関ジャニ∞丸山隆平も「マジでうまい!」 「冷凍餃子」第1位は...!?

サタプラ ~気になる情報をちょこっとプラス~

2023/05/01 19:48

MBSアナウンサーの清水麻椰が世の中のありとあらゆるものを長時間かけて検証し、独自ランキングを紹介する「サタデープラス」の人気コーナー『ひたすら試してランキング』。4月29日の放送では、「冷凍餃子」を徹底調査! 10時間かけて試してわかった、サタプラ的おすすめベスト5を発表しました。

皮の端まで具材がみっちり!

20230501200717-64431b01082d2e0a420870e7ccb9077e0fc1577c.jpg
スーパーの専用棚には様々な種類がぎっしりと並び、街には24時間営業の無人販売店が乱立するなど、世はまさに"冷凍餃子戦国時代"! そこで今回はスーパーやコンビニ、お取り寄せで買える人気の17種類を徹底比較した。チェックポイントは、1)具材 2)調理の手軽さ 3)コストパフォーマンス 4)具だけの味 5)全体の味の5項目。各項目10点満点の合計点で総合ランキングを決定した。

「具材」部門は、具材の量や種類、さらに皮と具の割合を調べ満足度を比べた。1位となったのは、CJフーズジャパンの『bibigo 王マンドゥ 肉&野菜 1kg』(税込1,404円 ※番組調べ)。具材の内容は、豚肉・キャベツ・ニラ・にんにくのほか、ヘルシーなはるさめ・豆腐など計8種類も。全体に具が占める割合は、17種類の平均が45.3%のところ61.8%もあり、皮の端までみっちり具材が入っている。清水アナも「これは納得の充実度!」と太鼓判を押した。

20230501200818-a297b186022233c9a502468ef63bdaa17b6dfd7d.jpg
味に関する項目の審査に協力してくれたのは、京都の人気店「創作中華 一之船入」のオーナーシェフ・魏禧之さん! 昨年、餃子専門店「魏飯餃子」をオープンし、お取り寄せの特製餃子も好評。なんと大阪の地下鉄には魏さんプロデュースの冷凍餃子の自動販売機まであるという、冷凍餃子を知り尽くしたプロはどんな評価を下すのか!?
「全体の味」部門は具と皮のバランスを重視してチェック。人気チェーン店・バーミヤンの『冷凍生餃子』(税込1,177円 ※番組調べ)は肉をたっぷりと使用し、一口食べるとじゅわ~っと肉汁があふれ出す! 仕上がりはあっさりとしていて食べやすい一品だ。一方、味の素冷凍食品の『黒胡椒にんにく餃子』(税込289円 ※番組調べ)は、名前の通り黒胡椒がしっかりと効いていて、魏さんも思わず「ビール1本ください」とオーダーしたほどおつまみにピッタリの味わい。そんな中、「全体の味」1位となったのは、埼玉を中心に店舗を展開するぎょうざの満洲の『冷凍生ぎょうざ』(税込370円 ※番組調べ)。"毎日食べても飽きない餃子"を目指して開発され、国産の豚肉と野菜をブレンドした具材を水分多めの柔らかい皮で丁寧に包んでいる。魏さんは「上手に作ってる。文句のつけようがない」と絶賛した。

こうして10時間かけて「冷凍餃子」を徹底調査。実際に試したからわかった、おすすめベスト5とは!?

コスパも味も大満足!

20230501200844-b1ddb542a115aaa12dfe457f25772b0aefc0586b.jpg
第5位は、ぎょうざ歩兵の『にんにく・にらぎょうざ 48個』(税込3,400円)。
京都・祇園に店を構える「歩兵」は、小ぶりなので舞妓さんも食べやすいと評判の人気店。店で手包みした冷凍餃子は、サイズは小さいのに中には具がぎっしり詰まっている。国産のにんにくとニラをふんだんに使い、皮はパリッと香ばしく、箸がどんどん進んでしまう! 清水アナは「中の餡だけご飯にのせて、ご飯のお供として食べたいぐらい好きな味」とお気に入りに。

20230501200857-8f111f671e084f39b276768e9f601cc3e00f42e1.jpg
第4位は、ローソンの『ジューシー焼餃子』(税込149円)。
フライパンいらずで、袋のままレンジに入れて1分20秒加熱するだけで完成。「調理の手軽さ」で1位となった。皮はレンジ調理でも固くならないように研究されていて、具には国産の豚肉とキャベツを使用。混ぜ込んだしょうがが風味のアクセントになっている。味の部門でも高得点をマークし、魏さんも「クオリティ高いね」と感心。清水アナも「焼いていないから皮のパリッと感がどうなんだろうと思ったんですが、モチっとした部分が生きていて、バランスがとてもいい」と高く評価した。

20230501200908-9426a24800485d9a8c8ce606c627945e2222cde3.jpg
第3位は、聘珍樓の『焼餃子 冷凍 5個』(税込778円 ※番組調べ)。
老舗店ならではの本格中華の味付けはビールにもご飯にもよく合い、試食した2人も「おいしい!」と口を揃えた。豚肉やキャベツなどの具材を大きめにカットし、食べ応えのある食感に。さらにごま油や紹興酒が入っているので、風味豊かで、タレなしでもおいしく食べられるように仕上がっている。「具材」部門で満点、「具だけの味」で堂々の1位となった。

20230501201111-6a60f7f9d76f90ca06f414d96851f3da7dca9ece.jpg
第2位は、イオンの『トップバリュ ベストプライス ギョーザ』(税込170円 ※番組調べ)。
「コストパフォーマンス」で、17種類の100gあたりの平均が173.2円だったところ、51.1円でトップとなった『トップバリュ』の餃子が、味の2部門でも高得点を獲得し2位に食い込んだ。油・水なしの簡単調理でも皮のパリッと感を実現。素材本来の味を追求した肉と野菜の配合、皮とのバランスもとことん研究されている。魏さんは「これはTHE餃子。こんなに安くておいしかったらいいよね」と舌を巻いた。

こだわりの材料で毎日食べたくなる餃子

20230501201123-bba4469f4ff1ec400a8cc9c868233733095ead83.jpg
そして第1位となったのは、ぎょうざの満洲の『冷凍生ぎょうざ』(税込370円 ※番組調べ)。
「全体の味」でトップの餃子が、総合でも1位となった。国内産豚肉、自社農場の新鮮なキャベツを使った安心安全の毎日食べられる餃子。北海道産小麦を使い、パリッとモチっと仕上がる皮も高評価で、冷凍餃子のプロ・魏さんも「今度これ買おう!」とうなった。

スタジオメンバーも総合1位となったぎょうざの満洲の『冷凍生ぎょうざ』を試食。そのまま食べた丸山隆平は「マジでうまい!」、ご飯にのせてほおばった銀シャリ・橋本は「野菜のおいしさもすごい」と称賛の声が相次ぎ、松嶋尚美も「冷凍感がないね」と本格派の味わいに感心していた。
簡単調理でいつでもお店レベルの一品が食卓で楽しめる「冷凍餃子」。ぜひ皆さんもランキングを参考に食べ比べてみてくださいね!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
次回5月6日(土)は「トイレットペーパー」を徹底調査!
「サタデープラス」はMBS/TBS系で毎週土曜あさ7時59分から放送中。お楽しみに!

【公式Twitter】はこちら
【公式HP】はこちら
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

SHARE
Twitter
Facebook