MBS 毎日放送

2019年04月05日 21時00分 公開

予選トップの東大生・鈴木光に王者・梅沢が宣戦布告「かかってらっしゃい!」

4月4日放送の「プレバト!!」で俳句タイトル戦“2019春光戦”が開催され、現役東大生の鈴木光が予選1位で決勝に進出した。初のタイトル戦で予選トップ通過という快挙。決勝で待ち構える王者・梅沢富美男は驚異の最年少特待生を見つめ、余裕の表情で「お嬢さん、かかってらっしゃい!」と宣戦布告した。

注目度No.1鈴木が憧れる名人は「フルポン村上」
決勝進出の3枠をめぐる予選会には、三遊亭円楽(特待生1級)、Kis-My-Ft2千賀健永(1級)、ミッツ・マングローブ(3級)、千原ジュニア(3級)、岩永徹也(3級)、立川志らく(4級)、鈴木光(4級)、大和田獏(5級)の8人が参戦。「春の鮮魚店」をお題に激突する。

20190405155554-9c3cf6f611f41a3c27fc728703f69514e475f9c4.jpg

予選を見守る王者・梅沢は「千賀くんにはぜひ上がってもらいたい」「あと鈴木光ちゃん。この子は俳句を学問にしていますから」と若手2人の躍進を予想。予選を戦う志らくは「彼女にサシで負けてからおかしくなった...」と正月SPで鈴木に敗退したことがトラウマになっていると明かす。そんな注目度No.1の鈴木の一番尊敬する名人がフルーツポンチ・村上健志だと判明し、その事実に、梅沢らが一時騒然となる。

千原ジュニアが2位、夏井先生「こんな技術のある男だなんて」
最初に決勝進出を決めたのは千原ジュニア。2位が告げられると、高らかに腕を突き上げて「めちゃくちゃ、うれしい!」と喜びを爆発させる。

<第2位 予選通過>
壺焼きの壺傾きてジュッと鳴る
         千原ジュニア

「サザエの壺焼きがすごく大好きで、よく頼むんです。七輪で焼くとクッと傾いて、醤油がジュッ。おいしい匂いが広がる」というジュニア。

20190405160301-a6255acda9440898f1f0a1575ee606c29f356e92.jpg

夏井いつき先生は「作者があなただとは! 発想勝負で行く人だと思っていた。こういう地道な描写もやれるんだ」と驚きを隠さない。そして、「"壺焼き"という季語から、壺が傾く一瞬の時間を切り取っている。醤油がこぼれたとか、いい匂いがしたとか、うだうだ書く必要はないんです。壺焼きを知っている人は音や香り、そして口の中にはツバがじゅわっと出てくる。淡々と描写するだけで俳句はいいんです。こんな技術のある男だなんて知りませんでした」と絶賛した。

キスマイ千賀が擬人化の技アリ句で3位
続いて、大和田獏が「恋猫よ魚屋さんも素通りか」で7位、円楽が「これ頂戴鰆の値札舐める猫」で6位となり、決勝に進出する3位には「今回は行かせてもらいますよ!」と宣言していたキスマイ千賀がランクイン。

<第3位 予選通過>
ぽこぽこと酒に口割る蛤ら
      Kis-My-Ft2 千賀健永

「俺? 俺! めっちゃうれしい!!」と大喜びの千賀は「キスマイメンバーの藤ヶ谷(太輔)とハマグリの酒蒸し鍋を食べに行ったんです。ライブの打ち上げで。だからハマグリの酒蒸しを使った俳句を作りたいなって」と説明。

20190405160814-d0fcbb7f3153d6735ce9ba8fc4ca4359a8085706.jpg

さらに「あと刑事ドラマを見ていて、犯人グループの一人が口を割ったら、他の犯人も次々と『僕が犯人です』って言っていて。それとハマグリがぽこぽこと口を開けていくのとかけた」とも。これに、キスマイ横尾渉は「意外性があって面白い。悔しいけど、上手い!」と納得の表情を見せる。

夏井先生は「発想と言葉が一句の中でちゃんと噛み合っている。酒を飲んで、言っちゃいけないことをしゃべり始めたおじさんかなと思ったが、最後に"蛤"で擬人化だったのかと。擬人化はうまくいった時と失敗した時の落差が大きいが、これは蛤の擬人化がちゃんと描写になっている。"ぽこぽこ"と最後の"ら"もイメージと結び合って隠し味になっている」と技ありの一句を高評価した。

20190405171727-59272a4dcbf277a35e96a7fb4ad79485d906b8ba.jpg

ラストは因縁の対決!鈴木光vs立川志らく
そして、岩永が「春ぼこり固定電話の指の跡」で5位、ミッツが「起き出でて浅瀬へ店へ乗込鯛」で最下位となり、最後は因縁の鈴木と志らくが残り1枠を争う展開に。志らくが「浜田さんは意地が悪い残し方をする」と訴える一方、鈴木は「いつも『東大王』でボコボコにされてるので」と静かな闘志を見せる。

<第1位 予選通過>
昼網や明石メバルのピチカート
          鈴木光

20190405161500-1a8c7b04e015e315d1952ccca96f4717e798eb5c.jpg

因縁の対決を制したのはなんと鈴木。「明石の昼市を詠みました。明石は黒いメバルで有名ですが、釣りたてだからピチピチしている。その跳ね方がバイオリンを指で弾くときの奏法、ピチカートと重なるなって」と説明すると、フジモンは「"ピチカート"ですよ! こんなおしゃれな言葉が入った俳句は今まであったでしょうか?」と大興奮。東国原英夫も「自分の頭の中で公式があるんですよ。組み合わせて当てはめていく作業をしている」と鈴木の強さを分析する。

夏井先生は「さまざまな配慮をしている句なんです。私も"昼網"がどういうものか知りませんでしたが、明石という地名がヒントになる。調べると、昼市が立ち、メバルが名産の一つと分かった」と解説。さらに「メバルの動きや新鮮さもピチカートという比喩の中にストンと入っていく。比喩なんだけど映像も見えてくる。メバルは漢字で書くこともできるが、ピチカートが生きるようにあえてカタカナを選んだ配慮も伝わってきました」と大絶賛した。そして、惜しくも4位に終わった志らくの一句「ジョンレノンを聴く魚屋目借時」について、夏井先生は「ジョンレノン聴く魚屋の目借時」と1字だけ添削し、「これやってたら3位でした」と惜しんだ。

この結果、1位の鈴木、2位の千原ジュニア、3位のキスマイ千賀の3人が予選通過を果たし、名人6人と共に決勝を戦うことが決定。梅沢は鈴木を見つめ、絶対王者の風格を漂わせながら「出る杭は波に打たれるという言葉がある。お嬢さん、かかってらっしゃい!」と宣戦布告し、最年少ライバルとの直接対決に向けて気合を入れた。

20190405161542-bcb5caea66a5b674cae2f31f17f53a5d048e430c.jpg

<2019春光戦 予選 結果発表>
第1位 鈴木光
第2位 千原ジュニア
第3位 千賀健永(Kis-My-Ft2)・・・以上は決勝進出
第4位 立川志らく
第5位 岩永徹也
第6位 三遊亭円楽
第7位 大和田獏
最下位 ミッツ・マングローブ

     ◇

いよいよ春光戦の決勝!夏井先生からのハイレベルなお題は・・・
20190405155758-dc0b9801fd6432343861feb1c0a6f8c6ba3ecf9a.jpg

芸術性や文才など芸能人のあらゆる才能をプロが査定! 才能アリなら絶賛!才能ナシなら容赦なく酷評!浜田雅功が最強講師陣を率いてお届けする新しいカルチャースクール番組『プレバト!!』の情報はこちら。https://www.mbs.jp/p-battle/

バックナンバー

番組ページ