MBS 毎日放送

2021年02月25日 09時30分 公開

皆藤愛子が篠田麻里子に宣戦布告「俳句だけは勝ちたい」

2月18日放送の「プレバト!!」で春の俳句王を決めるタイトル戦「春光戦」の予選が行われ、Aブロック1位のFUJIWARA 藤本敏史、Bブロック1位の皆藤愛子が決勝進出を決めた。Bブロックでは皆藤が「特に篠田麻里子さんだけには負けたくない。結婚されて、ママでもあって。幸せいっぱいじゃないですか。でも私は常に一人ぼっちなので、俳句だけは勝ちたい」と宣戦布告すると、篠田も「皆藤さんが夏井先生の名句50選の5位に選ばれて、めちゃくちゃ嫉妬しました」と応戦。結局、篠田が最下位に沈み、皆藤が決勝戦への切符を手にした。

春の俳句王を決めるタイトル戦「春光戦」が開幕。参加者は過去最多の23名。4つの予選ブロックの1位通過者4名と、各ブロックの2位の中から補欠枠として選ばれた3名の計7名が、昨秋のタイトル戦でシード権を獲得した千原ジュニア、Kis-My-Ft2 横尾渉、梅沢富美男が待ち構える決勝に進出する。
今回は「ウニの軍艦巻き」をお題に予選A・Bブロックが行われた。

20210224185616-58e2238ee4db43d81e6210b7ac7221317d7e3631.jpg

ぶっちぎり1位のフジモンに梅沢ブチギレ、「わざとらしいフリが嫌いなんだよ!」
Aブロックには名人10段の藤本敏史(FUJIWARA)、村上健志(フルーツポンチ)、2段の千賀健永(Kis-My-Ft2)、特待生4級の馬場典子、北山宏光(Kis-My-Ft2)が参戦。

MCの浜田雅功のくじ引きによって、名人10段とキスマイ同士が潰し合う"死のAブロック"となってしまい、フジモンは「ちょっといいですか? (くじ引きは)やらせですね?」と不満たらたら。村上も「過去のタイトル王者が3人(フジモン、村上、千賀)もいるなんて、ドSくじ引き。いじめですよ」と苦い顔をしたが、この3人を中心に大激戦が繰り広げられることに。

まず、フルポン村上が「海苔篊(ひび)の等間隔に暮れかかる」で惜しくも"2位補欠"。その後、馬場が最下位、キスマイ北山が4位で予選敗退し、フジモンと一騎打ちになった千賀は「自信はあるけど、フジモンさんに予選で勝ったことがないので」。フジモンも「正直、一番怖いんですよ。(千賀は)どでかいホームランを打つ時があるから」とお互いに落ち着かない様子。

<Aブロック1位 決勝進出>
流星群いくつか海に堕ちて海胆(うに)
              FUJIWARA 藤本敏史

「ウニを見ていると変な形じゃないですか。色も。もともと地球上にあったものではなく、宇宙からやって来た流れ星で、いくつか海に落ちたのがウニになっているんじゃないのかなと思って」

20210224190345-4dbee3b2b2ec8d8dd7c434883b5f31751b65465f.jpg

決勝進出を決めたフジモンは「あ~」と安堵のため息。1位にふさわしい見事な俳句に、梅沢は「大したもんだな! "流星"と"海胆"と季語が2つあるのに、海胆が主役になっている」と絶賛しつつ、「こういう俳句が詠めるのに、わざとらしく『怖い、怖い』って。そういうフリが嫌いなんだよ!」。フジモンが「番組を盛り上げるために必要でしょ?」と本音をぶちまけると、梅沢は「視聴率下がっているわ!」とブチギレる場面も。

俳人・夏井いつき先生は「よくこんな難しいことをやろうと思ったとびっくりしています。"流星"は秋の季語、"海胆"は春の季語なんです。季節の違う季語を1句の中に入れてくるのは、すごく難しいのに、ファンタジーの物語にしながら、ちゃんと"海胆"を主役にしている」と解説し、「よく頑張りました。作者が分かって、非常に納得しました!」とお褒めの言葉が止まらなかった。

20210224190420-7b0789321c466a1b75118b65a2ebf627d619debf.jpg

「篠田麻里子さんだけには負けたくない」嫉妬むき出しの皆藤愛子が決勝進出

Bブロックは名人5段の中田喜子、2段の皆藤愛子、特待生3級の篠田麻里子、4級の筒井真理子、5級の武田鉄矢が激突。5人中4人が女性という華やかな顔ぶれとなったが、皆藤が「特に篠田さんだけには負けたくない。結婚されて、ママでもあって。幸せいっぱいじゃないですか。でも私は常に一人ぼっちなので、俳句だけは勝ちたい」と宣戦布告。篠田も「私は皆藤さんが夏井先生の名句50選の5位に選ばれていたので、めちゃくちゃ嫉妬しました」と応戦し、女の意地を賭けた負けられない戦いが勃発。

まず、筒井が3位敗退。続いて、予選負けなしだったプレバトの"喜怒哀楽マダム"こと中田が「艶めきて海胆握る指和(な)ぎのごと」で "2位補欠"、武田が4位敗退となり、舌戦を繰り広げていた皆藤と篠田がぶつかり合うまさかの展開に。「自信なくなってきました...」と不安いっぱいの篠田に対し、皆藤はニヤニヤしながら「でも本当にどうなるか分からないです...」。浜田が「じゃあ1位を譲ります?」とツッコむと、皆藤が「嫌です!」と大声を上げ、スタジオは大爆笑。

20210224191733-2a50b9636b01009ec68e99aea7bccfc425165122.jpg

<Bブロック1位 決勝進出>
休業と手書き格子戸に春塵(しゅんじん)
                 皆藤愛子

「今の街中でよく見る光景。私が大好きなお寿司屋さんも休業していて、張り紙がずっと貼ってあるという光景を詠みました」

時代を切り取った見事な一句で、ライバル篠田を下した皆藤は大はしゃぎ。夏井先生も「まさに今の世相を切り取った良い句です。"休業"から始まって"春塵"を見せるという作者なりの工夫もよく分かります」と褒めたたえたが、「リズムが多少ぎくしゃくしているかな。"手書き"よりも季語の"春塵"をもう少しクローズアップしたらいいのでは」とも指摘。

<添削後>
休業とあり春塵の格子戸に

先生は「"休業とあり"と言い切ったら、絶対にお店の前に立っているでしょ。そして"春塵の格子戸に"とすれば、格子戸にかかっているホコリ、休業の張り紙も映像になる」と添削。皆藤も「実はちょっと違和感を感じていたので。精進しなければ」と決勝に向けて意気込みを新たにしていた。

     ◇

さて、次回のプレバトは、「春光戦」予選C・Dブロックをお届け!
いよいよ決勝戦の顔ぶれが出揃う大事な戦い!果たして決勝進出するのは誰!?
「春光戦」予選C・Dブロックの俳句のお題は・・・
20210224190921-fc6a5bc97e1ce32255e3e5b5fa4892db71e1a8fe.jpg
25日(木)よる7時から お楽しみに~! 【動画はこちら】

芸術性や文才など芸能人のあらゆる才能をプロが査定! 才能アリなら絶賛!才能ナシなら容赦なく酷評!浜田雅功が最強講師陣を率いてお届けする新しいカルチャースクール番組『プレバト!!』はMBS/TBS系で毎週木曜よる7時放送。https://www.mbs.jp/p-battle/

番組ページ