MBS(毎日放送)

幅3mのはずが...通れるのは60cmだけ!だった『狭すぎる歩道』がついに解消 住民の願いが叶い...原因の「歩道橋」撤去

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE

 京都市伏見区で10年前から問題となってきた『狭すぎる歩道』。ようやく解消されます。

 京都市伏見区深草飯食町の幹線道路沿いにある歩道。ただの工事現場のようにも見えますが、実は地元にとっては10年来の悲願の証です。

 (通行する人)
 「あっ、ほんまや!なくなりましたね。うれしいですね」
 「スッキリしました。長年あったしね」

 地元の人たちが大喜びする理由は…。

 実は、去年5月にこの場所を取材した映像を見てみると、歩道の大半を『歩道橋』が占拠していました。

 (記者リポート 去年5月)
 「こちら、道の真ん中に歩道橋が設置されていて、道幅がかなり狭くなっています」

 幹線道路を安全に渡る手段として約50年前に設置されたという歩道橋。ところが歩道はというと、通行できるスペースが歩道橋の両脇わずか60cmだけになってしまっていたのです。子どもたちの利用も多いこの歩道。すれ違うことすらできません。地元にとっては長年にわたる悩みの種でした。

 (地元の人 去年5月)
 「細くてぶつかりそう。結構ビューンと来たりするから」
 「怖いですね。次、来てるのかどうかも見えにくかったり」
 「学生さんが(自転車で)ガーっと突っ込んできよるんやわ。それでよくトラブルになったりね。ガーンと当たったりね」

 住民らは10年前から京都市に要望書を提出するなど改善を求めてきました。

 そして今年1月18日。

 (カメラマンリポート)
 「午前0時すぎです。狭すぎる歩道の原因だった歩道橋がついにクレーンで吊り上げられて撤去されていきます」

 深夜の撤去作業。階段部分を切り離してクレーンでゆっくりと吊り上げていきます。すぐ近くにはマンションなどがあるため作業は慎重に進められました。

 歩道橋が撤去され、1月19日には広い歩道の整備が進められていた現場。改めて地元の方々に感想を聞きました。

 (地元の人)
 「やっとかという感じやね。圧迫感があったけど、それがなくなってすっとした」
 「記念撮影しておきたかったなと思うんですけど、工事が終わってしまったから」

 工事は1月20日に終了し、近くの別の場所に新しい横断歩道や信号機が設置される予定だということです。

【2022年5月放送『狭すぎる歩道』の記事はコチラ】

2023年01月20日(金)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

ニュース週間アクセスランキング【2024年6月7日~6月13日】MBS NEWS DIG

2024/06/14

狭小でも『天井が高い』部屋は開放感アップ!建坪9.4坪、建築家の自宅づくりに学ぶ「気積(きせき)」のスゴイ効果!【住人十色】

2024/06/14

子育てに息抜きを...子どものショートステイができる一軒家「リフレッシュでも仕事したいでも気軽に頼って」 ママたち「よく寝ました」「SOS出せるところがあってよかった」

2024/06/14

【カツめし】陸自飯グランプリ1位の味「陸上自衛隊 伊丹駐屯地」食堂めし

2024/06/13

「カップラーメン塩」ひたすら試してランキング ワンタン麺や函館塩ラーメン、明星や日清など14種ガチンコ対決!予約のとれないラーメン店の店主が思わず「悔しい」とつぶやいた1位は?【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/06/12

『梅干し界の坂本龍馬になる』食品衛生法の改正で梅農家が危機!?販売を取りやめた作り手も "伝統の梅干し"守ろうと立ち上がった梅ボーイズ

2024/06/10

元横綱・白鵬に"恩返し" 横綱の夢を断念した24歳の元力士...第二の人生も舞台は「土俵」 日本文化を発信する『相撲ショー』に出演

2024/06/09

「30センチ必要なのに厚さわずか3センチ」"空洞だらけ"のトンネル施工不良 原因は「施工業者の倫理観欠如」調査報告書で結論付ける 知事「規模は車の認証不正に匹敵」と糾弾

2024/06/08

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook