MBS 毎日放送

2020年04月01日 14時00分 公開

ナゼ??「カツオ丼」一本の店&「ボロボロ」の串カツ店~神戸

「なぜ、わざわざこんな場所で営業しているの?」「なぜ、一品しか扱っていないの?」など、飲食店にまつわる疑問や“わざわざ理由”を調査するコーナー「わざわざグルメ調査隊」が、情報番組「ミント!」(MBS)で放送され話題となっている。3月25日(水)は、神戸にある2店舗を取り上げた。リポーターは「関西のグルメ王」と呼ばれるシャンプーハット・てつじと辻沙穂里アナウンサー。

3年連続グランプリ

20200331181449-f6e00a42924da1029f374acd0aaedd3bef9844c2.jpg

 まずは、神戸・三宮「さんプラザB1」にあるカツオ丼一本で勝負する「才谷梅太郎」を訪れた。この店のオーナーは49歳の増田寧明さん。31歳の時、脱サラをして居酒屋を経営する中、「自分の料理で勝負したい」と一念発起。5年前にこの店「カツオ丼専門店」をオープン。カツオだけでなく、藁(わら)焼きの藁も「高知県産」にこだわっているという看板丼の「たたきミックス丼(950円、税込み)」は、「全国丼グランプリ」で3年連続金賞に輝いた絶品丼。

20200331182504-5e107d04bdd21074f67fc8d142dc5799fee3faad.jpg

「タタキ」と「カツ」
 
 早速、看板丼をオーダー。その前に「よかったら、そこに、だしが入っていますので、お茶代わりに飲んでください」と増田さんに勧められ、「かつおだし」を味わったてつじと辻アナ。だしはおかわり自由という。

 そして、出来上がった絶品丼を見た二人からは、「うわ!美味しそう!」と歓声が上がった。この丼は、カツオの「タタキ」と「カツ」を両方楽しめる。一口味わったてつじは「牛カツとかトンカツとは違った魚の旨味がでますね!そりゃ、グランプリ取るわ!」と大絶賛。

20200331182632-a2cced1867b8012e520e60e68154cefd3b2cda37.jpg

 一方、辻アナの感想は「カツオのしょっぱさから衣が甘く感じます。それが、美味しい」とニッコリ。このカツオ丼の「カツ」には、高知県の定番調味料「ぬた」を使っている。カツオとの相性バツグンという。

坂本龍馬

 店内には、幕末の志士「坂本龍馬」のグッズがずらりと並んでいたため、てつじは「高知県出身でしょ?」と見立てていた。しかし、増田さんは高知県出身ではなかった。「坂本龍馬が好きで、高知と言えば坂本龍馬。高知と言えばカツオなので、カツオ一本の店をしようと思いました」と明かした。

20200331182717-00d29721956926c6482a79030798a428c7f42b73.jpg

 26歳の時に、坂本龍馬の伝記「龍馬がゆく(司馬遼太郎)」にハマった増田さんは、「人生を変えてもらった」と振り返った。ちなみに、店名の「才谷梅太郎」は、龍馬が土佐藩を脱藩した時の偽名という。
この時、辻アナが「脱サラと脱藩はかけているんですか?」と質問。すぐに「そうですね」と増田さんは答えたが、てつじは「脱藩は命かけてやってますから!」とツッコんでいた。

思っているよりボロボロ...

 次の店のテーマは、コーナー冒頭、てつじが「映画化されてもいいような店」と言っていた。その店とは、「ボロボロのまま営業を続ける『串カツ店』」。神戸電鉄有馬線「湊川駅」から徒歩15分のところにある「ふくや串カツ店」。この店の外観はテレビ的に表現しているのではなく、本当に「ボロボロ」だった。ナレーションでは「昭和レトロを色濃く残す」と上手く伝えていたが、てつじも「ボロボロにも加減ってない?思っているよりもボロボロ...」と。

20200331182829-5c52222052b8e9040d7f71297abb92cb63ca8886.jpg

創業50年

 店主は巌ひろ子さん(75歳)。いい意味で、この店から巌さんが「いらっしゃいませ」と出てくるとホッとする雰囲気だった。座席3席の店は、義母から引き継いだもの。二代目で創業50年。

 座席の背中はビニールシートで覆われていた。てつじは「(店が出来た)当初からオープンテラス?」と言っていたが、「昔は、アーケードがあったけど、震災(阪神淡路大震災)でなくなった。そんなん(ビニールシート)せんでも良かった。今は来られた方がね、雨振ったら濡れますやん」と巌さん。

80円均一

20200331183000-b16122ad7648fa3f4b0c1d68eaa9d82222c01951.jpg

 串カツのメニューは全部で20種類以上。値段は80円均一だ。昨年の10月に10円値上げしたという。「子ども相手の店なので、10円でも上がったらね、一生懸命にお金を計算してもってくるの。『おばちゃん今日は、70円しか持ってないねん』ってこともあるんで、『また今度80円な』って言います」と笑顔の巌さん。「一杯飲み屋」のような佇まいだったので子どものエピソードは意外だった。

10円無いわ~

ボロボロのまま営業する"わざわざ理由"をてつじは「店舗の外観関係なく、人が集まる場所にしたかった」と見立てた。...すると、「はい。正解です」と巌さん。

 数年前に病気を患い自宅療養をしていた時に鬱になり、一度店を閉めたという。ところが、店には子どもたちが「駄菓子屋」のように集まってくるため「私が元気な間だけでもしてやろうかなと。家におったら何もすることがない。ここやったらああいう子が来るし、10円でもなかったらここで悩む子がおるでしょ。『今日は70円でいいよ』ってなります。そういう店がもうなくなったからね」と巌さん。

 この日、取材中にも子どもたちが来店し「おばちゃん、10円無いわ~足りへんわ~」「今度でええわ~」と、ほのぼのとしたやり取りをしていた。

20200331183014-c95fbf63191e807701b5bd79c7223a0eb3272d99.jpg

 「ふくや串カツ店」は、毎月10日・20日・30日に「オール70円」のサービスデーがあるので、「今日は10円足りへんわ~」という子どもたちは、この日を狙って来店して。

    ◇

 「わざわざグルメ調査隊」は、情報番組「ミント!」(毎週月~金 午後3時49分放送)で毎週水曜日に放送している企画。「なぜ、わざわざこの場所で?」「なぜ、輝かしい経歴を捨てて店をオープンしたの?」などの"わざわざ"の理由を、シャンプーハットのてつじがその場所を訪れ調査する。

https://www.mbs.jp/mint/info/wazawaza/

バックナンバー

番組ページ