MBS(毎日放送)

【記者会見の全容】「全国霊感商法対策弁護士連絡会」の会見『夫からの暴力』『自己破産』旧統一教会の二世信者も出席し"苦悩" 語る

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE
  

 安倍晋三元総理が銃撃され、死亡した事件では、7月11日に「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」が記者会見。すると翌12日に、旧統一教会による霊感商法被害の根絶や被害者の救済を目的に活動している「全国霊感商法対策弁護士連絡会」が、都内で記者会見を行いました、その主な内容をまとめました。

本日の会見の趣旨が記載されている声明文を読み上げさせていただきます。

1 山上被疑者が、安倍晋三元首相を死に至らしめた今般の卑劣極まりない行為は、いかなる理由があろうとも決して許されないことです。当会は、安倍元首相のご冥福を心からお祈り申し上げます。

2 山上被疑者の母親が統一教会に多額の献金をし、家庭を崩壊させられたことへの恨みが今回の事件の動機であるという報道が事実だとすれば、同被疑者が母親の常軌を逸する統一教会への献金をはじめとした忠実すぎる活動のためどんなに苦しんできたことか。多くの元信者やその家族、二世信者の苦悩や葛藤、生活の困窮などの悩みに接してきた当会としては、かねてよりこのような実情について心から憂いてきたことであり、その意味で、山上被疑者の苦悩や教会に対する憤りも理解できます。家庭を崩壊させる統一教会の活動について行政も政権を担う党の政治家もこの30年以上何も手を打ってきませんでした。今回の行為は決して許されることではありませんが、こうした問題に対し社会としてどう取り組むべきかが改めて問われているとも思います。

3 安倍元首相が、統一教会やそのダミー組織のひとつである天宙平和連合(UPF)などのイベントにメッセージを発信することを繰り返し、特に昨年9月12日の「神統一韓国のためのTHINK TANK2022希望前進大会」(UPFのWEB集会)でビデオメッセージを主催者に送り、その中で文鮮明教祖(2012年死去)の後継の教祖・韓鶴子氏に「敬意を表します」と述べたことは、統一教会のために人生や家庭を崩壊あるいは崩壊の危機に追い込まれた人々にとってたいへんな衝撃でしたし、当会としても厳重な抗議をしてきたところです。政治家の皆様が政治的信念にもとづいて意見を述べ行動されることについて当会として異をはさむものではありません。しかし、その献金・勧誘行為や信者獲得手法について繰り返し違法である旨の判決が下されている統一教会やそのダミー組織の活動について支持するような行動は厳に慎んで頂きたいと改めて切実にお願いいたします。

4 統一教会の霊感商法の手口による金銭収奪行為や正体を隠してビデオセンターに誘い込んで信者にしていく行為が、信者となった者やその家族の人生を狂わしあるいは狂わしかねないものであることについて、少しでも理解して下さるよう願います。

そして最後、声明5ですが、今回の事件や報道、SNS等の投稿によって、傷つき、苦しむ統一教会の現役信者、特に二世の信者、あるいは三世の信者の方が存在することを念頭に置いていただきまして、取材、報道、投稿は非常にありがたいことでありますけれども、慎重にされることを望みたいと思います。続きまして、代表世話人の山口先生の方から、本件についてコメントさせていただきたいと思います。

