MBS 毎日放送

2019年06月15日 13時10分 公開

白ご飯が何杯でも!食の達人が全国から選んだ絶品お供はこの3品

 家庭の定番メニューが抜群に美味しくなる魔法と言えば「タレ」。以前「絶品ご当地タレ特集」を放送した際、ものスゴイ反響が寄せられた。6月11日放送の「教えてもらう前と後」は、そんな全国の絶品ご当地タレ特集の第2弾。
 タレを知り尽くした3賢人がそれぞれ《白ご飯が止まらない》《豚しょうが焼きが一変する》《冷奴に合う》タレを紹介。さらにスタジオで試食した出演者が一番美味しいと思ったタレを発表、「絶品ご当地タレNo. 1」を決定する。教えてもらう前と後では、食卓がガラリと変わるかもしれない。

白ご飯が止まらない絶品タレとは?
20190614165620-3818ed6eaaec3ecf665ff644b95b1a3397069a53.png
紹介してくれる3賢人は...
1人目は「日本全国お取り寄せ手帖」編集長の坂口明子さん。
2人目は調味料ソムリエの西村有加さん。
3人目はセレクトショップ「ippin」オーナーの中塚智裕さん。

【西村さんおすすめ】高知県「土佐の赤かつお」
20190614165637-ed75f43feccae6be5ddc33a4362ccfd585445a52.png
高知県で150年の歴史を誇る魚屋さんが作る本格派。地元で愛され続けている「カツオの昆布巻き」に使用されている秘伝のタレでカツオをじっくり煮込み一晩寝かせたのがこの「土佐の赤かつお」。タレの旨味がカツオの中に染み込み、味に深みが増している。

【中塚さんおすすめ】静岡県「金目鯛味噌」
20190614165652-ef14d96e6d1951c2fc020ffe85427a826009a452.png
金目鯛の水煮を味噌と絡めた甘めのタレは、まるで煮付けを食べたような後味が残る。静岡県の下田港で水揚げされた金目鯛の中でも、たっぷり脂がのったものを使用。静岡県産のコシヒカリから作った味噌をはじめ、すべて国産の材料を使用するこだわりよう。なんと、味噌の熟成は廃校の教室を使い、童謡の流れるなかで行われている。

【坂口さんおすすめ】香川県「食べるオリーブオイル」
20190614165706-db6a0137ad963ec34bec8e4ddadabcd843a72e9a.png
小豆島で作られているこのタレの主役は、瀬戸内産のちりめんじゃこ。丁寧にじゃこを焙煎することで臭みがなくなり、香りや食感を引き出している。にんにく、生姜、たまねぎなど12種類の厳選素材をたっぷり加えると、その全ての旨味がオリーブオイルに染み出し、魚が苦手な人でも後を引く美味しさに。

この中からスタジオメンバーの多数決で、ご飯に合うタレNo. 1は「土佐の赤かつお」に決定した。

豚しょうが焼きが一変する絶品タレとは?
20190614165720-0d42495269ace8f674d9b4a4603210b806bb048c.png
【坂口さんおすすめ】高知県「万能おかずしょうが」
20190614165735-150cf1af9502396ead44f851313e1411ee34233d.png
辛味成分が通常の生姜の2倍という、その名も「黄金しょうが」を使用しており、より濃厚な風味を味わうことができる。高知県のアンテナショップではなんと、8年連続売上No. 1!酸味と甘みが程よくマッチしたこのタレをしょうが焼きにのせると、美味しすぎて思わず笑ってしまうほど。

【中塚さんチョイス】山口県「黒ごまマヨネーズ」
20190614165748-f28e6e17c74e1c2c03f49d51ce270dbf928f8202.png
開発したのは、ごまに特化した商品を売り出すお店。低温で1時間、じっくりとごまを焙煎。風味がより引き立った香ばしいごまをマヨネーズにたっぷり練りこんだのが、この黒ごまマヨネーズ。しょうが焼きにつければ、抜群に風味がUPした新しいテイストが誕生する。

【西村さんおすすめ】鹿児島県「黒酢炒め コクのオイスター醤油」
20190614165801-f0bcc78b0c5c0c363eb5c1d33cfa341ab8ddd79d.png
タレの味を決めているのは、老舗醸造店が江戸時代から守り続けている製法で丁寧に作った黒酢。鹿児島の米と米麹に、地下から汲み上げる名水を使って太陽の熱だけで発酵させ1年以上熟成させることで、まろやかな酸味とコクのある黒酢が出来上がる。この黒酢がしょうが焼きに合う。ワンランク上の、体にいいと感じられるしょうが焼きを堪能できる。

この中からスタジオメンバーの多数決で、しょうが焼きに合う絶品タレNo. 1は、「万能おかずしょうが」に決定した。

冷奴に合う絶品タレとは?
20190614165812-a8519cd5f435d7fdbf96d708bdffe0d6e9f76d07.png
【西村さんおすすめ】大分県「佐伯ごまだし」
20190614165824-c9ce9eaccba43a25120ff93ac5ec0bcd3afefad8.png
九州の最東端、佐伯市の「ごまだし」は、実はこの地域の郷土料理。すったゴマに焼き魚と調味料を合わせて作る、まさに大分のソウルフード。これを平均年齢70歳、漁師の奥様方で結成された「漁村女性グループめばる」が商品化したところコレがバカウケ。朝、漁港で仕入れたアジを丁寧に下処理し、焼き上げたら小骨を手作業で1本1本取り除いていくのは奥様方。魚の旨味をたっぷり味わえるごまだしはお茶漬けにしても最高だが、冷奴と合わせると今までにない最高のハーモニーを醸し出す。

【中塚さんおすすめ】神奈川県「おいしい大豆マヨたれ」
20190614165837-c74f45c13f10318730d9991f05fcd7f24b91d41a.png
美味しいタレを追求するあまり、タレ賢人・中塚さん自ら開発・製造に乗り出したこだわりの逸品。糖度と栄養価が高い北海道産大豆をたっぷり使うことで、大豆本来の甘みを感じるタレに仕上げている。甘みと香ばしさ、そして旨味と栄養など、すべてを兼ね備えたこの万能タレはマヨネーズのように何にでも使えて、食卓に一つあると重宝する。

【坂口さんおすすめ】大分県「大葉ソース」
20190614165851-6fa28f04540199baa08aa3aaaa2e41481fc6db8d.png
主役の大葉を育てているのは、秋篠宮さま、そして総理大臣からも表彰されている農園。その大葉を、明治38年創業の味にこだわる老舗の醤油店が絶品のタレに仕上げた。大葉を細かく刻み、塩、ニンニク、そしてオリーブオイルのみで味付け。パスタとあえれば「ジェノベーゼ風」になり、魚にかければ「カルパッチョ」に。絶妙な塩加減が冷奴と相性抜群なのだ。

この中からスタジオメンバーの多数決で、冷奴に合う絶品タレNo. 1は「佐伯ごまだし」に決定した。

「教えてもらう前と後」はMBS/TBS系で毎週火曜日よる8時放送。政治・経済・健康・アート・歴史など毎回その分野のスペシャリストが登場し、「知のビフォーアフター」を体感できる。
次回6月18日の放送では「知ってトクする食卓の裏ワザ」と「お掃除ロボット・ルンバの秘密」を特集する。

MBS動画イズムで無料見逃し配信中
過去の放送はこちらからご覧ください。