MBS 毎日放送

2019年10月03日 21時00分 公開

アノ朝ドラ俳優とめぐる!世界遺産「知床」6つの絶景スポット!

日本で最も早く紅葉が訪れる北海道。日本最北端の世界遺産「知床」は絶景の宝庫で、秋こそベストシーズン。10月1日放送の「教えてもらう前と後」では、雄大な自然に囲まれた知床の6つの絶景スポットを、知床の玄関・斜里町の隣町、北見市出身の菊地亜美と、「なつぞら」で夫婦役を演じた富田望生と板橋駿谷の3人がめぐり、北海道の大自然を踏み分けて絶景ハンティング!

季節ごとの絶景がスゴイ!「天に続く道」
知床エリアに入ってすぐ車の前に現れたのは、どこまでも続く28.1キロの直線道路。 高低差があり、まるで「空」に向かって続くように見える事から「天に続く道」と呼ばれている。さらに秋にはこの天に続く道の彼方に夕日が沈む姿も見られる。
20191003161457-484f4d5d7a4ddf6479772fd4899c2d06d23d0610.jpg
この「天に続く道」は、季節がめぐるごとにまったく違った表情を見せてくれる絶景スポットだ。
この長い直線道路を造ったのは明治初期。当時の政府は開拓を早く進めたかったため、人やモノを効率よく運ぶために真っ直ぐな道を多く造ったのだ。この道路開拓に数多く駆り出されていたのは網走刑務所などの監獄時代の刑務所の囚人たちだったと、知床の達人ガイド・柴田春馬さんが教えてくれた。知床の絶景「天に続く道」は、囚人たちの汗と努力の結晶だった!

ジブリ感がスゴイ!「湖の絶景」
次なる絶景は原生林が生い茂る森の中にあった。知床半島の北西に広がる、テニスコートおよそ2000コート分の原生林には、2000種類以上もの動植物が生息する。その中にたたずむ5つの湖「知床五湖」の中で最も面積が大きい「二湖」では、山が湖に反射した「逆さ連山」と呼ばれる絶景に息を飲む。日本百名山の一つ、羅臼岳などが連なる"知床連山"。 この麗しい山々が湖面に反射して得も言われぬ姿を"逆さ"で拝めるのだ。特に美しいのがこれからの秋! 絵画のような紅葉の世界が堪能できるのでオススメだ。
20191003163427-a556d4989286c21b41f6f8f808c6512cd5c6c2c2.jpg
そして、清里町にある神秘の湖「神の子池」は、大自然が生んだ青の絶景"神秘のブルー"と呼ばれる幻想的な光景を見ることができる。周囲220メートルの小さな池で、浅く見えるが水深は5メートルあるこの池は、日本一透明度が高いといわれる摩周湖の水が流れて生まれたと言い伝えられている。水中では、湖に沈んだ木が腐らないという不思議な現象が起きている。神の子池には毎日大量の地下水が湧くため、水温が一年中平均8度とかなり低く、水の中では木が腐らず化石のようになるという。この、宝石のように煌めく青く澄んだ水の映像をスタジオで見た山崎弘也が「ジブリ感がすごい!」と、思わず言ったほどスゴイのだ!
20191003162033-749ef6efec0970b136ccea1718d90f9dd137a5ca.jpg

野生的絶景がスゴイ!「超穴場ツアー」
4つ目は、オホーツク海からど迫力の断崖絶壁・知床岬を望み、野生的な絶景も楽しめるという超穴場のツアー。そんな知床のマル秘絶景は、漁師だけが知るスポットだが、普段漁に使われている船を利用して、知床岬の周りの大自然を感じながらヒグマの生態を観察できるツアーに連れて行ってくれるという。知床岬の独特な地形は、溶岩が流れ込み地形が歪んでできた自然の産物。ここで、危険生物であるヒグマに99%会えるという知床ならではの絶景にボートで接近して、岸までの距離50メートル。すると、肉眼でもヒグマが動いているのがはっきり見える。

秋の夜空がスゴイ!「天の川」
5つ目は、知床半島を一望できる知床峠。今の時期、大パノラマの美しい紅葉が見られる知床峠には、夜こそ見るべきすごい絶景が広がっている。それは、美しく秋の空に輝く星たちが彩る「天の川」。ここ知床峠は標高が高いため、秋でも天の川が高確率で見られるのだ。標高738メートルの知床峠周囲の道にはネオンや街灯が一切なく、大気を霞ませる水蒸気の影響を受けない。夜でも肉眼で天の川をはっきりと見ることが出来る絶景スポットなのだ。

35億年前の絶景がスゴイ!「カムイワッカ」
山崎弘也と滝巡りマスターのプラリネさんが、知床が誇る6つ目の絶景として「滝」を紹介。知床は数多くの名瀑が存在する"滝の名所"だが、その中でもプラリネさんがここ最近で1番来たかったという、知床屈指の秘境と名高い「カムイワッカ」へ。知床で最強のパワースポットで知られており、マニアの間でも激推しされている「カムイワッカ」は、滝と川がダブルで楽しめる珍しいスポット!
20191003163523-0d3f1b64fd6e93ac0c17ea2730369591bbb7b2a6.jpg
そこに行くには、滑り止めのついたマリンシューズや地下足袋が必要。人が歩けるのはわずか100メートルで、過酷な環境でも唯一生きられる藻が生えているため滑りやすいのだ。実は活火山・硫黄山が源流で強酸性の湯が湧き出ており硫黄成分を多く含むため、魚が生きられない特別な水質となっている。そんなカムイワッカの水質は、35億年前の地球環境と同じと言われている世界的にも貴重な場所なのだ! 上流で湧き出ている湯は75度以上もあるが、下流まで流れてくる頃にはちょうど良い30度のぬる湯となるらしい。そう、ここは「湯の滝」でまるで温泉のよう。
そして、開運の滝と呼ばれる理由がわかる神秘的なエメラルドグリーンに輝く絶景を求めて、カムイワッカ"一の滝"へ向かう。プラリネさん曰く、この滝に入るとパワーを授かるらしく北海道のパワースポット8選に選ばれている場所なのだとか。「ご利益もあって、チャンスを見極める感覚が研ぎ澄まされて知床のエネルギーを肌で感じられます」とプラリネさんに言われたザキヤマは、スタジオにいる新婚の2人、滝川クリステルと新川優愛の開運を祈って川の滝へ! 2回目となる「滝めぐり企画」に滝川がはまっていると暴露したザキヤマがドヤ顔になったところで、知床絶景めぐりの旅は終了。

「教えてもらう前と後」はMBS/TBS系で毎週火曜日よる8時放送。政治・経済・健康・アート・歴史・教育など毎回その分野のスペシャリストが登場し、「知のビフォーアフター」を体感できる。https://www.mbs.jp/maetoato/