MBS(毎日放送)

イチョウの下で作る「棕櫚箒」...静かに伝統を守る職人の姿 隣町の"宮司不在の神社"のイチョウは地元住民らで賑わい

編集部セレクト

SHARE
X
Facebook
LINE

和歌山県にある2本の大イチョウ。木の下には伝統を守りたい人たちの思いがありました。

イチョウの下の「棕櫚箒職人」

和歌山県紀美野町の山あいに大きなイチョウがあります。その下で作られるのは室町時代から続くという伝統工芸品。
i5.jpg
工房で作業する西尾香織さん(45)は、棕櫚(しゅろ)という植物から箒(ほうき)を作る「棕櫚箒職人」です。

(棕櫚箒職人 西尾香織さん)
「自然の棕櫚皮はメッシュみたいになっているんですよね、交差している繊維があって。現代ではいい棕櫚皮が少ない」
i9.jpg
最も箒に適した繊維は、皮1枚から取れても10本。大変な手間をかけてでも作り続ける理由があります。

(西尾香織さん)
「掃き心地がよくて、耐久年数もすごく長いんですよ。どうしてもそれが作れるものなら作れる間は作っていこうと」
i7.jpg
このイチョウの下に工房を構えてもうすぐ10年。ひとり静かに伝統を守り続けています。

(西尾香織さん)
「いろんな職人さんが試行錯誤して、その積み重ねで今の箒になっているので、私もその一員としてもっとよりよいものを作りたいなって思っています」

樹齢800年ともいわれるイチョウ ライトアップは地元の人たちの手で

その隣町のイチョウは大賑わいです。和歌山県かつらぎ町にある丹生酒殿神社の大イチョウ。
i12.jpg
樹齢は800年ともいわれています。
i13.jpg
(イチョウを見に来た人)
「きれいですね、自然がね。やっぱり自然の力をもらいたいから、ちょっとでも」
「(子どもが)お腹の中にいるときに写真を撮っていて、同じような写真がとれたらと思って」
i16.jpg
この木は住む人の心のよりどころ。日が沈むとライトアップされます。人々に愛され、心を灯す黄金色のイチョウ。神社には後継者がおらず、20年前から宮司はいません。それでも地元の氏子たちの手で大切に守られ続けています。ライトアップも地元の人たちの手で行われています。

2021年12月07日(火)現在の情報です

今、あなたにオススメ

最近の記事

ニュース週間アクセスランキング【2024年5月17日~5月23日】MBS NEWS DIG

2024/05/24

ブランコ・小屋・ウッドデッキ...ワクワクする理想の空間へ大改造した家 月4万円のお小遣いで​夫がDIYに目覚めた!【住人十色】

2024/05/24

【カツめし】警察学校に密着!過酷訓練に励む警察官を育てるパワーめし「兵庫県警察学校」

2024/05/23

覚醒剤に手を出して18歳で少年院へ...思い出したのは父と同じ『医師』になる夢 "患者を断らない病院"を目指す院長となったいま「次は応援する立場になりたい」

2024/05/23

この夏も猛暑に覚悟を...気象庁が『3か月予報』を発表 梅雨時期の大雨にも要警戒【MBSお天気通信】

2024/05/22

『入退院は48回』自身も薬物・アルコール依存症を抱える施設職員...過去には自傷行為や服役の経験も 「ちょっとずつでも居場所が増えていくように」当事者らの社会復帰を支援

2024/05/21

「炊き込みご飯の素」ひたすら試してランキング ミシュラン三ツ星料理人も一瞬で完食した堂々の1位! 2位は『ヤマモリの旨みだし 地鶏釜めしの素』、無印良品のランキングも注目!【MBSサタデープラス(サタプラ)】

2024/05/21

沖縄・奄美がようやく梅雨入り 来週は本州付近もぐずついた天気に? 雨のシーズンへの備えを【MBSお天気通信】

2024/05/21

SHARE
X(旧Twitter)
Facebook