MBS(毎日放送)

「大人になっても苦労している2世信者は多い」心境語る『祝福2世』と呼ばれた女性 旧統一教会会長がほとんど言及しなかった"2世信者問題"

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE

 8月10日に行われた旧統一教会(現在の世界平和統一家庭連合)の会見。田中富広会長は「偏向報道」や「宗教迫害」について話した一方で、「2世信者問題」についてはほとんど触れることはありませんでした。そんな中、旧統一教会の元信者で“祝福2世”と呼ばれて育った女性が、いまの心境や苦悩を語りました。

田中会長『信教の自由を侵害している』…再び会見を開いた旧統一教会

 旧統一教会(現在の世界平和統一家庭連合)が8月12日、韓国・ソウルで平和をテーマにした国際会議を開催しました。各国の有力者が出席する中、今年7月に銃撃を受けて死亡した安倍晋三元総理を追悼するセレモニーも行われました。約10分にわたるビデオメッセージを送ったアメリカのトランプ前大統領は安倍元総理について次のように話しました。

 (アメリカ トランプ前大統領)
 「安倍元総理の暗殺は恐ろしい犯罪で世界全体にとってひどい損失だ」
3(1).jpg
 8月10日、2度目となる会見を開いた世界平和統一家庭連合。田中富広会長から発せられたのは「偏向報道」「宗教迫害」といった強い言葉でした。

 (世界平和統一家庭連合(旧統一教会) 田中富広会長 8月10日の会見)
 「心無いメディアのフェイクニュース・暴言が宗教的差別を助長するヘイトスピーチとして個人の人権を傷つけ、ひいては信教の自由を侵害していることを強く訴えたいと思います」
4(1).jpg
 会見の様子を真剣な面持ちで聞く横浜市の小川さゆりさん(26・仮名)。現在、夫と3か月の息子の3人で暮らす小川さんは、6年前まで旧統一教会の信者でした。

 (旧統一教会元2世信者 小川さゆりさん・仮名)
 「宗教的な迫害を受けていると。迫害という言葉を使っていいのは、本当に何も罪がない人だけだと思っていて…」

 両親も信者で合同結婚式で出会い生まれたさゆりさんは「祝福2世」と呼ばれ、教団内でも特別な扱いを受ける存在でした。

 (旧統一教会元2世信者 小川さゆりさん・仮名)
 「『神の子です』と言われてきて、親は私たちを(神様から)借りて育てている立場だと聞かされていて」

 しかし、その生活は経済的困窮を極める厳しいものでした。

 (旧統一教会元2世信者 小川さゆりさん・仮名)
 「やっている行いを認めて謝罪をしてくれるのかなと少し期待はあったのですが…」

「旧統一教会のせいで人生をめちゃくちゃに…」遺書を書いたことも

 1998年ごろに旧統一教会の内部で撮影された映像では、宣教師が次のように述べています。

 (旧統一教会幹部の宣教師)
 「自分の所有権の内容、自分の名前である自動車から家、ビルディング、そして田んぼ、畑、すべてのものを全部書きなさい」

 教団の資金を支えてきたとされるのが“高額の献金”や“霊感商法”です。

 (世界平和統一家庭連合(旧統一教会) 田中富広会長 8月10日の会見)
 「コンプライアンスの徹底により霊感商法と称される類のものは、当法人の信徒において行われていませんし、被害報告もありません」

 田中会長は「2009年以降は裁判で争っている件数も少なく被害は減っている」と強調しましたが…。
8.jpg
 (旧統一教会元2世信者 小川さゆりさん・仮名)
 「両親は(2009年)当時もそれ以降も100万円する『善霊堂』と言われるものを買っていましたし、『それがあれば先祖が家に住むことができる』ということが霊感商法じゃなかったら何が霊感商法なんだろうと思いますけどね」

 教会の中でも特別だという祝福2世のはずが、小川さんは当時の生活について次のように語ります。

 (旧統一教会元2世信者 小川さゆりさん・仮名)
 「誕生日とかクリスマスはプレゼントとか買ってもらえたことはなくて。小学校のころ6年間ずっと登下校でいじめを受けていて、お金がない貧乏な子たちっていうのが分かっていたみたいで。そういう理由でくさいからとか、そんな理由も聞きましたし」

 脱会のきっかけとなったのは、祖母の介護に疲れた母親から強く当たられるようになり、ストレスでパニック障害になったことでした。その時、父親にかけられた言葉が今も忘れられないといいます。

 (旧統一教会元2世信者 小川さゆりさん・仮名)
 「(父親から)『試練を与えられるってことはすごいことだぞ』と。『それだけお前は教会でも活躍していたし、神様が期待しているから』という話になって、本当に腹が立ちましたね」
10.jpg
 脱会して6年、さゆりさんにはいまだに捨てられないものがあります。19歳で死を決意した時、両親に宛てて書いた遺書です。

 【遺書の内容】
 「お父さんお母さんがしてしまった間違いはやはり消化しきれない。私が死んだのはお前らのせいだ。でも大好きだったことも嘘じゃない。悔しい。悔しい。悔しい」

 (旧統一教会元2世信者 小川さゆりさん・仮名)
 「親が旧統一教会にそんなお金をつぎ込んだりとか、そういう変な罪悪感を埋め込まれなければ(苦労)しなくて良かったんじゃないかなって。旧統一教会のせいで自分の人生をめちゃくちゃにされたんじゃないかって」

 事件の後、注目を集める2世信者たちが受けた苦しみ。しかし、8月10日の会見で「2世の問題」についてはほとんど言及されませんでした。

 (旧統一教会元2世信者 小川さゆりさん・仮名)
 「大人になっても本当にずっと苦労している2世が多いので、その問題は深刻だなと思っています」

2022年08月12日(金)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

『奈良の観光は、安い・浅い・狭い』マイナス面を三拍子で...こんな結論は誰が作った?奈良県観光戦略本部に聞くと

2024/05/18

ニュース週間アクセスランキング【2024年5月10日~5月16日】MBS NEWS DIG

2024/05/17

【カツめし】下町オカンの人情鉄板焼き 昭和20年創業!祖母から孫へ3世代で紡ぐ味 神戸・兵庫区「お好み焼 ひかり」

2024/05/16

格闘家に愛されるケーキ店!?減量中に食べる「筋肉カステラ」とは 店主は試作を繰り返して「40kgくらい太りました...」 母の日でにぎわう店内を定点観測

2024/05/16

「ペットも家族として弔いたい」転職して『ペット火葬』立ち上げ...メダカ・チンアナゴ・ウーパールーパーも遺骨を残す火葬 利用者「メダカだからとバカにせず扱ってくださってうれしかった」

2024/05/16

『返済30億円?利息が年1.5億円?』水原一平被告の今後...国際弁護士が解説「自己破産でも犯罪収益金や罰金はチャラにならない」大谷翔平選手が『お金はいいです』といった場合は?

2024/05/16

「食器用洗剤」ひたすら試してランキング 3位はワンプッシュで皿7枚『ロケット石鹸』2位は『P&Gジャパン 除菌ジョイ逆さボトル』、驚異の1位は?【MBSサタデープラス 独自ランキング】

2024/05/15

『スマホ写真見せて!』外国人観光客が驚く日本を調査...定番「奈良の鹿」「富士山」だけじゃない「どこにでもあるマシン」や「あるスプレーデザイン」まで

2024/05/14

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook