MBS(毎日放送)

「本来の敵ではない」「影響力ある」山上徹也容疑者が安倍氏殺害を示唆する手紙送付か

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE

 安倍晋三元総理銃撃事件で、容疑者が事件直前に出したとされる手紙の存在が明らかになりました。

 山上徹也容疑者はこれまでに、『母親が多額の寄付をして破産したため、旧統一教会に恨みがあった。安倍氏と旧統一教会の間につながりがあると思った』という趣旨の供述をしていますが、新たに、事件直前に訪れていた岡山市から島根県に住むフリージャーナリストの男性に手紙を送っていたとみられることが分かりました。

 手紙には「安倍は本来の敵ではないのです」「現実世界で最も影響力のある統一教会シンパの一人に過ぎません」とある一方、「安倍の死がもたらす政治的意味、結果、最早それを考える余裕は私にはありません」と、殺害をほのめかす言葉が記されています。

 警察も手紙の存在を把握しているということです。

2022年07月18日(月)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

「めんつゆ」ひたすら試してランキング ヤマキ?ヤマサ?出汁にこだわる京料理界のレジェンドも「ゆるぎなくトップ」と大絶賛した超定番商品が1位!【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/07/24

変幻自在の食材『ニンジャペースト』コンニャク技術で高級食材「ウニ」誕生!?ベンチャー開発のきっかけは「糖尿病のおばあちゃんの食事制限」

2024/07/24

【相次ぐ竜巻注意情報】東京や大阪、京都や兵庫などに相次ぎ発表 もし竜巻が来たらどのように行動すれば?竜巻研究に日本人が貢献

2024/07/22

『ドクターイエロー』ファンの3歳男児が実物と初対面「かっこよかった」 一緒に見に来た父親「感動。僕の方がテンション上がっちゃいました」

2024/07/22

東京都知事選 ふわっとした民意つかんだ「石丸現象」メディアに突きつけたもの

2024/07/22

「本当に大切な存在だった。奪わないでほしかった」遺族が法廷で悲痛な叫び 高速道路で取締り終えた警察官 「ながらスマホ」運転のトラックに跳ね飛ばされ「即死」 被告はYouTubeを視聴 衝突3秒前にも画面をタッチ

2024/07/20

室内に『大きなシマトネリコ』植えた家 東京都内、限られた予算...狭小住宅を克服した秘策は4人家族のシンボルツリー【住人十色】

2024/07/19

【カツめし】秘伝の味を守る達人技光る!行列のぎょうざ専門店 三重・伊勢市『ぎょうざの美鈴』

2024/07/18

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook