MBS 毎日放送

2020年11月21日 22時00分 公開

【初耳】標高たったの10m!東京23区で最も低い山が判明

11月15日に放送された「林先生の初耳学」で、さまざまな発見をしてきたロイが中島健人とタッグを組んだ新企画<ロイくん&中島健人の大調査シリーズ>が始動。第一弾として、“東京23区内で最も低い山を調べてランキングを作る”課題に取り組んだ。現時点で国土地理院の地図に載っている“23区一低い山”は港区の愛宕山(標高25.7m)だが、調査の結果、それよりも圧倒的に低い山が見つかった!

23区内の低山は「江戸時代に増えた」!?
実は、東京23区は高さ50m未満の低山が100以上存在する"低山パラダイス"。中には、愛宕山から紅葉山、芝公園一帯を含む"東京アルプス"や、北区の飛鳥山から平塚山を経て道灌山、新堀山、そして上野恩賜公園へと続く"下町アルプス"など、郷土富士ならぬ"郷土アルプス"まであるという。
だが、国土地理院の地図に表記された公式の"山"は愛宕山だけ。都区内のそんな"低山事情"は一般的にはほとんど知られておらず、ゲストの朝日奈央も「初めて聞いた」と驚きの表情を浮かべた。
だが林修先生は、23区内の低山の存在がほとんど認められていないことも承知済み。「江戸時代に増えましたからね」と驚きの一言を発した。「山が増えた」とは一体...?
林先生によれば、「(山が増えたケースで)一番多いのは、江戸時代の中期から後期にかけての爆発的な"富士山信仰"。実際に富士山に行けない人たちが、『ここを登れば富士山に登ったのと同じことになりますよ』という"富士塚"をいっぱい作ったんです」とのこと。
人工的に作られた可能性があると正式な山とは認められにくいため、林先生は「どれを山として認めていいのか非常にあいまいで、国土地理院も調べ切れていないのが実情のようですね」と解説した。

愛宕山より低い"山"はいくつ?
こうして東京23区の"低山ランキング"に乗り出した中島&ロイ。
調査基準は3つ。地質や歴史から"自然に形成された"と考えられること。地元民が(台地や丘ではなく)"山"と認識していること。そして、国土地理院の地図に23区内で唯一"山"として掲載されている愛宕山(25.7m)よりも標高が低いと思われること。調べた結果、23区内で条件を満たしそうな場所は10か所あることがわかった。
たとえば、北区・飛鳥山。地図上は「飛鳥山公園」と表記されているが、江戸時代から「花見は飛鳥山」と言われた場所。2007年には北区役所が「飛鳥山こそ東京で最も低い山だ」と主張し、国土地理院に"山"として表記するよう要請もしている。「東京低山ランキング」を作成するのであれば、真っ先に調べたい場所だ。
そして、浅草浅草寺にほど近い台東区・待乳山(まつちやま)。由緒ある寺院・本龍院のある場所で、江戸時代には隅田川から吉原方向へ向かう目印として誰もが見上げたという歴史を持つ。
こうして3日間かけ、GPSを使った最新の全球測位衛星システム(GNSS)で各地を測量。「東京一低い山」の称号をかけたランキングを作成した。

判明!東京23区低山ランキング
調査の結果、最も低かったのは待乳山だった。標高は9.990mで、だいたい3階建てマンションほど。あまりの低さにロイは「え?どういうこと?どういうこと?ケタ間違えてない?」とビックリ。スタジオ陣からも「更新しすぎじゃない?」と驚きの声が上がった。
飛鳥山も、愛宕山より約30㎝低いという結果に。こうして"都心の低山"10座のランキングが判明した。
この結果を国土地理院の地名情報課・沼田佳典さんに報告し、「待乳山が("山"として)地図に載る可能性はある?」と質問すると...。沼田さんからは「可能性としてゼロではない。検討させていただく」との返答を得た。
すでに、地図に載っている"スズメ北小島"が実在しないことを突き止め、奥穂高岳の標高が公称とは異なることも確認したロイ。国土地理院への申請案件はこれで3つめとなる。
中島とのコンビ企画第一弾でもさっそく注目の新事実を発見し、スタジオは拍手喝采。視聴者も「ロイケンコンビ最高!!」「第二弾も期待してます」の声でにぎわった。

<東京23区低山ランキング>(番組調べ)
1位 待乳山(台東区) 9.990m
2位 大倉山(大田区) 15.154m
3位 権現山(品川区) 18.213m
4位 葦山(大田区) 18.305m
5位 新堀山(荒川区) 20.689m
6位 大仏山(台東区) 22.067m 
7位 道灌山(荒川区) 23.341m
8位 平塚山(北区) 23.388m
9位 佐伯山(大田区) 25.134m
10位 飛鳥山(北区) 25.425m
11位 愛宕山(港区) 25.7m

     ◇

「きつね淡路が奇跡のマッチング!!ほんとに恋しちゃいました」の一部始終も!<初耳トライ>は「林先生の初耳学」公式YouTubeチャンネルで配信中
【公式YouTubeチャンネル】

次回11月22日(日)の「林先生の初耳学」では、土屋太鳳も歌声にビックリ!日本一歌うま女性YouTuberが続々登場し<歌うまYouTuber数珠繋ぎ・女性編>を送る。さらに、<恋に奥手なアンゴラ村長がマッチングアプリで恋人探し>企画の続編も放送。見事カップル成立となったきつね淡路に続く奇跡が起こる!?

「林先生の初耳学」はMBS/TBS系で毎週日曜よる10時放送。
博学で知られる林先生でさえ知らなかった知識を"初耳学"に認定する。
https://www.mbs.jp/mimi/