MBS 毎日放送

2019年11月23日 14時00分 公開

現役探偵芸人が暴露「不倫の証拠写真は3枚必要」

現役探偵が目撃した「一生忘れられない修羅場」の数々に衝撃走る――。11月17日放送の「林先生の初耳学」では、現役探偵にして芸人の片岡正徳(オオカミ少年)がスタジオに登場。不倫調査の中身と不倫の実態を赤裸々に告白した。「不倫の現場を押さえるのは大変」という片岡の生々しすぎる体験談とは…?

探偵泣かせの「不倫上級テク」とは?
あるジャンルに熱狂的な知識を持つ芸能人が林修先生に挑む「初耳フリークからの出題」コーナーに、探偵歴10年、これまで400件以上の男女問題を調査してきたというオオカミ少年・片岡正徳が登場。現役探偵だからこそ知る生々しい男女の修羅場エピソードを披露した。
まずは、探偵泣かせの「絶対に尻尾を出さない不倫上級者」。
ある男性の不倫調査を行った片岡。その男性は不倫常習犯で警戒心が強く、不倫相手との2ショット写真を撮影する隙をまったく与えなかったという。
不倫相手と会うときは必ずタクシーで移動し、自分の車のナビ履歴や車載カメラに痕跡を残さない。そして、不倫相手の車に乗るときは必ず後部座席。ホテルにも不倫相手とはわざと時間差で入るなど、決定的瞬間を絶対に撮らせない。
「不倫の現場を押さえるのは大変なんですよ」と片岡。依頼者は探偵が撮影した写真を離婚裁判で証拠品として使うが、親密度の薄い写真だと「たまたま具合が悪くなった女性を介抱していた」などの言い訳が成立してしまう。そのため探偵は、対象者が言い逃れできないよう、最低3つの異なるシチュエーションで2ショット写真を撮影しなければならない。
このケースでは、不倫相手が痴情のもつれから自殺を図ったことをきっかけに2人が寄り添って歩くことが増え、証拠写真の撮影に成功したという。

探偵をリーズナブルに利用した賢い妻の手腕
片岡が「かなり賢い、クレバーな奥さんからの調査依頼がありました」と回想するのは、夫の不倫を疑っていたある主婦のエピソード。
彼女は高校の同窓会ハガキを自分で作って自分に送り、夫に「同窓会に行ってくる」とウソをついて外出。その後、すぐに片岡に電話をかけて「きょう一日の旦那の行動を追いかけてほしい」と依頼。案の定、夫はその日不倫相手と密会。通常1週間はかかる浮気調査がたった1日で済んでしまったのだ。
探偵に支払う報酬はかかる日数に応じて増えていくため、1日で調査が済めば報酬も安く抑えることができる。短期間で確実に不倫写真を撮るため、同窓会をでっちあげて夫に不倫相手と会う隙を与えた妻の作戦に、林先生らスタジオの面々は「うわーすごい」と思わず拍手。「怖い」「すごい」の声が上がった。

警察が作る"似顔絵"はわざと似ていない!?
片岡からの出題は、探偵と同じく尾行などを行う刑事にまつわる問題で「捜査で目撃情報をもとに作られる似顔絵が"あえて似せていない"」理由。
澤部佑、中島健人らレギュラー陣、ゲストの木嶋真優らが「えー!?」と考え込む中、林先生は「これは知ってる」と得意顔。「もしリアルに描いてしまうと、実際に怪しい人がいても『違うな』と通報につながらない。ある程度の情報で少しぼかすと『あの人じゃないの?』となって、より多くの情報を集めることができるんです」と解説し、見事正解した。
数々の修羅場を目にしてきた片岡がもっとも驚いた不倫手口は、ナンパの技術を学ぶオンラインサロン。タワーマンションの共有スペースや高級外車のレンタルサービスも行っていて、利用者がそれらを使い、エリートサラリーマンを装って女性に近づくというもの。
衝撃なのは、このサロンが利用者に課す"鉄の掟"。一夜を共にした翌朝は必ず一緒に朝食を食べ、2ショット写真を撮影してSNSにアップしなければならない。これは、万が一女性から訴えられたときのための「一夜を共にした翌朝『こんなに笑顔で朝食を食べているんですよ』という対応策」(片岡)。パートナーを欺くための手口の巧妙さに、スタジオの面々は一様にショックの表情を浮かべていた。

次回11月24日放送の「林先生の初耳学」では「吉川美代子先生が教える女子アナ学」がついに最終授業。緊迫の模擬面接が行われる。「ギャル曽根のパティシエール学」も運命の最終ジャッジ!さらに、ラグビー経験者・高橋光臣がラグビーW杯を解説。渾身のタックル映像も紹介する。【動画】

「林先生の初耳学」はMBS/TBS系で毎週日曜よる10時放送。全国1億3千万人から募集した選りすぐりの知識を抜き打ちで林先生に出題。物知りの林先生でさえ知らなかったものを"初耳学"に認定する。
https://www.mbs.jp/mimi/

「林先生の初耳学」では各コーナーの無料見逃し配信を実施しています!
アンミカ先生が教えるパリコレ学2
吉川美代子先生の女子アナ学

バックナンバー