MBS 毎日放送

2020年11月17日 18時00分 公開

世界が称賛する「ジャパニーズウイスキー」 サントリー鳥井副会長に聞く「やってみなはれ」の精神

 いまや世界が賞賛する「ジャパニーズウイスキー」。その生みの親であり、サントリーの創業者でもある鳥井信治郎氏を祖父に持つ鳥井信吾サントリー副会長(64)。実は、サントリーの三代目、マスターブレンダーを務めている。つまり、サントリーが生み出すウイスキーの味わいや香りを最終的に決める重要な役割にある。「家飲み」需要が増す一方、大口販売先である飲食店は、新型コロナウイルスで厳しい状況が続く。この状況をどのように乗り切ろうとしているのか。そして、世界が認めるジャパニーズウイスキーの未来について聞いた。

ウイスキー造り「失敗から何を学ぶか」が肝心
20201117161321-4c6344d9ff30846badcf2e802fc43151cc4ebe68.jpg
―――1924年にサントリーが最初に樽詰めしたウイスキーを飲まれたことがあるそうですね。
 1度だけですが、15、6年前に口にしました。とてもフワッとした香りがあって、良かったですね。いまでも商品にできるくらいでした。でも、記念に置いておく必要がありますからね。まさにウイスキーの歴史を体現しているような感じです。

―――マスターブレンダーとして大切にしていることは?
 96年間、ウイスキー造りをやってきましたが、失敗の方が多い。トライ&エラー、試行錯誤の繰り返しですが、ほとんど失敗ですね。だけど、そこから何を学ぶのかが、マスターブレンダーとしての最大のポイントでしょうね。

「山崎18年」をメロンにかけると最高の味わいに!
20201117161454-12417af068ca401b61d943a80eda2136e147be8c.jpg
―――いまや、ウイスキーファン垂涎の「山崎18年」ですが、おすすめの「お酒の供」は何でしょうか?
 メロンに「山崎18年」をかけると独特の味わいがして素晴らしいです。「山崎18年」を浸したメロンを口に入れてから「山崎18年」を飲む...。チョコレートとか燻製にも合いますが、元々ウイスキーの香りは、フルーツの香りなのでとても合います。

いまも忘れられない、信治郎の圧倒的な存在感
20201117161555-371b2c6cefa12e80d9be18e2973703ec4ea65b7a.jpg
―――サントリーの創業者であり、祖父でもある鳥井信治郎さんは、どのような存在でしたか?
 鳥井信治郎の家は、私の家から歩いて10分くらいの場所にありました。正月三が日は、信治郎を中心に子どもたちが集まってお屠蘇を飲み、お節料理や雑煮を食べ、正月の膳を囲むのが恒例でした。昼からは、社員が400~500人、入れ代わり立ち代わり家に来て大宴会です。

―――記憶に残る信治郎さんは、どんなお方でしたか。
 私が小学3年生の頃は、既に脳梗塞で倒れていて半身不随でしゃべれないし、動けないという状態でした。ただ、存在感はありました。居るだけで雰囲気があると言いますか、山のようにどっしりしていると言いますか、畏敬という言葉が実に合います。もう一つは、安心感ですよね。信治郎のもとの平和ということでしょうか。

2021年の最大のテーマは「飲食店の回復」
20201117161641-b768ff5a1b2c00ecfcff0066a024875ba8030bc7.jpg
―――2020年は新型コロナウイルス一色です。サントリーとしての取り組みは?
 最も大事なお客さまであり、新型コロナウイルスでダメージを受けられた飲食店の方々と一緒に生きていかなければならないと思っています。飲食店で商品を飲んでいただくのが一番、健全な形だと思っています。飲食店の回復はまだ道半ばで、5、6月でも半分程度です。そこをどう回復させるのかがこの半年間、2021年1年間の最大のテーマです。

「やってみなはれ!」の精神でビール事業が黒字に
―――信治郎さんの口癖でもあった「やってみなはれ!」の精神は、会社に根付いていますか?
 例えばビール事業ですが、1962年に再び参入して以降、なかなかシェア4位、赤字からの脱却ができなかった。それでも、あきらめずに続けられたのは「やってみなはれ!」そのものでしょうね。それは、会社の文化です。

―――それが、プレミアムモルツの成功につながったと?
 ビール事業は、再参入から45年が過ぎてようやく黒字になりました。ですが、ビールの歴史、いつ人類がビールを造ったかといったら1万年前のことです。1万年間、人類はビールと付き合っているわけです。40~50年なんて、とんでもなく短い時間でしかありません。ワインもそうです。私たちが造るワインやビール、ウイスキーは、歴史がとても長いですよね。歴史の長いものと付き合えるかどうかだと思います。

1兆6000億円の「ビーム社」巨額買収 成しえたのは異次元の金融緩和

20201117161750-38065868221e6015fe7dd4a27a83b0688e8aff56.jpg
―――サントリーの会社として大きな決断は?
 大きな決断は、いま会長を務める佐治信忠の決断が大きかったのですが、2014年に米国蒸留酒会社大手の「ビーム社」をM&Aをしたことでしょうね。あの時の金額は、1兆6000億円。金額が金額なので結構、社内でも色々意見がありましたが、ちょうど安倍政権が誕生して、黒田日銀総裁のもとで異次元の金融緩和が始まったころでした。これは、追い風になりました。

―――もちろん「ビーム社」の買収はプラスですか?
 業績が絶好調ですからね。しかも、買収してから6年間続けてです。普通、そんなことはあり得ない。コロナ禍にあっても、米国地域の業績が良いです。「ビーム社」は、全世界でビジネスをしていますので。そして、バーボンだけではなく、コニャックやシングルモルト、テキーラ、ラムと実に色々な商品を扱っています。主力市場の米国で業績が好調なので、いまは良い結果を残せています。

日本語の方が伝わる!? 「やってみなはれ!」いまや世界共通語に

20201117161842-4da0ff2f5ba12300fa58d6d183ffdd449b9f7eba.jpg
―――世界規模の会社となり、マーケットが世界各国にある強みは大きいですか?
 日本の企業として安定成長を考えると、世界に軸足を持っておくことは企業の発展につながると思います。「ビーム社」を買収して以降、「サントリー」の中の「やってみなはれ!」だったのが、横文字の「GO FOR IT」になりました。英語でやろうと全世界でやりました。でも、5、6年すると海外の従業員が、「GO FOR IT」では、ニュアンスが伝わらないと...。「日本語では、どう言うのか?」と聞くので、「やってみなはれ!」だと答えると「じゃあ『やってみなはれ』に変えてくれ」となりました。これは、不思議ですね。

―――英語でいうより日本語、しかも「やってみなはれ!」は、関西弁というか、大阪の言葉ですよね?
 マイナーな言葉ですよ。でも、「その方が、理解できる」と言うのです。どうして日本語の方がニュアンスが理解できるかは分かりませんが...。その言葉の方が理解できるとアメリカ人もドイツ人もインド人も中国人も言っています。

なぜ株式を上場しないのか?
20201117161942-80a90aa8de7f695402ff4b9982463d317c930cc7.jpg
―――サントリーは、ずっと同族で経営してきて、100年企業となる中で、株式の上場の話は、一度もなかったですか?
 無かったこともないですけど...。あまり無かったですね。はっきり言いますとなぜ、株式を上場しないのかについては、きちんと話したことがありません。本当は駄目なのでしょうが、ほとんど誰も考えていないと思います。わざわざ、突き詰めて話す必要がなかったのですかね。

―――株式を上場しないメリット、デメリットは?
 社風が自由闊達、社内の議論が上下関係なくできると言うことでしょうか。「やってみなはれ!」の精神を守れると言いますか。私は同族の人間なので「株式を上場したらまずい」と言いますと自己利益というか...、とても難しい話になりますが。でも、上場会社をみていると製造会社などの基幹産業は、ものすごく上下関係が厳しいように思います。「やってみなはれ!」などは、とんでもないという感じが、少し散見される気がします。

―――関西経済でのサントリーとしての存在感は、どのように示していきますか?
 存在感というか、サントリーが生まれて、これまで育てていただいた大阪に恩返しをする。つまり、関西経済と共存共栄を図っていくための一助になるというか、どのように貢献できるか、と言うことでしょうか。

―――鳥井副会長のプライベートな夢は?
 いま茶庭、お茶の庭を自宅に造っています。小さな茶室を。それを完成させるということです。始めてからもう、10年くらいになります。建物は完成していますが、細部のところはこれからです。いまは、周辺の整備が中心です。

―――最後に鳥井副会長にとってリーダーとは?
 自ら行動する、動くということです。2つ目は、それを示す、周りの人に表現する。3つ目は、パッション、情熱です。この3つが、一体になって「やってみなはれ!」となる。これこそが、リーダーの条件だと思います。


■サントリーホールディングス
 1899年、鳥井信治郎が、「鳥井商店」を開業。1907年、「赤玉ポートワイン」を発売。1923年、ウイスキー製造に着手、1929年、国内初の本格ウイスキー「白札」を発売。1963年、ビール事業に再参入、2014年、米国蒸留酒会社大手「ビーム社」を買収。

■鳥井信吾
 1953年、大阪で生まれ。1975年、甲南大学理学部を卒業、1979年、米国南カリフォルニア大学院を卒業、1980年、伊藤忠商事入社、1983年、サントリー入社、1992年、取締役、1999年、常務、2001年、専務、2003年、副社長、2002年、三代目マスターブレンダー就任、2014年、副会長。

※このインタビュー記事は、毎月第2日曜日のあさ5時40分から放送している「ザ・リーダー」をもとに再構成しました。

『ザ・リーダー』(MBS 毎月第2日曜 あさ5:40放送)は、毎回ひとりのリーダーに焦点をあて、その人間像をインタビューや映像で描きだすドキュメンタリー番組。
過去の放送はこちらからご覧ください。

バックナンバー

番組ページ