MBS(毎日放送)

放送日時:2月2日(木) よる7時


「色鉛筆」は名人・特待生一斉査定に名人5段の辻元舞、くっきー!(野性爆弾)、特待生3級の田中道子、犬山紙子、5級のレイザーラモンHG、小倉久寛、久保田裕之の7人が挑む。
辻元は色鉛筆が一番得意と語り、単独最高位を狙う。前回昇格し辻元に並んだくっきー!も自信満々の様子。先日の一斉査定でただ一人現状維持となり大泣きした田中も反省している、と心機一転昇格を狙う。最近俳句での活躍が目立つ犬山も難しいお題だががんばったと語る。HGも実は色鉛筆は一度挑戦しただけでまだ5級。一気に上がりたいとテンションアップ。3年前に挑戦して一発特待生昇格を決めた小倉久寛は2回目の挑戦。「なんで呼んでくれない!」と連呼し、人生で一番自信があるという色鉛筆査定にのぞむ。前回番組宛てに直談判の手紙を送り初出演、見事一発で特待生となった久保田も自信満々で上しか見ないとアツイ。「とろとろのおいしそうな料理」という難しいお題に挑んだアート自慢芸能人の力作、必見です。

「俳句」は、名人・特待生の昇格試験。永世名人・村上健志(フルーツポンチ)、名人6段・立川志らく、特待生4級・犬山紙子が「節分」をお題に詠んだ俳句を披露する。犬山紙子は、息子との豆まきの情景を描いた句を披露。志らくは、亡き円楽師匠に捧げる一句で、他の出演者をうならせる。村上は「つかんできた、降格がないので楽しめる」と自信満々で語り浜田につっこまれるが、果たして夏井先生の評価は…?





MC
浜田雅功
清水麻椰(MBSアナウンサー)
俳句
犬山紙子
立川志らく
村上健志(フルーツポンチ)
(敬称略)
色鉛筆一斉査定
犬山紙子
HG(レイザーラモン)
小倉久寛
くっきー!(野性爆弾)
久保田裕之
田中道子
辻元舞
(敬称略)
専門家ゲスト
夏井いつき(俳人)
三上詩絵(色鉛筆作家)
(敬称略)

ここにテンプレートの内容に沿って出力される
SHARE
Twitter
Facebook