MBS(毎日放送)

【記者会見の全容】「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」の田中富広会長が安倍元総理銃撃事件に関連して"法人の公式見解"を発表

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE
  

安倍晋三元総理が銃撃され死亡した事件で、逮捕された山上徹也容疑者は「母親が宗教にのめりこみ、多額の寄付をして破産したので、恨みがあった」という趣旨の供述をしているということです。こうしたことをめぐり、7月11日(月)に宗教団体の「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」の田中富広会長が会見を開きました。会見の中で団体は、山上容疑者の母親について「教会員であり、月一回程度の行事に参加している」「破産したことは知っているが、詳しい経緯はわからない」「高額献金を要求したかどうかは記録上一切残っておりません」などと説明。また、安倍元総理との関係については「友好団体が主催する行事に安倍元総理がメッセージを送ったことはある」「(安倍元総理が)会員や顧問になられたことはない」などと話しました。約1時間に及ぶ会見の全容です。

7月11日に行われた約1時間の会見

「私は宗教法人「世界平和統一家庭連合」会長の田中富広です。本日参院選直後お忙しい中、記者会見に駆けつけていただき、心から感謝申し上げます。まずは安倍晋三元首相のご逝去の報に接し、心からの哀悼の意を表するとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。この度の蛮行は決してあってはならない行為であり強い憤りを感じております。日本の国民が尊敬し愛する偉大な指導者を失い、大変胸が痛みます。到底起きてはならないことが起きてしまいました。宗教指導者の1人として、このような重大な結果が生じてしまいましたことを大変重く受け止めております。さて、今回の事件の容疑者である山上徹也氏の供述内容の一部が警察によって発表され、特定宗教団体に対する恨みが動機となっているという報道がなされました。この特定宗教団体が当法人ではないかという噂が広く流れるとともに、一部メディアでは当法人の実名入りでの報道がなされました。それを受け、当法人としての公式見解を発表する必要があると感じ、この度の記者会見を開かせていただきます。当法人が知りうる限りの事実を述べさせていただきます。第一に山上徹也容疑者は、当法人の信者ではございません。過去においても、当法人の信者であったという記録は存在しておりません。第二に、山上徹也容疑者の母親は当法人の教会員であり、これまでも1か月に1回程度の頻度で教会の行事に参加してまいりました。第三に山上徹也容疑者の犯行の動機や、一部メディアで報じられている献金問題に関しましては、現在警察が捜査中であると思われますので、この場での言及は避けさせていただきます。これに関して警察からの要請があれば全面的に捜査に協力させていただきます。最後にメディアの皆様にお願いがあります。報道に際しては正確・公正・客観的な取り扱いの上、事実に反する内容、憶測に基づいた記事を出されることがないように、当法人に関することを書く前には、事前に直接取材をして情報を得てくださるようにお願いします。取材に対しましては、誠意をもって対応いたします」

―――寄付金について信者に多額の寄付を強いるなどの仕組みは?
「献金となるものは 色んなものがある。月齢献金とか礼拝献金とか、あるいは献金されるときに牧会者が一緒に祈祷することもあるし、無記名献金もある。このように献金にはいろいろな種類がある、ご本人の意思で献金されているが、額はご本人の心情に基づいて献金されていると受け止めております」

―――ノルマは?ひとりで高額な献金は?
「高額で献金されてきた方はかつてもいらっしゃいます。このような方々の本人の意思なしに高額献金もでませんので感謝して志を受け止めています。それからご本人に対するノルマという扱い方はしていません」

―――献金に関して、破産したことを知ったうえで、それでも献金を求めることはあるのか?会見の参加者の限定については?
「破産されているということをこちらが知っていた立場で、さらに献金を願う、あるいは要求するということはありません。そういう指導はしておりません。今日の参加者限定についてですが、この会見を開いたのもそこに重要な問題点を考えているからです。一つは犯人の動機の解明がなされ切れていない中で、様々な憶測が飛びかうことは、本人ご家族、ご親族の心痛を察すれば極力控えてもらいたいという思いがあります。警察は宗教団体の実名をまだ発表されておりませんが、メディアの一部の中では、当法人の名前を全面に出して報道をしている事実もございます。昨夜並びに今朝、私どもの法人の数か所の協会に心無い電話がありました。あるいはメディアからの心無い言葉も取材攻勢を受けております。そういう信徒たちを守っていくのも法人の責任者としての責務であると感じていますので、今回はそれなりに信頼できるメディアの皆様に来ていただきました。もちろん今回ご招待できなかったメディアに関しても今後、今回の事件に関して質問や取材要請がありましたら、個別に対応をさせていただきたいと考えております」

―――破綻を知ったうえで献金指導はしていないということだが、そういう報告を受けているということか?
「このご家庭が破綻された諸事情は私どもも把握しておりません。現場に問い合わせてもなお当時のことをわかっている方もおられなくて、把握しきれていないのが現状です。ただ破綻をされていたということは知っております。その後この家庭に高額献金を要求したかどうかは、記録上一切残っていません」

―――安倍元総理との関係、いつからどのような?
「私たちの友好団体が主催する行事に、安倍元総理がメッセージ等を送られたことがございます。安倍元総理は韓鶴子総裁が主導され、多くの世界の指導者と共に推進されていらっしゃる世界平和運動に対しては賛意を表明してくださっておりました。ただ宗教法人「世界平和統一家庭連合」の会員として安倍元総理が登録されたこともありませんし、また顧問にもなったことはございません。明確にそこは申し上げておきたいと思います」

―――どういったきっかけでいつから安倍元総理と関係を?
「当法人が主催団体でかかわったものがないので友好団体に直接聞いていただくしかないかと思います。もし聞いていただけるならば、UPF=天宙平和連合という組織がございますので、アプローチしていただいたらと思います」

―――UPFから安倍元総理に何か協力したことは?
「UPFのほうはわかりませんが、教団としては一切ありません」

―――UPFと統一教会との会員が重なっている部分は?
「我々の教団の会員で、どなたがUPFの会員かは掌握していないので答えられないです」

―――統一教会として安倍元総理の政治、演説時の動員など協力した事実は?
「安倍首相に関してはありません。政治運動に関しては、友好団体の平和連合から協力依頼があって、することはあったとしても、安倍首相に関してはございません。こちらが組織的にやることはないので、各個人が要請を受けとめて応援していることはあるかもしれないが、それでも安倍首相に関することは聞いたことはありません」

―――奈良の演説で聴衆の中に結構統一教会の人がいたという話があるが動員は?
「よくわかりません。もし教会員がたくさんいたということであれば、安倍元総理の応援でなく、地元の候補者の応援だと思います。協会としてありませんが、個人として支援団体になって応援している可能性はあるかと思います」

―――旧統一教会と岸信介氏との関係については?
「いわゆる私たち法人との関係というよりは、創設者・文鮮明総裁らの推進する平和運動に強く理解を深めてくださっていたと私は理解しています」

―――理解をしたうえでどのような関係か?
「家庭連合とですか?深くかかわっていないと思います。ただ平和運動の方でかかわっている可能性は、友好団体に確認をしたいと思います」

―――母親が信者だったことを踏まえて、容疑者がかかわりを持つことはなかったのか、恨みや不満について容疑者から示してくることはなかったのか?
「記録として、会員になったことはありません。そのうえでもし可能性としてあれば、母親がかかわり始めたのが1990年代後半になります。そうすると徹也容疑者は10代の後半になります。そのころに一緒に来て学んでいたという可能性がないとは言えません。その記録がないのでわかりませんが、会員になるほどの学びを深めたという事実はないんだと思います」

―――恨みや不満について本人から示してくるのは?
「今いるメンバーで直接恨みを示された人はいません。関わっていないと言ったほうがいいかもしれません」

―――宗教法人を狙おうとしていたという発言があった、兆しや対応は?
「受け止めを先に申し上げます。徹也容疑者の暴挙に至った、それが真実の動機だというふうに最終的に捜査の結果至ったとしたら、それはとても重く受け止めていきます。我々の法人の実名報道によって、多くの社会的な不安やあるいは心配事等が発生したとしたら、それも併せて重く受け止めていかないといけないと考えております。いずれにせよ協会に対する恨みや、そこから安倍元総理の殺害に至るということは、とても大きな距離があって、私たちもその理解に困惑しています。今後、警察が捜査本部を中心としながら動機解明に向かって全力を挙げて今もおられるんだろうと思っております。私たちもそのことは重要なテーマだと思っていますので、警察にも全面協力させていただきますので、要望があればいつでも要請くださいとお伝えをしておりますので、もし要請があれば全面協力をしたいと考えております」

―――未確認情報として、山上容疑者が分裂した後のサンクチュアリ教会があり、そちらに入ったのではないかという情報があったが、協会では確認済み?サンクチュアリとの関係は?
「サンクチュアリは略称と思います。サンクチュアリ教会が私どもの法人から分裂したとは考えておりません。文鮮明・鶴子総裁の子息がアメリカで新しく宗教法人として立ち上げました。私たちとは完全に別宗教として動いている。支部として日本にも2015年に社団法人として立ち上がっていると理解しています。ただこの団体に山上容疑者が入っていたかどうか、かかわっていたかどうか、私たちも追いかけておりませんし、また掌握もしておりません」

―――山上容疑者が安倍元総理を襲撃前に試し打ち、この点は奈良から報告は?
「特定の教会名は申し上げられないが、可能性のある教会に確認しました。全くそういう声が信徒からもなかったということですが、報道では明け方、朝だったと報道されておりましたので、その頃は信徒は来ておられませんし、おそらく信徒からの情報はないのが正解だと思います。ただ外観外壁の確認していただきました。そういう痕跡もないということでありますので、私が訪ねた教会だったのか別の教会だったのか、警察から正確な情報をむしろいただきたいと思っています」

―――国内での年間献金額はどの程度ありますか?山上さんは1990年代後半入会ということだが具体的に何年から?正式な教会登録か賛同会員か?安倍元総理が就任後に世界平和統一家庭連合幹部かどなたかを官邸への招待はあったか?
「我が法人の年間の献金額、この場では控えさせていただきたいと思います。すべての献金内容は国にも報告をしておりますので、そちらで確認できるようならお願いしたい。それからお母さんの入会ですが、98年頃だと思われるが、20数年前で性格な情報がありません。破綻されたということをお聞きしているが、これが2002年頃だったと思います。その頃に私たちの教会とどのくらいのかかわり方を持っておられたかということも、当時の者たちはすでにおりませんので把握しきれていないのが現状ですが、調査を深めているところであります。献金をどのくらいされたかも含めて20数年前の記録までたどり切れないのが現状で、警察の捜査の中で本人から聞いていただけるようになると思っていますし、それを通して改めて確認を深め協力していきたいと思っています。それから安倍首相が総理になられて、官邸に私たちの法人の幹部を招待したことはありません。山上容疑者のお母さんの会員区分は、一度正会員になっています。その後しばらくお越しになられていなかった時期が長く続いていたと聞いています。そして2,3年前から改めて教会員と連絡を取るようになって、この半年くらいは1か月に1度の教会の企画に参加しているという風に聞いています。それほど毎週毎週来て礼拝に参加しているという状況でもないということは今のところ事実だと思います」

―――しばらくというのはいつ?
「今の段階で把握しているのが、2009年頃から2017年頃までは、連絡が取れていなかったのではないかと思う。早い段階での関係者もまだつかみ切れていないので、今調査を進めていきながら、また警察の要望があればご本人の口から聞かれることもあると思うので、それですり合わせていこうと思っています」

―――お母さんは最近月に1度来ていたということだが、直近まで来ていたということなのか?過去に民事訴訟で違法献金など認定されて法人で賠償や和解に応じられたケースもあると思うが、そうしたこと続いているのか?過去こういうケースがあったということについての見解は?
「直近の参加ですけど、私たちが把握できているのは、2か月前に一度教会が主催した企画に参加しています。この半年は月に1回くらいだったんじゃないか。親交を深めている教会員が1人いる。この人との関係は深めていても、教会の企画や行事に直接すべての行事に参加しているわけではないということは理解しています。大体親交を深めている人と月に1度くらい参加していたと理解していただければ。過去の献金について現在どうなのか、過去献金に関してトラブルがあったということは報道関係者の皆さんも周知の事実だと思います。2009年だったでしょうか、当法人会長が会見して声明文を発表しました。それから13年が経った。声明文で強調されたのがコンプライアンスで、それ以降13年、当法人も末端に至るまでコンプライアンス徹底を進めてきた。そういう面で見れば当法人も大きく献金に対する姿勢を含めて変わってきたと思っている」

