MBS 毎日放送

2019年08月03日 13時00分 公開

「主役は服じゃない!」林修も驚いた世界の山本寛斎の超型破りオーディション

7月28日放送の「林先生の初耳学」では、人気コーナー「アンミカ先生のパリコレ学2」の特別講師としてファッション界の奇才・山本寛斎が登場! 学院生たちに「うりゃー!」と叫ばせるなど超個性的なオーディションを展開した。林先生も戸惑いを隠せない“山本寛斎流オーディション”に込められた真意とは!?

山本寛斎「みんな落ちる」強烈メッセージ!!
この日の「パリコレ学2」は、より"実践"に近いオーディション形式の審査。世界を舞台に活躍するデザイナーでイベントプロデューサーの山本寛斎氏が特別講師として行ったオーディションの前編が放送された。
合格者は山本氏が開催するショー「日本元気プロジェクト」に実際に出演できるという。ショー出演をかけたリアルなオーディションとあって、学院生たちにも緊張感が漂う。
世界を極めた山本寛斎は指導者としても超一流だった。「皆さんの横顔を拝見してましたけど、"みんな受かるな"と思いました。もっと別な言い方をすると"みんな落ちるな"と」「足りない。個性です」など、言葉は易しいが強烈なメッセージで学院生を鼓舞していった。
そして始まったオーディションも、驚きの型破りっぷり!
ウォーキングチェックは、何人もの学院生に同時に室内を往復させて"アラ"が消えたら抜けさせる、というスタイル。ダメ出しも「まっすぐ歩いているだけなのに寄り道している感じがする」など、抽象的で謎かけのよう。
その後は、お腹から「うりゃー!!」と声を出して自分を外に解放する"声出し"、ショーのフィナーレをイメージし全身を使って観客にアピールする表現と、次々に指示していった。

林修が語った寛斎流オーディションの"真意"とは?
そんな型破りなオーディションで山本氏は、学院生が自分のカラを破って自分自身の情熱と個性を溢れさせることを期待していた。山本氏が見たかったのは、ひとりひとりの個性、"人間"そのもの。
「世界って広いし、綺麗もいっぱいいます」「主役は服じゃない。結論を言うと、主役はあなたがたですよ。人間」と"個性"を求める真意を語り、「パリコレを私は否定しませんし、貴重なものだし、あそこから出ていく才能もいっぱいあると思います。でも、たかがパリコレですよ」と言い切った。
林先生とゲスト陣は、その模様をスタジオで見守った。千原ジュニアが「どうなの?『自由に好きなことやって』って言われたら」とふると、モデルとしても活躍する山本舞香は「絶対嫌だ!」と戦々恐々。林先生は「入試でよく演劇論が出てくるんですけど、その中の一つに『意識で身体を動かしてるレベルではダメ』だと。もう一つ上の『身体が動いてしまう』、思いとは関係ないっていうところの表現をもしかしたら要求されていたんじゃないですかね」とその真意を推し測った。

1期生・門田玲の復帰にネット歓喜!
また、この日の「アンミカ先生のパリコレ学2」から新たな学院生が加入。それは、昨年放送された前シーズン「アンミカ先生のパリコレ学」に出演していた高校生モデル・門田玲さんだった。
前シーズンでは多くの特別講師から高い評価を受け、パリコレ行きをかけた最後の審査でファイナリスト2人のうちのひとりにまで残った門田さんの参加が明かされると、ネットでは視聴者の「ビックリした!!」「玲ちゃんがまた見られるの嬉しい」「戻ってきてくれてありがとう!」といった歓迎と期待の声が上がっていた。

*「林先生の初耳学」はMBS/TBS系で毎週日曜よる10時放送。全国1億3千万人から募集した選りすぐりの知識を抜き打ちで林先生に出題。物知りの林先生でさえ知らなかったものを"初耳学"に認定する。
https://www.mbs.jp/mimi/

「林先生の初耳学」では各コーナーの無料見逃し配信を実施しています!
アンミカ先生が教えるパリコレ学2
吉川美代子先生の女子アナ学
ギャル曽根のパティシエール学

バックナンバー