MBS 毎日放送

2018年12月27日 23時00分 公開

千原ジュニア新境地"ヘビメタ俳句"に夏井先生「楽しませてもらいました」

12月27日放送の「プレバト!!」で、名人・特待生だけの俳句タイトル戦“冬麗戦”の予選会が行われ、中田喜子、ミッツ・マングローブ、千原ジュニア、Kis-My-Ft2千賀健永の4人が王者・梅沢富美男の待つ決勝に進むことが決定。過去に好評だった“ナナハン俳句”が期待されたジュニアは、まさかの“ヘビメタ俳句”で新境地を開拓し、その発想力を高く評価し「私を楽しませて」と語っていた夏井先生を大満足させた。

夏井先生も「さすが」と感嘆、ハイレベルな戦い
今回の俳句タイトル戦"冬麗戦"には、梅沢富美男をはじめとする名人5人と特待生8人の総勢13人が参戦。予選会は"ご意見番"として名人たちが見守る中、"女性初の名人まであと一歩"中田喜子(特待生1級)、"前回の冬麗戦覇者" Kis-My-Ft2千賀健永(1級)、"悲願の予選突破なるか?"ミッツ・マングローブ(2級)、"異例のスピード昇格"立川志らく(2級)、"金秋戦・予選トップ通過" NON STYLE石田明(2級)、"発想モンスター"千原ジュニア(3級)、"誰ともしゃべらなくなるほど悩んだ"松岡充(4級)、"IQ 150超で先生へのプレゼントもぬかりない"岩永徹也(5級)の8人が激突した。俳人・夏井いつき先生が用意したお題は「年末の満員電車」の写真。

20181227221755-20cf8063bb72ff186c9c296127643b9294cb26bc.jpg

全員が渾身の一句で"名人越え"の下剋上を狙い、夏井先生も「さすがです。特待生は取りこぼしがない」ともらすほど、わずかのミスで明暗が分かれるハイレベルな勝負となる。

結果発表に先立ち、名人10段・FUJIWARA藤本敏史はジュニアを「発想が豊か」と持ち上げ、予選突破の有力候補と予想。3段・キスマイ横尾渉は、ディフェンディングチャンピオンながら2大会連続で予選敗退している千賀に対して「本選に上がってきてほしい。戦って勝ちたい」と発破をかけると、「3連覇は当然」と豪語する10段・梅沢は不敵な笑みを浮かべて勝負の行方に熱い視線を注ぐ。

20181227223425-0580bae95ef0b37b3f186ff5e8c0f77227f7afd6.jpg

決勝進出一番乗りはキスマイ千賀「早くも泣きそう」
まず、4位で予選突破を果たしたのが昨年の覇者・千賀。「たまたまじゃないです!」とプライドをかけて臨んだだけに、「やったー! ディフェンディングチャンピオン! うれしい!」とガッツポーズで絶叫。あまりの喜びに、フジモンが「まるで1位のテンションやんか」とツッコむ場面も。

<第4位 予選通過>
犬ひとり霞が関は大晦日
      Kis-My-Ft2千賀健永

千賀は「いつもの霞が関はビジネスマンがたくさんいるけど、大晦日で人が誰もいない。そこに"犬ひとり"。犬が『俺だけ一人で歩いているぞ』という強気なイメージを入れたくて、擬人化しました。霞が関"は"としたのは実況中継しているように俯瞰したかったから」とアピール。夏井先生も「普通なら"一匹"だが、"ひとり"とするところに飄々とした味わいが出る。官公庁の人のような顔をしている犬の表情が浮かぶ。"は"も、いつもは賑やかだけど、"きょうは"と強める働きをしている。ちゃんと考えるようになったね~。エラい、エラい」と成長ぶりに笑みを浮かべると、千賀は「早くも泣きそうです」と大感激。

20181227222727-d630c0ce4a5f392843183081741016aab84ae9b1.jpg

2位通過はミッツ「初めてなの~」
続いて、「悩み過ぎて誰ともしゃべりたくなくなって、友達がガンガン減った」と苦笑いする松岡が「地下鉄を這い出吸いたる冬銀河」と詠むが7位で予選敗退。夏井先生に金箔のカステラを送ったことを暴露され、東国原から「刑事告訴していいですか?」と"賄賂疑惑"を指摘された岩永も「雪明かり辿り夜汽車は寝床へと」で6位予選敗退となってしまう。そして、トップは逃したものの堂々の2位予選通過を果たしたのがミッツ。「初めてなの~」と初の予選通過に笑顔を見せる。

20181227222805-588fcb96502dc8eebe012db2fc11e82304b04e1a.jpg

<第2位 予選通過>
吊り革の師走遠心力に耐へ
       ミッツ・マングローブ

定型の575ではなく、全部で17音の破調句で攻めたミッツは「帰りの満員電車。もちろん席には座れず、ギュウギュウ詰め。カーブを曲がるたびに吊り革の手だけで遠心力に抗っている光景を詠みました」。これには名人・東国原が「イキがいいね。"遠心力"なんて俳句になりにくい言葉なのにうまく使っている」と称賛。夏井先生も「前半だけでお題の写真がシンプルに言えている。後の展開もうまい」と太鼓判を押した。

圧巻の1位通過・中田喜子の破調句に梅沢が「オシャレだねえ」
残り2枠となる中、ここで早くも1位が発表されることに。名前が告げられたのは夏の炎帝戦、秋の金秋戦に続き3大会連続の予選通過となった中田。「夢の中ですごくいい句ができたんですけど、朝起きたら忘れてました...」といつもにも増して悩んだようで、苦労が報われて「あ~、うれしい~」と大はしゃぎ。

20181227222834-56cd48354249c970cd3e7e70ae84f1c973a071cd.jpg

<第1位 予選通過>
連覇のさきぶれ沸き立つ初電車
          中田喜子

中田の一句は「お正月に秩父宮ラグビー場で準決勝がある。『勝てるかもしれない』と沸き立つ選手の一団に地下鉄で会ったことがあるんです」という実体験を見事な破調句で表現したもの。帝王・梅沢が「オシャレだねえ。ラグビーって書いてない。でも想像させるところが憎たらしいね」と思わず身を乗り出すと、夏井先生も「これ中田さんなんだ~。うまいです本当に! 連覇から始まる言葉の力が見事です。勢いがあって破調の調べに合っている。気持ちのいい句でした」と大絶賛。

ジュニアが"ヘビメタ俳句"で自称"夏井チルドレン"志らくを下す
そして、残り1枠を志らく、ジュニア、石田が三つ巴で争う展開に。アシスタントの豊崎由里絵アナウンサーから「一度も予選敗退したことがない」と紹介された石田が「なんで今それを言うんですか。めちゃくちゃ怪しい。俺に負けフラグ立てたでしょ」と突っかかり、MCの浜田雅功に「振り返っただけやんか」となだめられる場面も。その不安は的中し、「電車吐きたる人人人人人年の果」というユニークな句で勝負をかけた石田だったが最下位で脱落。

ついに志らくとジュニアの一騎打ちになるが、志らくは夏井先生に「期待を裏切らずに詠みます。私は"夏井チルドレン"です」と手紙を送っていたことが判明。浜田から「ええ加減にしなはれ!」、フジモンにも「"夏井おじさん"でしょ」とツッコまれると、志らくは「師匠の談志にも、どんな偉い人にも一度もヨイショをしたことがない。でも俳句ではちょっと姑息な手段に出ました」と開き直る。

一方、過去に愛車の750ccバイクを詠んだ句を何度も披露しているジュニアは、東国原から「ジュニアくんがナナハンの俳句を詠んだら、おそらく上がってくると思う」と期待を寄せられるが、「やってしまったかも。ナナハンは出ないんです...」と告白。「じゃあダメだ」(東国原)、「楽しみにしてたのに。俺もう帰るわ」(フジモン)と落胆の声が上がる。MCの浜田も「どんだけ楽しみにしてんねん!」とツッコミを入れるほどの盛り上がりを見せたが、勝負は「働くと書くだけの為日記買う」と詠んだ志らくが5位。なんと"ナナハン"を使わずにジュニアが最後のイスを勝ち取った。

<第3位 予選通過>
ヘビメタの担ぐギターと破魔矢かな
         千原ジュニア

ジュニアの句は"発想モンスター"らしく「お正月でいろんな人がいる中で、金髪・革ジャンのゴリゴリのヘビメタの兄ちゃんが、ギターと破魔矢を持っている。みんなが日本古来の風習に乗っかる、お正月がみんなに来ているんだ、という微笑ましい光景を詠みました」というユニークなもの。フジモンは「ナナハンからヘビメタに行きますか! やられましたね」と大笑いすると、ジュニアも「ヘビメタがナナハンに乗ることだってありますから~」とノリノリでエアギターを披露。夏井先生も「写真から新年に発想を飛ばしてみるのも1つの方法。"ヘビメタ"と"ギター"は予想の範囲内だけど、"破魔矢"が出てくる対比がいい。飄々とした楽しい新年の光景ですね。楽しませてもらいました」とうれしそう。

激闘を制し、予選を通過した中田、ミッツ、ジュニア、千賀の全員が「直しなし」というハイレベルな結果に、決勝で激突する絶対王者・梅沢が「いやいやいや、ちょっと怖いな」と不安をもらす場面も。果たして梅沢が3連覇を達成するのか、それとも特待生が下克上を起こすのか。決勝から目が離せない展開となった。

<2019冬麗戦 予選 結果発表>
第1位 中田喜子
第2位 ミッツ・マングローブ
第3位 千原ジュニア 
第4位 千賀健永(Kis-My-Ft2)・・・以上は決勝進出
第5位 立川志らく
第6位 岩永徹也
第7位 松岡充
最下位 石田明(NON STYLE)

     ◇

次回はいよいよ冬麗戦の決勝!夏井先生からのハイレベルなお題は・・・
20181227223252-98205be1469b5a42890f8bde84607c0c6ce791a1.jpg

芸術性や文才など芸能人のあらゆる才能をプロが査定! 才能アリなら絶賛!才能ナシなら容赦なく酷評!浜田雅功が最強講師陣を率いてお届けする新しいカルチャースクール番組『プレバト!!』はMBS/TBS系で毎週木曜よる7時放送。https://www.mbs.jp/p-battle/

バックナンバー

番組ページ