(山口広弁護士)
「今日の会見設定を弁護団で決めた理由はですね、この声明に掲げています2と3と4につきます。もちろん、安倍先生への許されない行為、これは本当に断じて許されない、そう思います。しかしながらご理解いただきたいのは、統一教会信者の親の理解を超えた献金行為やあるいは、統一教会の方針に従ってですね、合同結婚式に参加して、メシアが指名した、あるいは統一教会が選んだ異性との結婚、合同結婚式への参加を親から強いられて、拒否できずにしてしまった、そういう二世の人たちの苦しみがですね、どんなにつらいものかと。特に、親がなぜそのようなことをしたのかってことについてですね、理解できないわけですよ家族は、その家族がどんなに苦しいのかということについてですね、ぜひご理解いただきたい。しかし許さないことです。許されないことですが、それはご理解いただきたい。私どもとしては、安倍晋三先生にも、あるいは他の政治家に対してもですね、何回も、統一教会の社会悪を考えたならば、反社会的団体である統一教会にエールを送るようなそういう行為はやめていただきたい。どんなに被害者が悲しむとか苦しむのか。絶望するのか。しかも新しい被害者が、それによってまた生み出されかねない。ことについてですね、政治家としては配慮いただきたい。いうことを繰り返しお願いしてまいりました。しかしながら残念ながら、反共ということに共感を持つ議員の方々、あるいは統一教会のお金が、最初は目的だったかもしれませんが、この2005年から2010年にかけて、警察が相次いでですね。販売行為について、あるいは献金勧誘に絡む物品販売についてですね、検挙して、13件、300人以上の統一教会信者が、販売行為としてですね、摘発されまして、逮捕・勾留されました。東京の新世事件では、社長とその部下の幹部2人がですね、懲役刑の判決を受けております。そういうことがあって、資金的には統一教会にとっては厳しい事態になっておりますが、相変わらず伝道行為はやっておりますし、今回の選挙でも、あるいはその前の選挙でもですね、特定の自民党の候補者を、組織推薦候補としてですね、応援をしてきた。それに、信者組織は動員をかけてやってきたと。いうことを私どもとしては事実として認識しております。そういうことを考えますと、昨日の田中(旧統一教会)会長のコメントは、あまりにも事実に反すると言わざるを得ません。本当に統一教会としては反省していただいて、こういう家族の悲劇については苦痛についてはですね、配慮していただきたい。私達が許せないのはですね、山上さんのお母さんが、平成14年、2002年に奈良地裁で自己破産しています。この自己破産は明らかに統一教会に対する過度の献金のためですよ。それ以外考えられませんよ。それを昨日の記者会見では、あたかも他人事のように言った上で、その後の言及はありません。おそらく献金させてます。借金させても献金させてます。カードと借金のために、自己破産した信者がたくさんいます。それを白々しくああいう形で証言するということは、人前で喋るってことは許されない。私としては心からそう思います。そういう意味でですね、今後政治家の皆さんもああいう団体とのエールを交換することについてはですね、本当に慎重に考えていただきたいと思います。しかしながら、繰り返し言いますが、ああいう凶行は許されない。それだけはここでも強調しておきたいと思います。私から以上です」

 ありがとうございます。ここで動画の方を紹介させていただきたいと思います。少し古い資料にはなりますが、1998年当時、統一教会の方で献金に対してですね、どういった指示、あるいはどういった実態があったのかが端的に表れたものだと思うので、参考までに今日動画としてお送りしたいと思います。(動画が再生)。これはごくごく一部の資料で我々の方には、統一教会が組織的にですね、多額の献金を強要していたということは、証拠として何点も何点も把握してるところでございます。そのあたりについては、また後ほどコメントがあるかと思います。次に渡辺弁護士の方からコメントお願いします。

(渡辺博弁護士)
「今日はどうもありがとうございます。東京の被害弁連の事務局長しています弁護士の渡辺博です。2点だけ付け加えさせていただきます。今のビデオはですね、実は現役の信者の方が、あまりにもひどいということで、盗み取りをして、私のとこに持ってきてくれたものです。これ全国で同じように今でもやられてると。現在でも同じような形で、全ての財産は神様、今で言えば韓鶴子様のもので全て捧げなさいというのが残念ながら統一教会の教えですから、その結果が家庭崩壊になってしまうということです。ちょっと一つだけ持ってきたんですが、これは単なる本なんですが、これを統一教会はいくらで信者に買わせるかといったら3000万円です。こんな普通の本が3000万円です。常識外れです。かつ信者1人1冊というんじゃなくて、信者1人に4冊も5冊も売りつける場合があります。5冊と言ったら1億5000万円です。こんな非常識なことがずっと統一教会で行われているということを、あの指摘しておきたいと思います。中身開ければビニールで包装カバーがあるだけのもので、後で見てください。聖書じゃなくて、あの文鮮明の御言葉を印刷した本です。なんで3000万円になるかというと、文鮮明さんの署名があるからというふうな、理由が付け加えられています。もう一点、私の方で付け加えさせていただきたいのは今、山口広弁護士から2009年、新世事件、新世という会社が印鑑売りつけたということで、東京の統一教会信者2名が懲役刑、11月10日東京地裁でなりました。その後ですね、統一教会の責任者が、自分たちの機関紙の中でなんと言ったかというと『そういう違法な行為を今後行わないようにする』ということを言ったのではないんです。私達の反省として挙げたのは、『政治家との繋がりが弱かったから、政治家との絆がですね、弱かったから警察の摘発を受けた。今後は、政治家と一生懸命繋がっていかなきゃいけない』いうのが彼らの反省でした。私どもがずっと先ほど説明しているように、国会議員の方々に、統一教会の応援するのをやめてくださいよと呼び掛けている理由もそこにあります。やっぱり統一教会の被害者にとっては、政治家との繋がりがあるから、警察がきちんとした捜査をしてくれないというような思いがずっとあると思います。私どもにもあります。ぜひその点を、国会議員の先生方は、今回の事件を気にしていても、あの考えていただきたい。私のつけ加えたい2点は以上です」

(紀藤正樹弁護士)
「私は2002年10月25日に殺害された当時衆議院議員だった石井紘基さんの事件で、その日刺された直後にご遺族からご連絡をいただいて病院に駆けつけました。安倍元総理と同じ失血死だったので、目の前で石井紘基さん、手がつけられない状態で、やはり数時間後ぐらいに亡くなったんですが、その体験を踏まえるとご遺族がどれほど今つらいのかっていうのは正直言ってつくづく思います。1人の政治家を失うというのはですね、その政治家に関係した人たち全員の多くの利害に関わります。ご遺族だけじゃなくて、自民党の政治家の皆さん、安倍元首相を支援していた人たち、そういう人たちの全人生も奪うことになります。石井紘基さんが亡くなっただけでもですね、私は相当な喪失感だったし、ご家族ともずっと以前からお付き合いしていましたので政治家が1人亡くなるとこんなに大変なんだということまで思いました。その後当然選挙もあるわけですよね。今度は補欠選挙という問題もあって、そういうことまで関わっていく中で、1人の政治家をですね、自分の意見と違うとか、その自分の立場と違うとかあるいは怨恨とかですね、そういうことで殺めることが、どれほど罪作りなのかっていうのは、正直言ってとても重いものだと思います。ですから、発言も非常に気をつけたいというふうに思っていますし、安倍元総理のご遺族が今いかほどのものかと思うんですよね。でも、そのエネルギー、今自民党の政治家の人たちも…当然悲しみの中に憤りをお持ちだ、それはもう十分わかります。ですけどこの事件の背景に何があったか、つまりそのエネルギーを向けてほしいのはむしろ巨悪なんです。石井紘基さんは、犯人が24時間後に出頭してですね、捕まったんですけども、いまだにその犯人の動機とかよくわかっていません。カバンの中の私物というのが、いまだに手帳も含めて見当たりません。ですので、一体何のために殺害したのかはいまだにわかりませんけども、背後に何らかの組織があるのかもしれませんですけども、そういう事件が度々起こるんですよね。今回の事件も、単純にその個人の怨恨なのか、個人の怨恨が引き金になったっていうのはその背後には、統一教会のですね、かなり過酷な、献金ノルマみたいなものがあって、そして家族が崩壊したと、それが怨恨に繋がった可能性もありますよね。そうするとですね、やっぱりこれは憤りの対象の対象はですね、個々の信者とかに向けられるものではなく、やっぱり統一教会、巨悪にも向け向かうべきだと私は思います。誤解なきようにお話を差し上げますが、私はずっとこの統一教会の問題で関わっているんですけども、本当に彼らはあの反省と言いながら、相変わらず同じことを続けるんですね。それから反省と言いながら、過去の罪は清算しないんですよ。清算しないんです。霊感商法とか、違法な献金と言われるものはいまだに続いているんですね。それをいまだに続いているんですけど、彼らは何やってるかというと、お金を少し返して他は請求しません。という念書まで取るようなことをしてるんですよ。それをコンプライアンスといいますかね、コンプライアンスというなら、過去の問題をすべて精算して、被害を回復してあげて、そして、罪作りなことをやったことを、全てつまびらかに明らかにしてそして出直すということならともかくですねそれをやらない、そして今回の事件の遠因を作り出したという意味では非常に問題点が大きいと。ですので、政治家の皆様も、ぜひこの問題に、今回のきっかけにですね、この問題、つまり巨悪に目を向けていただいて、日本に巨悪を残してはいけないんだと、やはりその巨悪は、きちっとその罪を清算してもらわないといけないということも含めてですね。統一教会の問題にもっと目を向けてもらいたいなと。いうふうに思いますので、ぜひその点をですね、日本の政治家も、その他の政治家の皆さんもですね、与野党問わずですね、今回の問題というのは他人事ではありませんので、統一教会の問題性に目を向けていただきたいと思っております。私からは以上です」

(郷路征記弁護士)
「私達は、山上容疑者のお母さんが脱会してきた場合、そのお母さんの依頼を受けて、お母さんを被害者として、加害者である統一教会に対して損害賠償請求訴訟を提起し、統一教会から、献金として、取られたお金を回収して、それをお母さんにお渡しして、それをもとに、できるのであれば、失われた傷ついた家族の絆を回復していただきたい。失われた人生のいくらかでもとり戻していただきたい。そういった気持ちで仕事をさせていただいています。その限りでは、私達がやっている仕事の限りでは、統一教会は100%の悪であり、山上容疑者のお母さんも、それに発生して、山上容疑者自身も、その限りでは、統一教会との関係に限定すれば100%の被害者です。被害者救済に我々の力が本当に小さいために、他の社会的諸勢力がそのことに目を向けてくれないために政治家の中にはかえって、現実的な力を有している強大な教団に与することによって利益を得ようという人がいるがため救済の手が被害者を助けることができなかった。そのある種結果、暴発した感情の結果、なのかなっていうふうに考えています。その点では、我々自身は会っていっぱい必死になってやっているつもりではありますけれども、やはり残念だという、我々の努力の不足を自覚しないわけにはいかないという点があります。以上です」

 続きまして、もう顔も声も一切出さない、本日の会見で一切そのその後の取材等もなしという前提で、二世信者の方に今お越しいただいております。その前提でお話をさせていただきます。

(二世信者 Aさん)
「このような形でついたてを立ててお話をさせていただきますことをお許しください。私自身一般の会社員として生活している人間であり、また子供の母親でもある関係上、身元がばれてしまいますと、いわれなき誹謗中傷を受けてしまう可能性も考えられますので、今回はこのような形でお話をさせていただきたいと思います。ご了承ください。私は先ほど二世というご紹介をしていただきましたが、母親がまず統一教会にいわゆる導かれるという言い方をするのですが、導かれて、母親が統一教会に通うようになってからですね、全てが、家のこと全てが統一教会の教えに変わってまいりました。そして私達三姉妹であったんですけれども、私達子供にも教会の教えを強要するようになっていきました。特に私は夫婦関係の良くなかった父と母の家庭環境で育ちましたので、いつも父に泣かされている母を、娘として同じ女性として、とてもかわいそうだなと思って育ちました。そんな母が導かれた、いわゆる統一教会の教えを、受け入れることが親孝行になると勘違いをしてしまいました。そして母の言われる通り、統一教会の名前は伏せられていましたけれど、ビデオセンターというところに通って、そこから洗脳が始まっていきました。そして私は21歳のとき、95年です。36万組の合同結婚式を受けることになりました。そのとき、教会から言われたことは、どんな国の人であっても断ってはいけない。そして、どんなに学歴がなくても断ってはいけない。何か経済的に難しい事情がある相手だとしても、断ってはいけません。全てを神に預けて断っては決していけませんということを誓わされました。私がその当時は文鮮明のマッチングで36万組の合同結婚式を受けることになったのですが、相手は韓国人でした。私よりも2歳年下です。その当時私は21歳でしたので、相手は19歳でした。その人は、家もなく、職もなく、親もない。そして学歴は中学中退という人でした。住むところがなかったので、教会に転がり込んできた男性でした。そのような男性が私のいわゆる主体者、永遠の伴侶としてマッチングされたわけです。そのとき私はその人を断れなかったのは、祝福を受ける前に、神に誓わされたからです。学歴がなかろうが、どんな状況の人であろうが、断ってはいけないと言われていたからです。そして3年後家もない職もない彼は日本に渡ってきて、私と一緒に生活をするようになりました。で、その彼は、気に入らないことがあると私のことを殴る人でした。私はそのことがとてもつらくて、教会のアベル、いわゆる教会長であるとか、上の者に相談をしました。すると、それは彼にサタンがとりついているからだと言われました。あなたの信仰が足りないからだとも言われました。水行だとか条件を立てることでサタンが退くと言われているので、条件を立てなさいというように言われ、彼が悪いとは一言も言われることはありませんでした。そして1年後、その当時の統一教会は避妊をしてはいけないと言われていたので、自然と子供ができました。しかし彼の暴力は収まることはなく、子供ができたとしても、経済的な部分や、身体的暴力、言葉による暴力が、日々続いていきました。子供が生まれたことによって、統一教会では、離婚してはいけないと言われていましたけれど、この暴力がいつか娘に向かうのではないか。という恐れを抱くようになりました。私はこのことを、母に相談をしたのですが母は、絶対に離婚しては駄目だと言いました。それは祝福家庭、いわゆる合同結婚式を受けた家庭が壊れることは、サタンが一番喜ぶことだからだと言ったんですね。私は、正直、彼と離婚がしたかったのですが、母からも教会からも止められていたので、離婚することができずにいました。ただ、彼が私と結婚した本当の理由を知って、私は彼との離婚を決意しました。それは、彼が、日本での永住権欲しさに統一教会を利用したということでした。私はそんな彼と結婚生活を送ることが耐えられない耐えられなくなり、離婚を申し出ました。やはり教会からも母親からも反対されましたが、最終的には母親の前で暴力を振るう彼を、母が目の当たりにして、やっとイエスと言ってくれたという状況でした。彼とは離婚はできたんですが、母はとても悲しみました。なぜかというと、統一教会では夫婦でなければ天国に行けないと言われていたからなんですね。私がこの祝福結婚を壊してしまったことによって、娘は天国に行けないんだと、とてもとても悲しんでいました。またそんな母を見るために、私もとても罪悪感が生まれましたし、私は天国に行けないんだなという思いを抱くようになりました。そんなときに、韓国の人から、再祝福を受けないかと言われました。統一教会では、この結婚が壊れたときに被害者と加害者に別れることになることがあります。私はこの結婚が壊れてしまったのは、いわゆる夫からのDV暴力によって壊れてしまった家庭であるので、私は被害者として認定されて再祝福が認められるということでした。そして私は韓国の教会に繋がっていくことになりました。その韓国の教会から再祝福いわゆる再婚を申請したときに日本ではですね、140万円の献金を要求されていたんです。でも韓国側の教会長は何と言ったかというと、140万ウォンですと言いました。140万ウォンというのは、日本円で約14万円です。韓国人が合同結婚式を受けるには14万円でいいんです。でも日本人が祝福を受けるときは140万円という大金を払わなければいけないのです。これがいわゆる教祖が言う韓国のうら若き乙女を従軍慰安婦として蹂躙した過去が日本人にはあるから韓国の乞食と結婚させられても、感謝しなければならないという根本的なそういう教え、反日的な教えがあるからなんですね。だから日本人はそう大金を払わされて当たり前。大金を払わされて、感謝しろという言い方をよくしていました。そして私は再祝福を受けることになるんですが、私には娘がいます。その娘を連れて再祝福を受けたんですが、その相手も韓国人でした。その当時は教祖が、マッチングしたのではなくて教会長がマッチングするようなことに変わっていたんですけど、その相手も学歴、職業、年齢全て嘘をついて、申請をしてきた人でした。で、その人によって私は日本の信販カードっていうんですか、カードを全部使われてしまい、結局夫によって、自己破産をさせられるということになってしまいました。10年間韓国で暮らしてきたんですが、教祖の死を境に私の中で洗脳が解けて、2013年に、日本に子供を連れて入ってきた、そういう状況です。今この事件に対して私の思う事を述べさせていただきます。まず、誤解のないように聞いていただきたいのですが、犯人のしたことに関しては、何一つ擁護することもないですし、正しいと思ってもいませんが、ただ、人生を統一教会によって破綻させられた身としては、理解できてしまうという苦しい心情があります。やったことに関しては、私は反対をして、反対というか間違っていると思いますが、それだけ統一教会は人生を破壊します。統一教会に関わってきた人たち、また二世と呼ばれる人たちがどんなに苦しい思いでいるかということも私はよく理解できます。そこの思いがですね、正しい方向に報道されて、今まで放置されてきたこの問題が少しでも解決に向かう方向に進んでいってくれればいいなというふうに思っています」

2022年07月19日(火)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

1枚150円!77歳の店主が焼く『おもひで焼』 京都で40年以上愛されるお好み焼き店と"おばちゃん"は「唯一無二の存在」「安心して過ごせる場所」

2024/07/15

「冷やし中華」ひたすら試してランキング 猛暑日に箸が進む一品が続々と登場! 6年連続ミシュラン1つ星獲得"レジェンド"料理人が「唯一無二の冷し中華」と称賛した1位は?【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/07/12

【カツめし】消防学校に密着!新人消防士の過酷訓練を支える食堂パワーめし!「大阪府立消防学校」

2024/07/11

父と娘の『保育園留学』10日間 白浜の大自然で成長した5歳の娘...しんどそうな父を見て「洗い物やるね」

2024/07/11

【なるほどライドシェア】過疎地と観光地で全く違う!京都市は9割が外国人客、大半が学生ドライバー「就職に備えて」

2024/07/09

【梅雨空もどる】週後半は、まとまった雨 北~西日本で大気の状態非常に不安定 東北・北陸で150ミリの雨 浸水や増水に注意【火曜の雨シミュレーション】

2024/07/09

『74歳の店主』が営む小さな食堂 朝定食や弁当で"おふくろの味"を提供「お客さんとしゃべるのも好きやし、死ぬまでできたらいいな」

2024/07/08

ニュース週間アクセスランキング【2024年6月28日~7月4日】MBS NEWS DIG

2024/07/05

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook