MBS 毎日放送

2018年11月10日 10時00分 公開

池上彰が説く!住民ゼロの大阪の島をトランプ大統領が狙っている深いワケ

いま池上彰が注目している小さな島が大阪にある。場所はユニバーサル・スタジオ・ジャパンのほど近く。実はここ、将来の経済効果が7000億円といわれ、海外の大富豪やトランプ大統領までもが狙っているそうなのだ。11月6日放送の「教えてもらう前と後」では、池上が驚きの数字をはじき出すその経済効果の仕組みについて教えてくれた。

経済効果7000億円!大阪がカジノに名乗り
20181107160150-2d84ac4209fbed05397fb8d4d701bf69fd317a8e.jpg
池上彰が注目しているのは、大阪湾を埋め立てて作った人工島・夢洲(ゆめしま)。ここは数千億円かけて作ったものの、オリンピック誘致などに失敗したため、長年大阪を悩ませてきた負の遺産。しかし、この夢洲が7000億円を生み出す"夢の島"になるかもしれないと池上は言う。キーワードは「カジノ」。今年7月に、通称カジノ法が可決成立したことにより、日本でカジノが作れるようになった。そこで、夢洲がカジノ候補地として名乗りを上げたのだ。もしカジノができたら、年間2200万人が来場し、税収だけでも年間2500億円と大阪府は試算している。さらに現在は、2025年万国博覧会の会場として招致活動を展開中だ。
池上はこう解説する。「大阪としては、大阪万博を夢洲で実現させたいし、カジノIR統合リゾートを作りたいと思っています。それができれば、ものすごい額の借金負債を一挙に挽回できるのです」。続けて「その発想自体がギャンブルのような気がするんですけどね」とチクリ。

日本のカジノがトランプ大統領再選のカギ?

その日本のカジノを狙っている海外の大物がいる。まずはラスベガスのカジノ王、シェルドン・アデルソン氏。そして、トランプ大統領だ。アデルソン氏は、2016年の大統領選挙でおよそ22億4000万円を献金したほど、トランプ大統領の熱心な支持者らしい。そんなトランプ大統領、安倍首相に「アデルソンのカジノを日本に受け入れてくれ」と働きかけたと一部報道が伝えている。安倍首相はトランプ大統領の口利きを否定しているが、日本のカジノ構想が注目を集めていることは確かなようだ。というのも、アデルソン氏が日本にカジノを作ったとしたら、莫大な金額がアメリカに渡ることになる。それにより得た金をアデルソン氏が再選を目指すトランプ大統領に寄付するという流れも想像できるというワケ。
池上の解説で大阪湾に浮かぶ小さな人工島から見えてきたのは、カジノをめぐる大国首脳の壮大な思惑だった......。

「教えてもらう前と後」はMBS/TBS系で毎週火曜日よる8時放送。
政治・経済・健康・アート・歴史など毎回その分野のスペシャリストが登場し、決定的瞬間を教えてくれる。「知のビフォーアフター」が体感できる番組。

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!

「教えてもらう前と後」では無料見逃し配信を実施しています!
過去の放送はこちらからご覧ください。