MBS(毎日放送)

「あいまいな方法で販売するのは僕らからすると悲しい」 ユッケで女性死亡...厳しい基準守る店に聞く提供ルール『包丁・まな板・シンクも専用』

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE

 「ユッケ」を食べた高齢女性がO157で死亡した問題。ユッケを安全に食べることはできないのでしょうか?

 8月27日に京都府宇治市の精肉店のユッケを食べた90代の女性が、「O157=腸管出血性大腸菌」による食中毒で死亡しました。さらに男女12人からも「O157」が検出されました。

 今回、問題となったのは許可なくユッケを提供したことです。ユッケを提供するためには、食品衛生法に基づく京都府のルールで、保健所への届け出(申請)が必要です。しかし、この店ではこの届け出をせずに、“加熱している”として「レアステーキ」という商品名で販売していました。また販売していた肉も生食用ではありませんでした。

 この届け出のほかにもユッケにはかなり厳しいルールがあります。

 京都市中京区にある焼肉店「焼肉ダイニング甲 京都押小路本店」は、17種類のユッケを看板メニューに掲げていて、保健所からの許可も取って提供しています。客にユッケを提供することは容易ではないと話します。
20220921_kai_yukke-000122601.jpg
6.jpg
 (焼肉ダイニング甲 孫卓磨さん)
 「こちらが生食専用のまな板と包丁で、こちらが生食用のシンクになっています。(Qどうして分けている?)他の食材から菌が移らないように使い分けをしています。(他の肉とは)別にシンクや作業場が必要なのでスペース的にかなりロスがありますね」

 こうした徹底が必要になったのは11年前の事件がきっかけでした。2011年、富山県などの焼き肉チェーン店でユッケを食べた客5人が死亡。この集団食中毒事件をきっかけに国は罰則付きの厳しい基準を作りました。他の肉とユッケの調理場を完全に分け、しかも導線も分けるのがルールですが、簡単なことではありません。

 厳しい基準を守ってユッケを提供する「焼肉ダイニング甲」。早めに食べてほしいということだけでなく、子どもや高齢者などは食べるのを控えるよう呼びかけています。

 (焼肉ダイニング甲 孫卓磨さん)
 「僕たちも万全を期して加工処理しているんですが、やっぱり一定のリスクはありますので」

 ユッケの提供を慎重に行う中で今回京都府で起きた食中毒については次のように話します。

 (焼肉ダイニング甲 孫卓磨さん)
 「僕たち基準を守って提供していますので、あいまいな表現や方法で販売されているのは、僕らからすると悲しいなと思います」

2022年09月21日(水)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

【大雨に警戒】18日(火)にかけて九州南部と四国で線状降水帯発生のおそれ/ 梅雨入りが遅れると雨量は短期集中?【MBSお天気通信】

2024/06/17

「殺処分される不幸な猫を減らしたい」不妊去勢手術の普及図る獣医の奮闘 糞尿・鳴き声に悩む"野良猫あふれる島"で出張手術

2024/06/17

「全財産を田辺市にキフする」紀州のドン・ファンの遺言書は有効?それとも無効か...「筆跡」「動機」が争点に 今週、注目の判決が言い渡される

2024/06/17

ニュース週間アクセスランキング【2024年6月7日~6月13日】MBS NEWS DIG

2024/06/14

狭小でも『天井が高い』部屋は開放感アップ!建坪9.4坪、建築家の自宅づくりに学ぶ「気積(きせき)」のスゴイ効果!【住人十色】

2024/06/14

子育てに息抜きを...子どものショートステイができる一軒家「リフレッシュでも仕事したいでも気軽に頼って」 ママたち「よく寝ました」「SOS出せるところがあってよかった」

2024/06/14

【カツめし】陸自飯グランプリ1位の味「陸上自衛隊 伊丹駐屯地」食堂めし

2024/06/13

「カップラーメン塩」ひたすら試してランキング ワンタン麺や函館塩ラーメン、明星や日清など14種ガチンコ対決!予約のとれないラーメン店の店主が思わず「悔しい」とつぶやいた1位は?【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/06/12

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook