MBS(毎日放送)

15年間で『1億6000万円以上』献金...山上徹也被告の母親と同じ教区の元信者 旧統一教会の元職員が語る「尋常ではない献金額の実態」

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE

 去年7月に奈良市で安倍晋三元総理が演説中に銃撃された事件。1月13日、奈良地検は山上徹也容疑者(42)を殺人と銃刀法違反の罪で起訴した。山上被告は犯行動機として「旧統一教会への恨み」を語っている。取材班は約半年にわたって「旧統一教会の献金の実態」を取材。なぜ山上被告は犯行に及んだのか、その背景に迫った。

山上被告『旧統一教会を恨んでいる』…母親は「1億円超を献金」

 1月10日、山上徹也被告が精神鑑定を終えて5か月半ぶりに姿を見せた。わずかな時間だったが、見た目からは特に変わった様子はないように見受けられた。
2.jpg
 一体なぜ、あの日、犯行に及んだのか。取材班は半年にわたって取材を続けてきた。

 2022年7月8日、多くの支援者らが集まる中、安倍晋三元総理が演説を行っていた。その時…2回の爆音が鳴り響き、安倍元総理はその場に倒れた。

 山上被告が警察に犯行動機として語ったのは「旧統一教会への恨み」だった。

 (山上徹也被告)
 「母が旧統一教会に多額の献金をし、お金がなかった。難病の兄が十分な治療を受けられず、苦しんで自殺した。私も大学に行くことができなかった。旧統一教会を恨んでいる」

 旧統一教会と安倍元総理に強いつながりがあると考え、犯行に及んだとみられている。取材によると、山上被告が11歳のころ、1991年に母親が旧統一教会に入会している。
3.jpg
 当時について、山上被告の伯父は次のように話した。

 (山上徹也被告の伯父)
 「入会動機ですね。昭和59年末(1984年)に夫が自殺しているんですよね。長男は抗がん剤投与によって右目を失明しているんですよ。そのころは母親がフラフラだったんですよ」
4.jpg
 母親はどのようにして教団にのめり込んでいったのか。入会して数年が経った時のことを大学時代の知人が記憶していた。

 (母親の大学の友人)
 「夫が自殺して家庭がとっても苦しかったけれど、宗教で救われたと。初めてその宗教のビデオを見て涙が止まらなかったと。『やめたほうがいいんじゃない』という話をしたと思うんですよ。でも彼女は心酔しきっていた」

 母親は奈良の教区に所属。献金は総額1億円を超え、山上被告が21歳のころ、2002年に自己破産した。

『先祖さまが苦しんでいるから助けてあげないと…』元信者が語る「献金要求の実態」

 取材班は山上被告の母親と同じ時期に奈良の教区に所属し多額の献金をしていた元信者(90代)に話を聞くことができた。

 (元信者のAさん)
 「(献金は)今から思ったら脅迫やったね。その時はそんなに感じなかったけどね。私以上の人もいてはったからね」

 入会のきっかけは、見知らぬ女性たちがある日、自宅を訪ねてきたことだった。

 (元信者のAさん)
 「『手相を見てあげるよー』って言うたんかな。(Qその時には宗教ですよとは?)そんなん全然なし」
6.jpg
 それから1年後、2005年に女性らから旧統一教会だと初めて明かされ、Aさんは入会。子どもに障がいがあることや、親族が離婚していることなどを理由に献金を要求され続けたという。

 (元信者のAさん)
 「とにかくサタン、サタンがつく。『先祖さまが苦しんでいるからそれを助けてあげないと家族みんなが苦しむ』と。怖かったね」

 いつしか、山上被告の母親と同じように献金額は1億円を超え、約15年間で献金総額は1億6000万円以上にのぼった。
7.jpg
 献金以外にAさんが教団の信者に誘われて購入したものもある。装飾品のブランド名は「クリスティーナ・ハン」。現総裁の韓鶴子氏がデザインしたと説明を受けた。

 (元信者のAさん)
 「これが宴の時、735万円。これが105万円。これが150万円やった。娘にプレゼントするのに買えと言われたな」

献金の名目は「世界貢献」「先祖解怨」

 息子の説得もあり、Aさんは入会から約15年後に脱会。これまでの献金を返すよう教団に求めた。すると、教団から“ある文書”が手渡された。教会側から提出されたのは「献金詳細」という文書。そこには献金した日時と、「世界貢献」「先祖解怨」など名目が事細かに記されていた。Aさんが主張する1億6000万円余りの献金のうち、7000万円余りを返すことで合意した。
9.jpg
 (Aさんの息子)
 「返金の時のやりとりなのですが、母が信仰を持って献金をしたということではなく、それを確かめもせずにどんどんお金をお願いしたのは申し訳なかったと認めた」
10.jpg
 実際の交渉のやり取りが教団担当者の許可を得て録音されている。

 【教団担当者の音声より】
 「心を傷付けることがあったと思うんですけど、申し訳ないなと思っております。本当に心の深いところまでできずに急いできたところがあったのは事実かなと」

 一部は返金されたが、Aさんの長女とは献金が原因で絶縁状態になり、家族関係は崩壊したままだ。
 
 (Aさんの息子)
 「(一部の献金が)返ってきたからといって、彼らを許せるとか彼らに対して理解ができるとか納得したということは全くなく、被害を受けた心、被害を受けた家族、被害を受けた年数というのは返ってこない」

元教団職員『先祖解怨の献金の額が尋常ではなかった』

 山上被告の母親と同じように家族の病気などを持ち出され、多額の献金をしていた実態。長年、教団の問題に取り組んできた「全国霊感商法対策弁護士連絡会」の加納雄二弁護士は次のように話す。

 (全国霊感商法対策弁護士連絡会 加納雄二弁護士)
 「人の不安をあおって限りなく財産を収奪する。やめれば地獄に落ちるというかたちで教団に縛り付けるわけですね。そこに(信者の)自由意志などということが働く余地は全くありません」
12.jpg
 これまでの取材に教団は「2009年のコンプライアンス宣言以前は、一部の信徒による霊感商法があったが、宣言以降は霊感商法や献金の強要はない」としている。

 一方、教団に2010年代まで勤めた元職員の男性が電話取材に応じた。今も信仰心はあるが、教団とは距離を置いているという。

 (元教団職員の男性)
 「2009年以降も信徒に対する献金は何も変わらずに行われていたと。変わったのは物販がされなくなっただけ。信仰の中心が献金になってしまっていた」

 コンプライアンス宣言以降も、先祖の呪いを解く「先祖解怨」という名目で献金を要求することが絶えなかったと話した。
13.jpg
 (元教団職員の男性)
 「先祖解怨の献金の額が尋常ではなかった。不安や恐怖心をあおっていたかは、当時の職員の立場からはそういう自覚はたぶんなかったんじゃないかと思いますけどね。何ですかね、焦燥感というんでしょうか。追いやっていることになっていたんじゃないかと」

 1月13日に殺人罪などで起訴された山上被告。事件の全容はどこまで解明されたのだろうか。

2023年01月13日(金)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

「全財産を田辺市にキフする」紀州のドン・ファンの遺言書は有効?それとも無効か...「筆跡」「動機」が争点に 今週、注目の判決が言い渡される

2024/06/17

ニュース週間アクセスランキング【2024年6月7日~6月13日】MBS NEWS DIG

2024/06/14

狭小でも『天井が高い』部屋は開放感アップ!建坪9.4坪、建築家の自宅づくりに学ぶ「気積(きせき)」のスゴイ効果!【住人十色】

2024/06/14

子育てに息抜きを...子どものショートステイができる一軒家「リフレッシュでも仕事したいでも気軽に頼って」 ママたち「よく寝ました」「SOS出せるところがあってよかった」

2024/06/14

【カツめし】陸自飯グランプリ1位の味「陸上自衛隊 伊丹駐屯地」食堂めし

2024/06/13

「カップラーメン塩」ひたすら試してランキング ワンタン麺や函館塩ラーメン、明星や日清など14種ガチンコ対決!予約のとれないラーメン店の店主が思わず「悔しい」とつぶやいた1位は?【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/06/12

『梅干し界の坂本龍馬になる』食品衛生法の改正で梅農家が危機!?販売を取りやめた作り手も "伝統の梅干し"守ろうと立ち上がった梅ボーイズ

2024/06/10

元横綱・白鵬に"恩返し" 横綱の夢を断念した24歳の元力士...第二の人生も舞台は「土俵」 日本文化を発信する『相撲ショー』に出演

2024/06/09

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook