1月5日(土) 放送内容

新春恒例「劇的!弱火調理術スペシャル」


余ったおせちと餅が...中華&イタリアン&スイーツに変身!
弱火ならプリプリ!超本格シーフードカレー!
V6長野博さんの新年テッパン手土産もご紹介します!

≪ご紹介した料理のレシピ≫

◆麻婆餅

【材料】
・餅
・合挽肉      80g
・サラダオイル   1/3の高さ
・サラダオイル   大さじ1
・豆板醤      8g
・ニンニク     10g
・ショウガ     10g
・ネギ       10g
・酒        30g
・醤油       小さじ2
・砂糖       10g
・塩        2g
・水        100g
・長ねぎ      30g
・水溶片栗粉    片栗粉3g/水6g
・ごま油      10g
・山椒

【作り方】
(1)餅を1.5cmの角切りにする
   ニンニク、ショウガ、ネギをみじん切りにする
   長ねぎを1cm幅に小口切りする   他計量
(2)フライパンに餅を入れ、かぶる量の水を加えて火にかける(弱火)
   餅に火が通ったら、湯切りする
(3)ひき肉を毒だしする
   火が通るまで炒めて、バットにあけておく
(4)フライパンにサラダオイルをひき、豆板醤を入れ火にかける(弱い中火)
   フツフツしてきたら、弱火にして30秒程炒める
(5)ニンニク、ネギ、ショウガのみじん切りを加えて炒める(1分9
(6)酒を加えてアルコールを飛ばす(軽くフツフツする程度)
(7)水、醤油、塩、砂糖、ひき肉を加えて2〜3分煮る
   フツフツするまで中火、フツフツしたら弱火
(8)餅とネギを加えて煮る(弱火3分)
(9)火を止めて3〜5分おく
(10)再度火をつけ(中火)、フツフツしたら水溶き片栗粉を加えて、ごま油、山椒で仕上げる

◆お餅となますのイタリアン風マリネサラダ

【材料】(2人前)
・なます       40g
・餅(角もち)    50g×2個
・塩         0.8g
・ミニトマト     40g(2〜3個)
・塩         0.3g
・砂糖        0.6g
・レモン       1/6ケ
・オリーブオイル   5g(小さじ1)
・バジル葉      1〜2枚

【作り方】
(1)餅を3つに切り。フライパンで弱火で7〜8分焼く
   焼き終わったら塩をする
(2)ミニトマトは8つ割にして、塩、砂糖を絡める
(3)レモンの皮を薄くへいで、千切りにする
   果汁は絞っておく
(4)ボールで、なます、ミニトマト、レモン、餅を合わせる
(5)皿に盛り付け、バジルをちぎってのせたら完成

◆黒豆とマスカルポーネの餅ミルフィーユ

【材料】(2人前)
・しゃぶしゃぶ餅    6枚
・サラダオイル
・マスカルポーネ    80g
・サワークリーム    50g
・蜂蜜         20g
・ぶどう豆(黒豆)   80g

【作り方】
(1)フライパンに薄くサラダオイルをしく
   餅を並べてのせて、弱火にかける
   両面を箸でさわり、パリパリになってきたら反転する
(2)両表面がパリパリしたら少し火を強めて軽く焼き色をつける
(3)取り出してペーパーでしっかりと油をきる
(4)表面に砂糖をふり、冷たく冷やす
(5)ボールにマスカルポーネをサワークリーム、蜂蜜をあわせて混ぜる
(6)黒豆の汁気をきり、(5)に混ぜる
(7)餅にクリームを挟んで、ミルフィーユにしたら完成

◆七草チャーハン

【材料】(2人前)
・ご飯(炊いたものを使用)    300g(お茶碗2杯)
・サラダオイル          大さじ1
・七草              50〜60g想定
・かまぼこ            70g(小3〜4切れ)
・伊達巻             70g(2切れ)
・塩               3g(小さじ2/3)
・コショウ            2回転
・ごま油             小さじ1

【作り方】
(1)大根とカブは5mm角切りにしておく
   草は5mm幅のざく切りにしておく
   伊達巻、かまぼこは1×2cmくらいの大きさに切る
(2)ご飯を分量とり、ザルに入れて上から大さじ6〜7杯の水を回しかけてよくほぐし、さらにサラダオイルをまわしかけて箸でほぐしながら混ぜる
   余分な油は下に落とす
(3)フライパンにご飯と大根、かぶを入れて軽くほぐしながら広げ、弱火にかける
   切り混ぜながら5分ほど炒める(ある程度パラパラにほぐれてくるのが目安)
(4)草を塩を入れて混ぜ2分ほど炒める
(5)かまぼこと伊達巻を加えて1分炒める
(6)火加減を少し強めて加熱(30秒・中火)
(7)コショウをして、鍋中央にスペースを作り、ごま油を入れてさっと絡める
(8)盛り付けたら完成

◆シーフードカレー

【材料】(2人前)
・ご飯           300g
・有頭エビ(殻付)     大4〜中6尾
・ホタテ          20g
・イカ(剥き身)      40g
・アサリ(殻付)      150g

〈だし用〉
・玉ねぎ          20g
・ニンジン         10g
・ディル          1枝
・酒(日本酒)       100g
・水            150g

〈煮込み用〉
・玉ねぎ          80g
・ニンニク         10g
・トマト          100g
・薄力粉          2g
・酒(日本酒)       50g
・生クリーム        20g
・カレー粉         10g
・ディル・バジル      1枚
・煮汁の塩         1.6g

〈魚介の塩〉
・エビ、イカ、ホタテの重量の0.8%  目安2g

【作り方】
(1)ニンジンをスライスし、玉ねぎの半分をスライス、みじん切りする
(2)フライパンにエビの殻と頭を入れて、オリーブオイルを回しかけて弱火で約10分炒める
   十分に炒めて水分を飛ばす
(3)日本酒とアサリを加えて、落しぶた(少し空道をあける)をして、貝の口が開くまで弱火で加熱する
(4)貝にしっかり火を通してから取り出す
(5)水を玉ねぎ、ニンジンのスライスを加え、ディルを加えて、中火〜強火にして一度沸騰させ、その後弱火で10分煮る
(6)フライパンに玉ねぎとニンニクのみじん切りを入れ、サラダオイルを絡めて弱火で5〜7分ほど炒める
(7)酒を加えて、アルコールを飛ばす(中火)
(8)火を止めて、薄力粉を加えて3分置く
(9)カレー粉を加えて混ぜてトマト、(5)のだし、バジルとディル、塩を加えて10分煮る
(10)エビの剥き身、ホタテ、イカに重量の0.8%の塩をする
  フライパンにホタテの白い部分を乗せて、火にかける(弱い中火〜弱火)
  芳しい色が付いていることを確認したら、ホタテからのせて焼く
  空いているところに、少量の油をひき、イカ、エビを入れて焼く
  イカは全体が白っぽくなったら、エビは全体がオレンジ色に変わったら、ホタテは両面焼いて半透明な部分がなくなったら取り出す
(11)(9)の鍋に焼いた魚介を入れ、5分煮る
  最後1分で生クリームを入れ静かに煮て完成

≪ご紹介した手土産≫

◆白

住所:京都府京都市東山区祇園町南側570−210
TEL:075−532−0910
営業時間:11時00分〜18時00分
ホームページ:https://haku.kyoto.jp/

*おはぎ 6個入 1,500円(税抜) ※賞味期限当日

【告知】

◆長野博さんCD
『 V6 New Single「Super Powers/Right Now」 』

2019年1月16日発売!

◆「熊本地震災害義援金」JNN・JRN共同災害募金

4月14日に熊本県で発生した地震被害に対して、義援金の受付を実施いたします。
皆様からお寄せいただいた義援金は全額、JNN・JRN共同災害募金事務局から
日本赤十字社を通じて被災地の義援金配分委員会に送られ、
同委員会によって被災された方々のお手元に届けられます。

口座番号: 三井住友銀行赤坂支店(普) 9211785
口座名:「JNN・JRN共同災害募金 平成28年熊本地震災害義援金」

詳しくは...http://www.tbs.co.jp/csr/support/saigaibokin.html

※掲載価格は公開時の情報です。