―――現状はトラブルはない?
「2009年以降の案件でトラブルはありません」
(7月17日に追加コメントを発表:会見における当法人会長の「それ以降のトラブルはない」との発言については、2009年のコンプライアンス宣言以降は、信徒たちのコンプライアンス遵守の結果が大きく表れているという趣旨で行ったものであります。それまでのようなトラブルがゼロになったという意味で言ったものではありません。その点は言葉不足で、誤解を招いてしまったことを率直にお詫び申し上げます)

―――献金額は、捜査が終わり次第、総額について発表する予定はあるのか?今回の事件を受けて実効性のある仕組みづくりをされる予定はあるか?安倍元総理との直接的なかかわりはないということだが、被疑者供述ではつながりがあると思い込んでいた、どのような点でつながりがあると思われたと思う?
「まずお母さんが捧げた献金内容について、今日は一番動機にもかかわるものということで今日は触れないことにしました。事件の動機究明においてもかかわる領域だと思うので今日は控えさせていただきました。明確になれば発表する予定があるかということに関しては、警察から発表されるか、これは私たちも先になってみないとわかりません。私たち自らが先に発表するかどうか総合的に状況を鑑みて判断させていただきたいと思います。2つ目のご質問、コンプライアンスに向けてより徹底化した仕組みづくりということでありますが、これに関してはすでに13年前から取り組みを続けているのでそれなりの仕組みを構築してきました。ここで細かくは申し上げないが、法人として責任を持ったコンプライアンスの仕組みの在り方を実行力のあるものをさらに固めていく意思があります。3つ目の「なぜ犯人が安倍元総理と当法人とつながっていると見たか」、これは憶測であるが、当法人と友好団体の区別がついていなかったのではないかと思います。どちらも創設者が一緒でありますので、そういう観点からすべてが同じに見えていたのかと感じています。宗教法人は宗教法人、それぞれの団体は目的をもってつくられ、ビジョンを掲げながら推進している。そのところ理解をしていただけたとしたら、おそらくここまで私たちとつながっていたというとらえ方は、されなかったのではないかと感じています」

―――行事に参加していたら献金は求められるものなのか?世界平和統一家庭連合という名称と旧統一教会、UPFに関して用語の説明と、もう少し詳しく友好団体とはどういう位置づけなのかということを教えてもらえないか?
「月に一度の行事に参加したら献金が要求されるのかということだが、教会行事にはさまざまな行事企画がありますが、多くの行事企画で献金要請されることはありません。お母さんが高額献金といわれておりますが、もし警察の調査で明確にわかり明確に高額献金だったとした場合も、1990年後半のあたりの献金ではないかと感じますので、現在お母さんが月に1度企画にかかわっているからといって、高額な献金がそれゆえに要求されるということはないというふうに自覚していますし、そう理解をしていただいて良いと思います。それから世界平和統一家庭連合の名称と旧統一教会、統一教会も略称だった、1955年から40年経って、個人の救いから家庭の救い、家庭の価値を重んじる次元に私たちの教団も教えの内容も大きくシフトしました。その段階で世界平和統一家庭連合という方向に全世界が名称変更されて、現在は世界平和統一家庭連合、略称・家庭連合と呼んでいます。それからUPFは申し上げた通り、創設者である文鮮明総裁、鶴子総裁があらゆる部門における平和運動を世界のトップリーダーとともに進めてこられている、その中で政治や経済、芸術、文化、あらゆる分野での組織をたくさん作ってこられています。その中で宗教分野における大きな主導的役割を担っているのが世界平和統一家庭連合と理解いただきたい。創設者の平和ビジョンを共有しているが、それぞれの団体が持っているミッションは異なっているというふうに理解をいただいたらいいかと思う」

―――UPFの果たす役割は?
「それはUPFに直接聞いていただいた方が正確にお答えいただけるかと思います」

―――自民党議員に対する献金の有無や額は?日本で最初開く際に岸信介氏が役割を担ったのか?
「自民党から当法人へ、当法人から自民党へというお金の動きは一切ありません。それから、家庭連合が日本に根付くときに岸元首相が間に入って根付かせたのではという質問ですね、私たちの教団は韓国から宣教師が送られてきて、その宣教師によって広がって定着した宗教団体です。その動きの中に岸元首相が特別な計らいをしたとか、影響を与えたというのはまずないと思います」

―――破綻の件、教会として法人全体としてどのように把握をされたのか?
「お母さんの教会にかかわる頻度などは正確な情報はないです。20年以上前からの情報を追い続けるのは簡単ではなく申し訳ない。今回破綻を理解したのは今回現場で因縁あるかたに尋ねていって、破綻していたという情報を得ました。改めて把握できたということだと理解をいただきたい。破綻に至る原因が何だったのか、どんな家庭事情でそれに至ったかは掌握しきれていません。踏まえてこれは警察が今捜査する一番大きな案件かと思いますので、私たちもこれから情報が入ればすべて警察に全面協力して、事件の動機の解明に協力をしたいと考えております」

―――破綻情報は逐一入るということではないということ?
「これは仕組みではなくて、信者のご家庭が破綻になったからといって、その情報が吸い上げられて把握する体制は全くありません」

―――トラブルになっているケースは09年以降ないということだが、表面化していなくても破綻していたとかそういう報告や、費用で続けられないということは?
「破綻する家庭が教会内であるとすれば、周辺の信徒たちや教会にかかわっている人たちがサポートしたりどうしていくかということはいろいろ案ずることがあるかと思います。ただこの破綻した家庭が、どこが破綻したということが、教団として本部に集計されるわけではありませんし、破綻の事情がいろんな事情から至っているだろうと思いますので、その詳細までは把握しきれないのが現状です。破綻しているという家庭に対して、さらに献金を追いやるということは、そのような指導はありませんので、私はないと信じております」

―――救いと献金についての教えは?事件の背景に団体があった場合、一定の責任を感じるのか否か?
「献金に関してどれくらいやったらどれくらい救われるという教えはありません。11条献金、これは私たちの指導の中では大切な指導として置いてあります。キリスト教会どこもそうかと思いますが、11条献金という言葉は信徒にも教育しますので、いわゆる10分の1の献金ということは意識して教育しています。それ以外に特別な献金、感謝して捧げる献金、結婚したら感謝で捧げる献金はご自身の意思で行う。今回の容疑者の動機が警察の公式発表がないので、これが解明され、本当に報道されていることがすべて動機の根源になるんだということになった場合、教団においても重く受け止めないといけない事実だと思って、警察発表を待ちたいと思っています」

―――これ以上献金すると、破綻するからやめようというのはある?
「むしろそちらの方が多いです」


この会見は約1時間で終了しました。

2022年07月19日(火)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

「めんつゆ」ひたすら試してランキング ヤマキ?ヤマサ?出汁にこだわる京料理界のレジェンドも「ゆるぎなくトップ」と大絶賛した超定番商品が1位!【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/07/24

変幻自在の食材『ニンジャペースト』コンニャク技術で高級食材「ウニ」誕生!?ベンチャー開発のきっかけは「糖尿病のおばあちゃんの食事制限」

2024/07/24

【相次ぐ竜巻注意情報】東京や大阪、京都や兵庫などに相次ぎ発表 もし竜巻が来たらどのように行動すれば?竜巻研究に日本人が貢献

2024/07/22

『ドクターイエロー』ファンの3歳男児が実物と初対面「かっこよかった」 一緒に見に来た父親「感動。僕の方がテンション上がっちゃいました」

2024/07/22

東京都知事選 ふわっとした民意つかんだ「石丸現象」メディアに突きつけたもの

2024/07/22

「本当に大切な存在だった。奪わないでほしかった」遺族が法廷で悲痛な叫び 高速道路で取締り終えた警察官 「ながらスマホ」運転のトラックに跳ね飛ばされ「即死」 被告はYouTubeを視聴 衝突3秒前にも画面をタッチ

2024/07/20

室内に『大きなシマトネリコ』植えた家 東京都内、限られた予算...狭小住宅を克服した秘策は4人家族のシンボルツリー【住人十色】

2024/07/19

【カツめし】秘伝の味を守る達人技光る!行列のぎょうざ専門店 三重・伊勢市『ぎょうざの美鈴』

2024/07/18

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook