MBS(毎日放送)

戦力外通告受けた元Jリーガーが「JFL所属クラブ」で再起誓う!昇格に必要な『2つの絶対条件』乗り越えて再び夢のJリーグの舞台へ

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE

 1991年に設立されたサッカーチーム「奈良クラブ」。現在はアマチュアトップリーグのJFLに所属しています。今回、取材班はこのチームで再び“夢のJリーグの舞台”を目指す元Jリーガーのキャプテンに密着しました。

JFLに所属の奈良クラブ キャプテンは元Jリーガー・小谷祐喜選手

 11月5日、「横浜F・マリノス」が5度目の優勝が決めたJリーグ。その夢舞台を目指すサッカーチームがあります。今年で設立31年を迎える「奈良クラブ」です。アマチュアのトップリーグ「JFL」に所属していて、選手の多くが元Jリーガーです。
n7.jpg
 守備の要でキャプテンの小谷祐喜選手(31)もかつてはJリーガーでした。

 (奈良クラブ 小谷祐喜選手)
 「みんながみんな個性があってすごく良いチームやと思う。声やったりジェスチャーやったりでチームを統率しています」
n9.jpg
 高校時代は全国大会に出場し、日本高校選抜に選ばれるなど輝かしい実績を残した小谷選手。大学卒業後、Jリーグ「セレッソ大阪」に入団しました。その後、Jリーグクラブを転々としながらも、ピッチで身体を張るプレーはどのクラブでも重宝されました。

 しかし、プロ8年目、徐々に出場機会を失い、2年前、29歳で戦力外を言い渡されました。

 (小谷祐喜選手)
 「ゼロ円提示(戦力外通告)を受けたときは本当に泣きましたね。家族の前で泣いたのは初めてかな」
n16.jpg
 小谷選手は5年前に学生時代から付き合っていた真里さんと結婚。いまは2人の子ども(長男・唯斗くん 次男・奏斗ちゃん)がいます。「家族のためにも新たな道を探そう」と考えていたといいますが、真里さんは…。

 (妻・真里さん)
 「本人はただただサッカーをしたいんだろうなと。でも、きっと私たちのことを思ってサッカー選手をやめて普通の仕事をしようと考えているんじゃないかなっていうのが、何も言葉では言わないけどそう伝わってきたというか。本当に体が限界でやり切ったと思うまでやってもらえたら良いなと思いました」
n18.jpg
 こうした中で届いた奈良クラブからのオファー。チームと一緒にJリーグへ這い上がる。その決意と共に今年8月、次男の奏斗ちゃんが生まれて新たな夢もできました。

 (小谷祐喜選手)
 「一緒に入場とかもしたいんですよ、選手入場。それがJリーグのピッチやったら最高やなぁと思いながら。まだまだやめられへんなぁと思っています」
n24.jpg
 ただ、Jリーガーだった頃と比べて収入は4割減。いまはサッカースクールのコーチもしながら生計を立てています。

 【サッカースクールでのやりとり】
 (小谷選手)「みんな、大人になったら何になりたいん?」 
   (生徒)「サッカー選手!」
 (小谷選手)「Jリーガーになりたいやんな?コーチもJリーガーになりたいねん。奈良クラブが上がったらコーチもJリーガーになれるから、みんなと夢は一緒。だからみんなと一緒にコーチも頑張ろうと思います」

昇格の絶対条件は2つ『4位以内の成績』『平均2000人の入場者数』

 その奈良クラブは初めてのJリーグ昇格が目の前まで来ていました。昇格するための絶対条件は2つ。1つ目はJFL4位以内(※Jリーグ参入を目指すチームの中で上位2チーム)という成績です。このときの順位は3位で、条件を満たしています。

 2つ目が観客数。ホームゲームの1試合で平均2000人以上を集める必要があり、達成できなければいくら勝ってもJリーグには上がれません。去年、JFLで最低の90人を記録した奈良クラブにとってはこれが高いハードルです。
n32.jpg
 今年9月、近鉄生駒駅に選手らの姿がありました。残り5試合、まだ観客数が条件に達しておらず、選手らは試合に関するビラを市民に配布していたのです。

 (ビラ配りをする小谷選手)
 「奈良クラブです。Jリーグ目指してやっています。土曜日に試合があります。ぜひ、来てください」

 (小谷選手)「あとホームゲーム5試合で2万人近くの人が必要で。今、順位は昇格の圏内にいるんですけど、5試合で2万人なので、1試合4000人…」
   (市民)「ぜひ、行かせていただきます」
 (小谷選手)「ありがとうございます。よろしくお願いします。僕たちも頑張ります」
000.jpg
 この日、1時間半かけて1000枚のビラを配った小谷選手たち。こうした地道な努力が実り、9月23日の試合では5261人、9月30日の試合では1269人と、試合を重ねるごとに観客数を積み上げていきます。残り3試合で約1万3000人となり、待望のJチーム誕生にファンの期待も高まります。

