倍以上に、30代前半も2.4倍と、全ての年齢層で需要が高まっている。

事業停止後に多くの患者が来た歯科「治療があまり進んでない患者が結構な割合でいる」

 大阪を中心に16の矯正歯科を運営する大阪矯正歯科グループ。ミナミの矯正歯科が事業を停止したことで、多くの患者が駆け込んできている。
9.jpg
 (医療法人真摯会 松本正洋理事長)「私どものところにも100人くらい来られました。やっぱり同業者としてはすごく残念な感じですね」
10.jpg
 矯正治療は歯科医によってやり方などが変わってくるというが、事業停止したミナミの矯正歯科の患者にはある特徴があるという。

 (医療法人真摯会 松本正洋理事長)「すごく残念ですが、矯正治療で2年たっているけれどもまだあまり進んでいないという方が結構な割合でおられて、一からとまでは言いませんがややそれに近い形でやり直さないといけないというご説明は結構させてもらいました」

 長期間の治療で高額なお金を支払ったにもかかわらず、一からの治療を余儀なくされる患者もいたのだ。
12.jpg
 取材を進めると、実は事業停止した矯正歯科の理事長は、2007年に京都でも医療法人を自己破産させていたことがわかった。なぜ再び自己破産してしまったのか。理事長が住む家を訪ねたが、現在は人の姿はなく応答もなかった。

理事長の息子「自己破産するのは本当に知らなかった」

 しかし取材班は、ミナミの矯正歯科で一時は共に働いていた歯科医でもある理事長の息子に話を聞くことができた。

 (記者)「患者で困っている方がたくさんいらっしゃるんですけれども、それについてはどういうふうに受け止めておられますか?」
 (理事長の息子)「患者さんに関してはすごくかわいそうだなと思いますけど、そりゃ。(理事長は)器用だなと思っていましたけどね。上手だなと思っていましたけど」
 (記者)「お金の件で困っているという話はなかった?」
 (理事長の息子)「僕は自己破産するのも本当に知らなかったんですよ。税理士さんから聞いて知ったんですよ。父とは本当に1年ちょっと連絡をとっていなかったので。お金のことはまったく僕は知らなかったんですよ。うまくいってるものだと思うじゃないですか、あんなふうになっていたら。たぶん父としてもプライドがあったんじゃないかなと思って、僕に言ったら恥ずかしいみたいな。ひとまず謝罪はするべきだと思いますし、経営責任はもちろんあると」

 矯正歯科を運営していた医療法人の代理人弁護士は取材に対して「コメントをすることはできません」としている。

自己破産しても免許に影響なし 専門家が指摘する“制度の問題点”

 矯正歯科のトラブルに詳しい加藤博太郎弁護士は今回の件についてこう話す。

 (加藤博太郎弁護士)「破産する直前に大きなお金を一括でもらってしまうということについては大きな問題があると思っています。場合によっては詐欺などの罪に問われる可能性もあると思います」

 そのうえで歯科医師は自己破産しても免許に影響がなく、新たに開業できてしまう現在の制度に問題があるのではないかと指摘する。

 (加藤博太郎弁護士)「前払いのものっていうのは後からお金が入ってこないので、次から次へとお客さんを取り続けないといけないんですね。なので自転車操業になりやすい。弁護士や公認会計士のような資格職は破産すると資格を失うんですけれども、歯科医師についてはそうではありませんので。前払いの治療はできないとかそういった規制をすることは考えられますよね」

 きれいな笑顔を見せたい。人生を左右する大切な治療だからこそ、その思いを裏切ってはいけない。

2024年02月22日(木)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

『診療報酬マシマシ』疑惑の歯科医院「子どもは自己負担500円」助成制度を悪用して不正請求か 理事長X氏を直撃取材すると「退職した担当者が...」

2024/04/03

朝9時出勤の当直医師が帰ったのは...翌日の午後7時半だった『医師の過酷実態』2割が過労死ライン超え「仕事増えるけど人増えない...病院の努力だけで解決は絶対不可能」

2024/03/27

【子ども連れ去り】その実態「居場所がわからない苦しみ」突然家から閉め出された女性 元夫は虐待を主張...女性は親権を得られず「こんなことがまかり通るのは絶対におかしい」

2024/03/21

ホストに依存する女性たち「衝動のコントロールが苦手...」借金6000万円になり精神科病院の管理下で治療 『売掛』に苦しみ"風俗店に出稼ぎへ"という女性も

2024/03/07

矯正歯科が突然閉院「ワイヤーついているんだけど...」80万円一括払いしたのに一度も治療受けていない人も 治療は?お金は?放り出された患者たち「怒りしかない」「楽しみにしてたのに」

2024/02/22

「いじめを通り越して殺人」母親が知った中3息子自殺の実態「死ね」「非人権」SNS匿名書き込み 『本人含まないLINEグループ』での誹謗中傷も...第三者委が異例のいじめ認定

2024/02/14

救済制度の審査に『1年半待ち』ワクチン後遺症訴える患者「症状の苦しみ」と「医療費」の負担「推奨した責任として患者に寄り添うのは最低限取るべき姿なのでは」

2024/02/08

自殺した26歳医師は『100連勤・月200時間超の時間外労働』 1年半以上がたつも病院側から説明はなく...「どうすれば息子の死に向き合う態度をとってくれるのか」遺族が院長らを提訴

2024/02/03

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook