MBS 毎日放送

2020年02月17日 17時00分 公開

『父の味を継がない』人気うどん店&『和×洋』人気菓子店~兵庫・尼崎

「兵庫県の尼崎といえば?」と質問すると、多くの人は「ダウンタウンの出身地」というのではないだろうか。そう、松本人志と浜田雅功が育った街。兵庫県だが「大阪の下町」のような風情ある庶民的な街だ。そんな尼崎の飲食店を、2月5日(水)に放送された情報番組「ミント!」(MBS)の企画「わざわざグルメ調査隊」で取り上げた。リポーターは「関西のグルメ王」と呼ばれるシャンプーハットのてつじと辻沙穂里アナウンサー。「なぜこんな場所でわざわざ飲食店を?」「華麗な前職を捨ててなぜ、この店を?」など、店主の気になる“わざわざ理由”に迫った。

塚口さんさんタウン

20200217105028-f510057ad564d35acb6ae0e7bf2f7e423ea8974f.jpg

 てつじと辻アナは、尼崎の「塚口さんさんタウン2号館」の一階にある「うどん工房 悠々」を訪れた。「わざわざ娘が父親の味を受け継がず営むうどん店」。この店の店主は中山優子さん(43歳)。大手グルメサイトの評価が「3.74」という人気うどん店。客の八割が女性だという。

名物かき揚げ

 辻アナは看板メニューの「サラダかき揚げぶっかけ(980円 税込み)」をオーダーした。中山さんのうどんは、北海道産・三重産・九州産をブレンドした小麦粉を使用。そして、かき揚げは5種類の野菜。特徴は薄衣で立てるように揚げること。高さ10センチの立体的なかき揚げは、ちょっとしたオブジェ。芸術作品のようだ。

20200217105215-a04dc7c8cc4e8ca55dbd8e79a1c19e801b1c9545.jpg

20200217105416-2e62420d8a06214c9d03c187652506019c2757bb.jpg

 てつじは季節限定メニューの「~酒粕香る~牡蠣と白みそのおうどん(1,180円 税込み)」を注文。一口味わったてつじは「酒粕の味のあとに、牡蠣のエキスがめっちゃきます!のど越しが最高です。日本のクラムチャウダーや!」と絶賛。

20200217105234-50d1384519523249c9909ccd399dccaec70cf0fa.jpg

通じないと思った

 店主の中山さんにまつわる"わざわざ理由"をてつじはこう見立てた。「母親が考案したメニューで店を受け継いだ」としたが...「大きく間違いです」と中山さん。「父親から店を継ぐ条件が『俺の味を継ぐな。店の味は絶対に継いではならない』でした」と切り出した。この時、ホールスタッフとして彼女の父親・春世さん(75歳)が働いていたため一緒にインタビュー。

 きっかけは「娘に誘われて行ったうどん店の麺がめちゃくちゃ美味しかった。感動した。これでは自分の味では娘がうどん店をしても通じないと思った。あまりにも変わっていたから。50年前のうどんとは全然違った」と春世さんはいうが...。中山さんは父親の味は継がず、うどん作りを一から勉強。女性が一人でも立ち寄れるうどん店「悠々」をオープンした。現在、春世さんは一切「うどん作り」をしていないという。娘の店でホールスタッフを担当しているが、内心は「100%引退させて頂きたい」と最後に話していた。娘は父親のうどんの味は継がなかったが、「商売人」としての何かを日々受け継いでいるように感じた。引退はまだまだ先で。

人気パティシエが認めた人

20200217105602-aef746bf9b61307d67fbe88f226be8054ad9bdcc.jpg

「パティシエ エス コヤマ」は、メディアにもたびたび登場している小山進さんがオーナーを務める店。ロールケーキの火付け役といわれている。この店が主催したコンクールで賞をとったことがある坂井博一さん(45歳)の店が次の取材場所。てつじと辻アナは、阪急電鉄神戸線「武庫之荘駅」から歩いて5分のところにある、坂井さんの店「楽emon」を訪れた。この店のテーマは「エスコヤマも認めたパティシエがわざわざオープンした和菓子店」。和菓子店」とタイトルにあったが、店の佇まいはオシャレな洋菓子店の雰囲気。かわいい。一見、和菓子店には見えなかった。

新感覚

20200217105723-ad1a44db359dbec7c035a0e423156386a90461b1.jpg

 早速、二人は「2種のナッツのカフェショコラ餅(918円、税込み)」を試食。この商品は、羽二重餅がベースになっている。そこに、アーモンド・くるみ・チョコレート・コーヒーなどを練り込み、カカオパウダーでコーティング。てつじは「食感が和で、味が洋です」とコメント。さらに、夏のスイーツのイメージが強いコーヒー味のわらび餅「コーヒーわらび餅 生クリームのせ(486円、税込み)」も試食。「新食感のコーヒーゼリーです!わらび餅を最大に生かしている!和菓子店の人が、洋菓子店の良いところを取り入れているから出来上がっている」と大絶賛。

20200217105756-0adea8e5ba14e628c67bd567c89d25de72ffbe09.jpg

自分の店で

 続けて見立てを「新しいカテゴリーのお菓子を作ろうとしている人」としたが...てつじの見立てはハズレだった。坂井さんは「実家が和菓子店で自分の作りたい商品が出てきたんですが、父親のお店なので『作りたい商品があれば、自分の店で出しなさい』と言われまして...」と切り出した。

 和菓子店を営む家に生まれた坂井さんは、父親の勧めで『洋菓子』の世界へ。父親から、「和菓子だけでなく、洋菓子のことも分かっているほうが良いだろう」といわれたという。その後、父親の元で5年間、和菓子を修業。次第に「和菓子と洋菓子の融合を考えるようになった」と坂井さん。先に登場した「うどん店」と同じように、先代である父親からは「口を出したら、思っていた事ができないので『一切口出しをしたくない』と言っていました」と話した。スタジオでこのVTRを見ていたてつじの相方・こいでが「お父さんがどちらも素敵やわ!」とコメントしていた。

20200217105910-494b7e8263332aebb54eae719d38a53718334638.jpg

 「わざわざグルメ調査隊」は、情報番組「ミント!」(毎週月~金 午後3時49分放送)で毎週水曜日に放送している企画。「なぜ、わざわざこの場所で?」「なぜ、輝かしい経歴を捨てて店をオープンしたの?」などの"わざわざ"の理由を、シャンプーハットのてつじがその場所を訪れ調査する。

https://www.mbs.jp/mint/info/wazawaza/

バックナンバー

番組ページ