 (奈良クラブのサポーター)
 「チームだけじゃなく町も盛り上がっている空気がすごいので、今年は何としてでも上がらないとあかんなと」
 「(小谷選手は)キャプテンとしてすごく統率をとってくれてリーダーシップを発揮してくれる素晴らしい選手だと思います。一緒にJリーグに上がって、もう一度Jリーガーにさせてあげたい。それを後押ししているのが僕たちだと思います」

“キング・カズ”との試合でJFL過去2番目の観客数を記録

 10月23日の試合には、思わぬ救世主が現れます。「鈴鹿ポイントゲッターズ」所属の“キング・カズ”こと三浦知良選手です。カズ率いるチームとの対戦で、この日の観客数はなんと1万4000人超え。JFL過去2番目の多さになったのです。“カズ効果”もあって観客数という大きな壁をクリアすることができました。
n53.jpg
 奈良県初のJリーグクラブ誕生へ。もう1つの条件、4位以内がクリアできれば夢が現実になります。

 (小谷祐喜選手)
 「観客という部分では達成したというか、皆さんの力のおかげでできましたけど、まだ昇格はつかめていないので。あとは結果という部分で、皆さんと一緒にですけど、プレーするのは選手たちなので、僕らがしっかり(昇格を)つかみ取らないといけないなと思っています」

勝てば昇格決定の一戦…運命が決まった“後半41分”

 11月5日、勝てば文句なしに昇格が決まる運命の一戦。妻の真里さんや子どもたちもスタジアムに駆けつけます。

 (妻・真里さん)
 「きのうの夜はドキドキして寝られなかったんですけど、ついにこの日がきたのかなと思ってひたすら応援したいと思います」
n62.jpg
 3579人のサポーターの前で悲願達成へ。ヴィアティン三重との試合が始まりました。しかし、その思いと裏腹にゴールは遠く、時間だけが過ぎていきます。
n63.jpg
n68.jpg
 試合が動いたのは後半41分。奈良クラブの選手が放ったシュートがゴールへ一直線、先制します。その後は相手の攻撃からゴールを守り切り試合終了。奈良クラブは悲願のJリーグ昇格を決めました。
n79.jpg
 返り咲いた大舞台。奈良で描いた夢の第二章はこれから始まります。

 (試合後に家族と会う小谷選手)
 「唯斗、勝ったぞ!パパJリーガーや」

 (小谷祐喜選手)
 「まだ実感がわかないですけど、つかみ取れたんやなって少しずつ感じてくると思います。あのときにやめてしまっていたらこういう経験もできなかったし、こういう感情も生まれなかったし、やっぱりやり続けることは何があるか分からなくて大事なことやなと改めて思いました」

2022年11月15日(火)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

『奈良の観光は、安い・浅い・狭い』マイナス面を三拍子で...こんな結論は誰が作った?奈良県観光戦略本部に聞くと

2024/05/18

ニュース週間アクセスランキング【2024年5月10日~5月16日】MBS NEWS DIG

2024/05/17

【カツめし】下町オカンの人情鉄板焼き 昭和20年創業!祖母から孫へ3世代で紡ぐ味 神戸・兵庫区「お好み焼 ひかり」

2024/05/16

格闘家に愛されるケーキ店!?減量中に食べる「筋肉カステラ」とは 店主は試作を繰り返して「40kgくらい太りました...」 母の日でにぎわう店内を定点観測

2024/05/16

「ペットも家族として弔いたい」転職して『ペット火葬』立ち上げ...メダカ・チンアナゴ・ウーパールーパーも遺骨を残す火葬 利用者「メダカだからとバカにせず扱ってくださってうれしかった」

2024/05/16

『返済30億円?利息が年1.5億円?』水原一平被告の今後...国際弁護士が解説「自己破産でも犯罪収益金や罰金はチャラにならない」大谷翔平選手が『お金はいいです』といった場合は?

2024/05/16

「食器用洗剤」ひたすら試してランキング 3位はワンプッシュで皿7枚『ロケット石鹸』2位は『P&Gジャパン 除菌ジョイ逆さボトル』、驚異の1位は?【MBSサタデープラス 独自ランキング】

2024/05/15

『スマホ写真見せて!』外国人観光客が驚く日本を調査...定番「奈良の鹿」「富士山」だけじゃない「どこにでもあるマシン」や「あるスプレーデザイン」まで

2024/05/14

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook