よんチャンTV(テレビ)

関西のニュース

ささやかに東京五輪を楽しむ人たち 選手団のバスに手を振りエールを送る人や選手村の国旗を楽しむ人も

2021年07月26日(月)放送

SHARE
Twitter
Facebook
LINE

コロナ禍での東京オリンピックが開幕。五輪史上初の無観客開催で東京の街はどうなっているのか。MBSの大吉洋平アナウンサーが取材しました。

7月23日、東京の夜空に打ち上げられた花火。東京オリンピックが開幕しました。国立競技場の周辺には開会式の雰囲気を近くで感じようと大勢の人が集まっていました。一夜明けた7月24日、競技場はどうなっているのでしょうか?

(大吉洋平アナウンサー)
「国立競技場が見えてきました。開会式のテレビ中継の様子を見ましたけれども、ここからは各国の国旗が見えてきます。道路は一部規制されています。そして歩道を見てみると国立競技場の写真を撮ろうと多くの人が集まっています」

24日の競技場周辺、混乱や混雑はないようです。

(大吉アナ)「どんな気持ちで写真を撮ったのですか?」
(日本に住むフィリピン人)「すごく幸せな気持ち。今年やっと東京オリンピックが開催されてすごく幸せを感じます」

競技場を様々な角度から写真に収めた人も。
t7.jpg
(大吉アナ)「この写真はどうするのですか?」
(東京に住む人)「友達や主人に自慢しようかなと思って」
(大吉アナ)「気分はいかがですか?」
(東京に住む人)「最高ですね」

(大吉アナウンサー)
「国立競技場の目の前なんですけれども、長蛇の列ができています」

列の先頭には一体何があるのでしょうか?先に進むと…。
t9.jpg
(大吉アナウンサー)
「わかりました。みなさんのお目当てはこれですね。競技場の目の前に設けられた五輪のモニュメントです」

五輪のモニュメントが撮影スポットになっていました。

(大吉アナ)「どれくらい待っていますか?」
(埼玉から来た人)「40分くらい。話していたら早いかな」
(埼玉から来た人)「せっかくの東京開催のオリンピックなので、ぜひ記念にと思いまして」

競技場の周辺では家族連れなどがささやかにオリンピックを楽しんでいました。日本に住む外国人もいました。

(大吉アナ)「なぜここに来たのですか?」
(日本に住むインド人)「オリンピックを感じさせる環境だからさ。すごくポジティブな気持ちだね。気分が良いよ」
(日本に住むインド人)「パンデミックという状況下で、オリンピックができているのは素晴らしい」
(大吉アナ)「五輪のモニュメントと写真撮りましたか?」
(日本に住むインド人)「長い列で何とか撮影できるチャンスがないか待って撮ったんだ」

聖火台が置かれた場所にも記念写真を撮る人の姿がありました。

(大吉アナ)「写真うまく撮れた?」
(横浜から来た子ども)「はい」
(大吉アナ)「自分で撮った写真を見てどう?」
(横浜から来た子ども)「100点」

一方で、こんな声もありました。

(兵庫から)「印象としては盛り上がっていないから寂しいなと思いました。アスリートの人たちが楽しんで無事に終わってくれたらいいなと思います」

無観客のオリンピック。東京の街には祝祭ムードはありません。4連休の最中、街はとても静かです。24日午後6時前、車で街を走りました。

(大吉アナウンサー)
「選手村と都内中心部を結ぶ晴海通りです。銀座にほど近い場所ですが、車の行き来はとてもスムーズなんですよね」

観客を入れる準備を進めていた競技会場もがらんとしていて、オリンピックを肌で感じることができるスポットは多くありせん。

そんな中、選手村の近くではこんな楽しみ方をする人がいました。海外の選手団を乗せたバスに手を振っている人たち。

(大吉アナ)「どういう気持ちで手を振っていらっしゃったのですか?」
(福岡から来た人)「競技を頑張ってほしいという気持ちだけですね。気づいてくれた方は手を振ってくれるので、選手本人と直接接触はできないけれども、間接的にコンタクトがとれたなといううれしさがありますよね」

選手村には、滞在している選手たちの国の国旗が掲げられていて、それを見に来る人もいました。

(東京に住むアメリカ人)「部屋の外の国旗を見るのはとても楽しいです。それぞれの国で旗の見せ方も違っていて、いろんなスタイルがあるのが面白いです」
(大吉アナ)「コロナ禍の五輪についてはどう感じていますか?」
(東京に住むアメリカ人)「もちろん残念な部分もあります。東京オリンピックと聞いたとき、私たちも見に行けるんだと期待しました。でもパンデミックなんて予測できないし、そこは理解しています。街を歩くだけでもとても楽しめています」

(大吉アナ)「お子さんが大きくなったら、このオリンピックのことをどんなふうに伝えたいなと思いますか?」
(選手村近くに住む人)「本来であれば2020年に開催だったということで、息子も2020年の生まれなので、『あなたが生まれた年に開催予定だったオリンピックだよ』というのは話してあげたいと思います。選手の皆さんには力を発揮して世界中の皆さんに勇気を与えてほしいと思います」

(7月26日放送 MBSテレビ「よんチャンTV」より)

関連記事

SHARE
Twitter
Facebook