MBS 毎日放送

2019年02月05日 12時00分 公開

俳優・大和田獏が"加賀おでん"味わいの一句で17人目の俳句特待生に昇格!

1月31日放送の「プレバト!!」俳句査定に俳優・大和田獏が登場。過去2回“才能アリ”を獲得しているものの、多くの挑戦者がつまずく3回目の挑戦とあって「鬼門かな…」と不安を漏らしていたが、金沢の“加賀おでん”を詠んだ味わい深い一句でみごと“才能アリ1位”を獲得。夏井いつき先生に「この人は十分やっていけます」と太鼓判を押され、17人目の俳句特待生に昇格した。

最下位でも"凡人"のハイレベル勝負
今回は「コンビニのおでん」をテーマに、大和田獏、A.B.C-Z河合郁人、尼神インター・誠子、若槻千夏、若村麻由美の5人が参戦。最下位でも"凡人"査定というハイレベルなバトルとなる。
20190201171316-220ecaff32fed556e52e4c0f824d209dbef8ca48.jpg

まず、A.B.C-Z 河合が「空っぽのコンビニおでん冬銀河」で惜しくも"才能アリ2位"。続いて、「彼氏無しおでんがたのしみからし無し」と詠んだ若槻が、夏井先生から「ダジャレの句を褒めるのは、たぶん初めて」と意外な評価を引き出して"凡人3位"。さらに若村が「ちくわぶ!と背伸びし姪の冬夜かな」で"凡人4位"にランクインする。

勝負は「獏さんより私の方がコンビニおでん食べてますもん」と謎の自信を見せる誠子と、「生きている年数は多いよ」と年の功をアピールする大和田の一騎打ちに。大和田は過去2連続で"才能アリ"を獲得しているが、多くの挑戦者がつまずく3回目の挑戦とあって「3回目の鬼門かな・・・」と不安を漏らす。

<才能アリ1位 特待生昇格>
旅芝居はねて今宵は加賀おでん
          大和田獏

軍配が上がったのは、コンビニのおでんから旅先に発想を飛ばした大和田。「昨年も寒い冬に全国を芝居で周りまして。芝居がはねた後に、仲間たちと地元の美味しいもので一杯やるのが唯一の楽しみなんです。金沢でも加賀おでんがあるぞと。はねてというのは芝居がはねたのと気持ちも跳ねているのを入れてみた」という味わい深い一句を、夏井先生は「非常にこなれていて見事」と高く評価する。
20190201172743-21309480395b4fb218eaca0dd7027a7ba2b368be.jpg

そして、「興行が終わってホッとした感じもありますね。"はねて今宵"と畳みかけると時間経過がスムーズに出てくる。そして最後に"加賀おでん"で地域性、季語、旅情も出てくる。"今宵は"の"は"も効いてくる。何日かあったけど今宵は"加賀おでん"だよと。17音の中で、言葉をどの順番で持っていくと一番読み手に伝わるかを十分わかって作っているのが、ありありとわかる。これはお見事ですよ」と絶賛。

さらに、「この人は特待生になっても十分やっていけます。特待生になったばかりでウロウロしている人たちは刺激にもなるし、すぐ追い越されると思いますよ」と太鼓判を押すと、大和田は「ありがとうございます! うれしい~」とバンザイで喜びを露わにしていた。
20190201171200-26d1d6f60f3c64b9e007b3a79b8e77a310d0237c.jpg


"おでん×円周率"浜田も驚くぶっ飛び俳句で岩永徹也が昇格
一方、特待生昇格試験では5級の岩永徹也が浜田雅功を驚かせる俳句を披露する。IQ148以上のみが入れるMENSA会員であり、JAXAの宇宙飛行士適性試験でもオールトリプルAをマークした天才・岩永だが、特待生になってからは半年間昇格なし。「ウロウロしているので、どんどん進んでいきたい」と覚悟を決め"おでん×円周率"というぶっ飛んだ俳句で勝負をかける。
20190201172038-ed4df140ddbcd327c85985838f87ee3b7945cf47.jpg

<1ランク昇格 特待生5級→4級>
煮大根や円周率の崩る音
          岩永徹也

岩永は「大根が好きなんですが、煮大根が美味しくなってくる煮崩れの様子を詠もうと思って。円周率が耐えきれなくなって壊れていく感じを詠んでみました」という意図を説明。これに対し、MCの浜田は「何を言うてんの?」と驚きの表情。しかし、その浜田の口から"1ランク昇格"が告げられると、岩永は手を叩いて「やったー!」と歓喜のガッツポーズ。
20190201172415-04e9cb97699c8e957f35be0a15d6cea722652d7f.jpg

夏井先生はまず、昇格の理由を「楽しい意外性!」と表現。「普通の人は煮大根を見ても円周率なんて思いませんよ」と切り出し、「ただの大根ではなく、丸い煮大根だとまず強調する。そしたらいきなり円周率が出てくる。何を言っているんだ? と大体の人は思いますが、"円周率の崩る"で煮崩れを言いたいんだな、なるほどと思う」と高く評価。さらに、「悩ましいのは"音"」としながらも、「円周率を覚えていたのに忘れちゃうという読み方もあるが、大根が煮えてくるグツグツと美味しそうな音が円周率の崩れていく音なんだなと解釈すれば納得する。あなたならではの句という評価をします」と大絶賛した。

<添削後>
煮大根や円周率の崩るる音

添削は連体形の"崩るる"へと文法を直したのみ。長いスランプから脱した岩永は「ずっとギリギリだったので、(特待生を)はく奪されるかもしれなかったので...」とホッとした様子で、最後は「ありがとうございます!」と喜びを爆発させていた。
20190201172109-5215ee594a8e295cd83e93b9838d202a2088ffc2.jpg


     ◇

さて、次回の俳句査定のお題は・・・
20190201170714-e204cd153168343a208d8ba6c108dc914a23054a.jpg

芸術性や文才など芸能人のあらゆる才能をプロが査定! 才能アリなら絶賛!才能ナシなら容赦なく酷評!浜田雅功が最強講師陣を率いてお届けする新しいカルチャースクール番組『プレバト!!』はMBS/TBS系で毎週木曜よる7時放送。
https://www.mbs.jp/p-battle/

番組ページ