MBS 毎日放送

2021年02月15日 15時00分 公開

日向坂46 佐々木久美が今年最高点の傑作句、夏井先生も大絶賛「とても良くできました!」

2月11日放送の「プレバト!!」俳句査定で、初登場の日向坂46のキャプテン・佐々木久美が“才能アリ1位”を獲得し、夏井いつき先生に大絶賛された。佐々木は「高校時代に国語の全国模試で2位になったことがある」「日向坂46を代表して来ているので、いい結果を残したい」と意気込みをアピールし、“深夜のユッケジャン”句を披露。今年最高の72点を叩き出し、夏井先生は「初挑戦で “句またがり”の型が使えているのはなかなかのもの」「とても良くできました!」と感心しきりだった。

日向坂46 佐々木久美が「深夜のユッケジャン」句で初登場"才能アリ1位"の快挙

今回は「焼肉」をお題に、ランキング戦に日向坂46のキャプテン・佐々木久美、"かわいすぎるジュノンボーイ"として話題の井手上漠が初登場。さらに"ミスター東大"の木瀬哲弥、ミキ・亜生、森公美子も参戦し、"才能アリ"と"才能ナシ"に明暗がくっきり分かれる展開に。

20210213105023-750b7cea3c80d92e2facfd21216084dfef8d6c5f.jpg

まず、森が"才能ナシ"4位、亜生が"才能アリ2位"、井手上が"才能ナシ3位"にランクイン。最後は「高校時代に国語の全国模試で2位になったことがある」「日向坂46を代表して来ているのでいい結果を残したい」とアピールする佐々木と、前回"才能アリ"で「今回も自信作を持ってきた」と豪語する木瀬の一騎打ちになった。

<才能アリ1位>
上京の春や深夜のユッケジャン
          日向坂46 佐々木久美

「大学卒業と共に親元を離れ、一人暮らしをしてユッケジャンを食べたんです。昔、両親と焼肉に行った時は母も私も辛くて食べられなかったユッケジャン。今は食べられる大人になったんだなと、しみじみ感じた時のことを詠みました」

東大卒の木瀬を破り、今年最高の72点を叩き出した佐々木は「うわー! うれしいっ!」と絶叫。佐々木から「尊敬する俳人」と言われた梅沢富美男も「素晴らしい! 梅沢さんを尊敬するだけのことはありますね!」と拍手喝采を送った。

俳人・夏井いつき先生は「初挑戦で中七の途中で意味の切れ目がある"句またがり"の型が使えているのはなかなかのもの。"上京の春や"という前半部分で状況が分かるし、強調の"や"もうまく仕えている。そして"深夜"に何をしているんだろうと思ったら"ユッケジャン"。映像も見えますし、辛みや味、温かそうな湯気やにおいも伝わります」と解説。「とても良くできました!」と傑作句を褒めたたえた。

「また悪いクセが出た」「いい加減にして!」夏井先生が梅沢富美男をフルボッコ

昇格試験には特待生4級のKis-My-Ft2 北山宏光、句集出版を目指す永世名人の梅沢富美男が登場。北山は「春の闇肉焼き終える22時」で惜しくも"現状維持"。そして、2連勝中で波に乗る梅沢は「私のファンは日本だけじゃない。ロサンゼルスやハワイ、サンフランシスコからもお手紙が届いている。世界の子どもが見ているんだ!」と"世界のウメザワ"をアピール。しかし、ミキの昴生から「(海外は)全部アメリカからじゃないですか」とツッコまれ、「やかましい!」と言い争う場面も。

<ボツ 残り22句>
〆に出るオモニ自慢の干鱈汁 
           梅沢富美男

「昔から通っている韓国料理店があるんだけど、韓国のお母さん、オモニが『干鱈汁はお酒を飲んだ後に効くよ』といつも持って来てくれるんです。オモニという言葉を知っているだけでも、ちょっと世界的でしょ?」

20210213105150-6026344d8068185c3bf83e356f3debe1673414a3.jpg

しかし、査定はボツ。夏井先生は「句材は良いんですよ。おいしそうだし、人間関係も見えます。でも、"〆に出る"が説明臭いんですよ。説明はいい加減にしてくれと再三言っているのに、また悪いクセが出た」と呆れながら問題点を指摘。

20210213105903-17836dce3f7fb6d72ceba11f43cf0c398498734e.jpg

<添削後>
酒足りてあとはオモニの干鱈汁

「どうせ樽のようにお酒を飲むんでしょ? 状況は"酒足りて"だけで描けます。そして "あとは"という言葉だけで、いつも楽しみにしているし、オモニはうれしそうな顔をして持ってきてくれるって分かるでしょ」

句に線を引かれてしまった梅沢は「消しやがった! こんちくしょう!」と怒りを爆発させたが、先生の劇的添削に思わず「あら、いい...」と本音を漏らし、MCの浜田雅功も「いいって言ってしもうたやん」と大笑い。しかし、シュレッダー送りに納得のいかない梅沢は「世界の子どもが見ているんだよ!」と詰め寄ったが、先生は「これくらいやってから文句言ってください!」「世界中ったってアメリカからだけでしょ!」とバッサリ。ついに何も言い返せず、完全ノックアウトされた梅沢の姿にスタジオは大爆笑だった。

     ◇

さて、次回のプレバトは、いよいよ春の俳句頂上決戦「春光戦」が開幕!予選A・Bブロックを突破するのは誰だ!?
Aブロックは藤本敏史(FUJIWARA)、村上健志(フルーツポンチ)、千賀健永(Kis-My-Ft2)、馬場典子、北山宏光(Kis-My-Ft2)
Bブロックは中田喜子、皆藤愛子、篠田麻里子、筒井真理子、武田鉄矢が激突!予選突破を果たすのは誰だ!?

次回の俳句のお題は・・・
20210213111421-452ef8afc8c666e4e85c121118ac2d3b20eb514a.jpg

18日(木)よる7時から お楽しみに~! 【動画はこちら】

芸術性や文才など芸能人のあらゆる才能をプロが査定! 才能アリなら絶賛!才能ナシなら容赦なく酷評!浜田雅功が最強講師陣を率いてお届けする新しいカルチャースクール番組『プレバト!!』はMBS/TBS系で毎週木曜よる7時放送。https://www.mbs.jp/p-battle/

番組ページ