MBS 毎日放送

2019年07月31日 16時45分 公開

有名百貨店のバイヤーが対決!!"究極のごはんのお供"はどっちだ!?

 夕方の情報番組「ミント!」(毎週月~金、午後3時49分放送)の水曜日に放送している『バイヤーのコレ買いやー』。有名百貨店のプロバイヤーがオススメする商品を対決形式で紹介する企画で、今回は吉本新喜劇の森田まりこがコーナーを担当する。
今回のテーマは「ごはんのお供」。「1番好きなごはんのお供は?」と聞かれたら、一つや二つこだわりがあるもの…。そこで、こだわりある方必見の企画が!関西の二つの「有名百貨店のプロバイヤー」がオススメする商品を対決形式でプレゼンする企画だが、今回の対決は「阪神百貨店」と「高島屋」。気になる対決の品はどちらも「京都」の逸品。対決の行方とは?

20190731134653-c08c7d403c5e45e093d1789e2609c15d63b91a07.jpg

「ふっくら・しっとり・パラパラ」

 最初に登場したのは、「阪神百貨店」のバイヤー歴三ヶ月・吉村由美子さん(43歳)。京都河原町の八坂神社の南にある「京都佃煮 やよい本店」の「ちりめん山椒(80g、1,080円税込み)」を対決の商品にチョイス。数寄屋造りの風情ある店内には、「いわし美人(756円、税込)」や「蔵馬山椒(1,080円、税込)」など、素材を活かした商品が並ぶ。

 そして、吉村バイヤーイチオシ商品の「ちりめん山椒」は一番目立つ店内手前に置かれていた。試食したリポーターの吉本新喜劇・森田まりこは、「持った時点で"ふっくら感"が伝わりました!」と。吉村バイヤーは商品について「ふっくら・しっとり・パラパラ」とコメントしていたのだが、「ちりめん山椒」好きの方は、「ふっくら!?」と思ったのではないだろうか。そう、番組メインキャスターの大吉洋平アナも「ちりめん山椒のイメージで、"しっとり・パラパラ"は分かるけど...。"ふっくら"って?」と疑問を。
その"ふっくら"の秘密を探るべく、森田は本社工場に潜入した。

職人「一人一鍋」

 「やよい本店」の「ちりめん山椒」のちりめんじゃこは、厳選した九州・四国の国内産。選別機と手作業で異物を排除し「おじゃこ」に最適なちりめんのみを使用。このこだわりのじゃこと厳選された上品な風味を持つ丹波地方の実山椒を合わせて、沸騰した京都の地酒、みりん、しょう油で炊き上げる。

 そして、この店最大のこだわりは「一人一鍋」。職人がひとつの鍋を受け持ち、責任を持って丁寧に調理。ちりめんじゃこの規格に合わせて、状態を目視しながら火加減を調整するので、"ふっくら"とした仕上がりに。
香り高く"ふっくら"と炊きあがったばかりの「ちりめん山椒」を熱々のご飯と共に試食した森田は、「間違いなくご飯と超合います!香りが凄い!美味し過ぎます!」と絶賛していた。

20190731134909-0403c242b76e9467ace12ee45d052c964c7c8f7e.jpg

牛のしぐれ煮

 後攻は、「高島屋京都店」の赤松健次さん(50歳)。バイヤー歴7年の赤松さんが選んだオススメ商品は、京都・伏見区にある「京都 中勢以(なかせい)」の「牛のしぐれ煮(1,620円、税込)」。モダンな雰囲気の外観に「お肉屋さん?オシャレなブティックじゃないんですか!? オシャレ過ぎる!」と驚く森田。赤松バイヤーは「これが中勢以さんのスタイルです」。想像通り、店内は外観と同じくスタイリッシュでオシャレ。「会話しながら肉選びを」というコンセプトから、一般的なショーケースはなく必要な肉をその都度切り分けるシステムで販売している。

20190731135024-186ef21bfbadbacf8469a0e4d78130fd4e51e3fe.jpg


 この「中勢以」は、低温で一定期間貯蔵した「熟成肉」の専門店。森田は、肉のうま味を引き出す独自熟成方法を見学するために「熟成庫」へ。ここでは、厳選された但馬牛を一頭丸ごと仕入れ、骨がついた状態で貯蔵する「枝肉熟成」をしていた。二ヶ月~四ヶ月熟成させて出荷の時期を見極める。

 半頭で「200万円」という「熟成肉のしぐれ煮」は、但馬牛の外もも、ミスジ、外ハラ、肩コブを使用。三温糖と高知産生姜、京都伏見の甘めの料理酒を加えてじっくりと加熱。この時、画面には調理中の「肉」がアップで映し出されていたのだが、「この対決、しぐれ煮の勝ちだ」と感じたほどのインパクトがあった。

20190731135111-955fd16e09c31375842661c7587d4a0449150f19.jpg

 そして、厳選した島根県産の丸大豆しょう油を足して煮込んだあと、ザルで肉と煮汁を分ける。この煮汁、一晩経つと肉の脂と煮汁が完全に分離する。上澄みの脂を取り除いて、煮汁を煮込んだ「肉」と混ぜ合わせると出来上がり。試食した森田は「コクが!生姜の香りが後からフワッと!」とニッコリ。

20190731135132-4b3d416fe127c02758cebe2eb0443e820365d8f6.jpg

結果は...?

 対決の結果からいうと、勝者は阪神百貨店の「ちりめん山椒」。出演者が食べたい方に札を上げて審査するのだが、今回は勝敗の行方はあまりに気はならなかった。審査していたシャンプーハットのこいでも「正直、ほとんどどっちゃでも良かった」といっていた。

 この対決は、どちらの商品も厳選された素材・調味料を使って丁寧に仕上げているのがよく分かったので、「ごはんのお共」にこだわりある人はもちろん、そうでない人もぜひ「阪神百貨店」では「ちりめん山椒」を、「高島屋京都店」に行ったら「牛のしぐれ煮」を買ってみては?

「バイヤーのコレ買いやー」は、情報番組「ミント!」(毎週月~金、午後3時49分放送)で毎週水曜日に放送している人気コーナー。関西を代表する二つの百貨店のプロバイヤーが今一番オススメしたい商品をプレゼンし、"ガチンコ"で対決する企画。
https://www.mbs.jp/mint/info/2019/07/17/070985.shtml

バックナンバー

番組ページ